今や国際的スター!地獄谷野猿公苑でスノーモンキーに会いに行ってきた!

「♪お猿の温泉、渋温泉♫」長野県民の30代以上ならば、ほとんど?が知っているローカルCMでおなじみ。「お猿さんが入る温泉行きたーい!」と子供心に思ったものです。そんな信州渋温泉の地獄谷野猿公苑のお猿さん達はSNSの発信をきっかけとし、「野生の猿が温泉に浸かるなんて、なんてグレートなんだ!」と外国人観光客に大人気!今や温泉に入る猿「スノーモンキー」として世界のトップスターの仲間入りをしたのです。

スノーモンキーに会いにGO!

92966:スノーモンキーに会いにGO!

撮影/橋詰 真紀

初めまして。
旅ライターの橋詰真紀です。
信州生まれの信州育ち。
これまで長野県内のテレビやラジオのレポーターで県内各地を巡ってきました。
地元民ならではの情報をたくさんお届けしていきます!まずは、愛車で地獄谷野猿公苑へGO!

信州中野インターチェンジから地獄谷野猿公苑まで

93408:信州中野インターチェンジから地獄谷野猿公苑まで

撮影/廣瀬

車で上信越自動車道信州中野インターチェンジから、国道292号線で渋温泉方面へと向かいます。
地獄谷野猿公苑駐車場まではここから30分程の道のり。
93409:

撮影/廣瀬

93410:

撮影/廣瀬

信州渋温泉を抜けた所で上林温泉入口を目指します。
左側に野猿公苑MONKEYPARKの看板が!
93411:

撮影/廣瀬

地獄谷野猿公苑無料駐車場に到着。
ここからお猿さんたちの温泉までは遊歩道1.6キロ。
徒歩30分程の道のりです。
ちなみに渋温泉側にも有料駐車場があり、そこからは徒歩15分程。
せっかくなので遊歩道を歩くことにしました。






遊歩道での注意点

93412:遊歩道での注意点

撮影/廣瀬

ここから遊歩道スタート。
ここで要注意!遊歩道は日陰が多く、除雪されているもののここは雪国。
長野県内でも雪の深い地域です。
歩くには滑りにくい靴やブーツを。
真冬はマイナス10℃という日もありますので、くれぐれも防寒着を忘れずに!
もし忘れてしまっても入口で、防寒着等有料ですがレンタルもあります。
93413:

撮影/廣瀬

ツルツル。カッチカッチだ!

93414:ツルツル。カッチカッチだ!

撮影/廣瀬

そうそう!東京でちょっと雪が降っただけでも、滑ってケガをする人いますよね。
ここはそれどころじゃありません。
雪は降ってからすぐの方が実はそんなに滑らないのですが、取材に行った日は2.3日暖かい日が続いて、雪が溶けて氷になってツルツル!カッチカチ!雪に慣れている長野県民でさえ、歩くのも大変。
ひゃあ。
皆さん訪れる際にはくれぐれも気をつけて。
93415:

撮影/廣瀬

遊歩道ではこんなきれいな雪景色も見られます。
夏は鳥のさえずりが聞こえ、ニホンカモシカやリスに出会えることも。
次のページでは『途中にはかわいい案内板が』を掲載!
次のページを読む >>