いざ長野県へ!日本最古の城、国宝松本城で歴史とロマンを感じる旅

信州松本といえば「国宝松本城」というぐらい知名度も高く、国内外からも多くの観光客が訪れる人気スポットです。近年では2009年にフランスで発行された観光ガイドブック「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」で最高評価の三つ星。トリップアドバイザーでは「行ってよかった!日本の城ランキング2016」で堂々の第2位。さらに最近の「城ブーム」から女子の人気も急上昇中。今や世界からも注目される日本の城の代表の一つなのです。

松本駅から国宝松本城までの道のり

93690:松本駅から国宝松本城までの道のり

撮影/廣瀬

こんにちは。
松本市在住、信州大好き旅ライターの橋詰真紀です。
今日は松本駅からスタート!松本駅から松本城まではおよそ1.2キロ。
徒歩で15分程。
平坦な道のりのため市内を散策しながら行くには、ちょうど良い距離です。

公園通りを進む

93691:公園通りを進む

撮影/廣瀬

公園通りを歩いて。
突きあたりを北(左)に進みます。

本町通り~大名町通りへ

93692:本町通り~大名町通りへ

撮影/廣瀬

本町通りをまっすぐ進むと大名町通り。

ちょっと小さめの松本城が!

93693:ちょっと小さめの松本城が!

撮影/廣瀬

ありました!国宝松本城。
いや小さい。
ミニチュアの松本城とも言える、ここは古本屋さんの「青翰堂書店」「なぜここに?小さな松本城があるの?」とご主人にお聞きすると昭和25年(1950年)から松本城解体復元工事が行われた際に、お城が見られない時期があったとのこと。
「せっかく観光客の方に松本に来て頂いたのに、松本城の雄姿を見られないのは寂しい」と、初代の店主が店舗を天守閣の形にしたそうです。
1/20のスケールで忠実に再現されています。
松本城への愛が溢れていますね。
93694:

撮影/廣瀬

「この中にはきっと掘り出し物があるに違いない。」と思いつつ松本城へ向かいます。







青翰堂書店の住所・アクセスや営業時間など

名称 青翰堂書店
住所 長野県松本市大手3丁目5−13
営業時間・開場時間 不定
利用料金や入場料 商品による
参考サイト http://seikando-bunten.ocnk.net/page/1
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

青翰堂書店のスポットページ

国宝松本城に到着!

93695:国宝松本城に到着!

撮影/廣瀬

北アルプスをバックにした姿が美しい

93696:北アルプスをバックにした姿が美しい

撮影/橋詰 真紀

そして正面にドーン!国宝松本城。
相変わらず立派なお城です。
松本市民として誇り高い。
北アルプスをバックにした松本城は勇壮。
青空と北アルプス、松本城のコントラストはまさに絶景!

松本城は大天守(だいてんしゅ)・乾小天守(いぬいこてんしゅ)・渡櫓(わたりやぐら)・辰巳附櫓(たつみつけやぐら)・月見櫓(つきみやぐら)の五棟の連結複合式の天守。
非常に複雑な形で連結していて日本の中でもこのような造りは珍しく松本城だけなのです。

93697:

撮影/廣瀬

逆さ富士ならぬ、逆さ松本城。
風が少ないとお堀への映り込みはさらに美しい。
ところで「日本にはどのくらいお城が現存しているの?」答えは「天守閣が現存しているのは12城」のみ。
国宝は松本城・犬山城・彦根城・姫路城・松江城の5城。
そのうち五重六階の天守は松本城と姫路城だけ。
そういえば松本城は、別名烏城(カラスジョウ)姫路城は別名白鷺城(シラサギジョウ)と呼ばれています。
なんだか相対する名前に歴史のロマンを感じます。
次のページでは『五重六階の天守の中で日本最古』を掲載!
次のページを読む >>