京都の花寺「三室戸寺」に紫陽花を見にいこう!行き方やおすすめフォトスポットはこちら

京都・宇治にある三室戸寺は「京都の花寺」の異名で知られています。初夏のツツジに梅雨の紫陽花、夏の蓮、秋の紅葉…。中でも50種1万株を誇る「紫陽花園」は人気です。
特に「ハート型の紫陽花」は女子に大人気。「見つけると恋愛が成就する」という噂もあります。涼しげな紫陽花スイーツのお楽しみもありますよ。

【京都常連が徹底ガイドのおすすめ記事】
京都観光の理想的な日帰りプラン5つ
殿堂入り!京都お土産ランキング BEST30

京阪・三室戸寺から出発です

100447:京阪・三室戸寺から出発です

撮影:ユミヨシ

こんにちは、絶景案内人のユミヨシです。

京阪の「三室戸寺」から出発し、徒歩で15分ほどの所にあります。

三室戸寺へのアクセスは以下の三種類です。

1)電車+バス「あじさい号」

2)電車+徒歩15分

3)自動車

紫陽花の見える季節は臨時バス「あじさい号」が出ていて、

JR宇治駅から京阪宇治駅を経由し、三室戸寺に行くことができます。

こちらは6月10日~25日の昼間のみの運行。

平日は20分間隔、土休日は10~20分間隔で運転されています。

冷房が効いている臨時バスは快適そうでしたが、

平日でも多くの観光客がいるので待ち時間が長め。

また三室戸寺には専用駐車場があるので、車でのアクセスは良好そうです。

今回はぶらぶらと、徒歩で向かいます。

三室戸寺の住所・アクセスや営業時間など

名称 三室戸寺
住所 京都府宇治市莵道滋賀谷21
営業時間・開場時間 8:30−16:00(冬季は15:30まで)
利用料金や入場料 大人500円 小人300円
参考サイト http://www.mimurotoji.com/index.php
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

三室戸寺のスポットページ

一歩踏み入れると、一面に広がる紫陽花!

100448:一歩踏み入れると、一面に広がる紫陽花!

撮影:ユミヨシ

梅雨の、晴れ間に見た三室戸寺の光景は、なんとも言えず美しかったです。

天女の羽衣ってこんな感じの色をしてそうですよね。

梅雨によく見かける花ではありますが、

見渡す限りの紫陽花を見る機会ってなかなかないですよね。

三室戸寺まで徒歩での道のり

100456:三室戸寺まで徒歩での道のり

撮影:ユミヨシ

駅を出て直進すると100m弱で大きな交差点に出ます。

そこから先は少し細い道路です。

直進してしばらくすると

「三室戸寺」と書かれている石の標識があるので、

左の道を進みます。

分岐から5分ほどで、到着です。

庭園で日本の美に触れる

100457:庭園で日本の美に触れる

撮影:ユミヨシ

三室戸寺の門をくぐると、山の斜面には一面の紫陽花が。

紫陽花ってよく見かける植物ではありますが、

こうして一面に見かけるとなかなか壮麗です。

よく手入れされた庭園の、厳かな雰囲気が伝わるでしょうか。








色とりどりの紫陽花が美しい

100482:色とりどりの紫陽花が美しい

撮影:ユミヨシ

紫陽花の植わっている土が酸性の場合はピンク色、

アルカリ性だと水色になると聞いたことがあります。

でもこの株は一株で青っぽい色や紫がかっている色のものもあり、

グラデーションがとてもきれいでした。

「推し紫陽花」を捜す

100461:「推し紫陽花」を捜す

撮影:ユミヨシ

紫陽花でも、すこし花びら(がく)の形が違っていたり、

花のつき方が変わっていたりと…ついつい見入ってしまいます。

珍しい形の紫陽花も

100460:珍しい形の紫陽花も

撮影:ユミヨシ

こちらは「コンペイトウ」という名前の紫陽花。

とっても珍しい品種ですね。

次のページでは『透明色の紫陽花を発見!』を掲載!
次のページを読む >>