京都観光スポット勢揃い!古都を歩きつくせ食べつくせ

この記事では、近畿地方の中でも有数の文化歴史を持ち、幾多の人物たちが活躍した古都、京都府の観光スポットについて、かなり踏み込んだ解説を行っていきます。

実際現地へと徒歩で赴き、撮影してきた写真もありますので、臨場感もたっぷり。

近年世界中からの注目も集まっている京都の魅力を、この記事でご堪能あれ!

【京都常連が徹底ガイドのおすすめ記事】
京都観光の理想的な日帰りプラン5つ
殿堂入り!京都お土産ランキング BEST30

1.絶景が楽しめる名勝!「嵐山」編

まず最初に向かうのは嵯峨嵐山です。

古くから京都随一の観光スポットとして高い人気を誇り、今でも世界中から観光客が訪れるこの場所。

渡月橋や桂川、そしてしだれ桜や紅葉などの風光明媚な光景は、国から名勝として指定されています。

そのような嵐山の魅力を徒歩によって発見していくことが、この旅のはじまりです。

1-1.「嵯峨嵐山駅」から行く、嵐山は人気観光地

1-1.「嵯峨嵐山駅」から行く、嵐山は人気観光地

撮影/筆者

出発地点はJR嵯峨嵐山駅。

京都駅からだいたい15分程度で到着です。

嵐山へ行くにはこの他にも、市内のローカル線である京福電気鉄道、いわゆる「嵐電」を使った方法、そして阪急線を使った方法があります。

どれを利用するかは距離によるところが大きいですが「景色」で選んでみるのも面白いですよ。

嵐山ー保津峡間の雄大な自然を眺めたい方はJRを、市内の素朴な町並みを楽しみ対方は嵐電をセレクトしてみてください。

鹿王院や鈴虫寺といったスポットに行きたい方は阪急電車がいいですね。

撮影/筆者

嵐山のメインストリートはいつもにぎやか。

日本だけでなく中国や韓国、東南アジアにアメリカヨーロッパ、その他多くの国の人々がこの地を毎日のように訪れています。

それだけこの嵐山という場所は、世界的に知られているということですね。

撮影/筆者

嵐山の魅力はその眺めの良さ。

渡月橋から桂川の景色を眺めれば、先に見えるは緑へと続く水の道。

現代だけでなく、はるか昔からこの風景は愛されてきたのです。

1-2.竹の中を駆け抜ける「竹林の道」

1-2.竹の中を駆け抜ける「竹林の道」

撮影/筆者

嵐山といえばやはりこの「竹林の道」を歩いておかなければなりません。

この道は何百本もの竹に囲まれており、木洩れ日やそよ風が非常によい塩梅で流れこんでくる、絶好のお散歩スポットです。

徒歩で進んでいくのもいいですが、人力車をチャーターして駆け抜けるのもなかなか乙なものですよ。

竹林の道の住所・アクセスや営業時間など

名称竹林の道
住所京都府京都市右京区嵯峨小倉山田渕山町
営業時間・開場時間24時間
利用料金や入場料無料
参考サイトhttp://www.japan-travel-navi.jp/kyoto/spots/rakusai/chikurin/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

竹林の道のスポットページ

1-3.源氏物語ゆかりの地にはみごとな苔じゅうたん「野宮神社」

竹林の道の先には、世界遺産にも登録されていることで有名な「天龍寺」、そして「野宮神社」があります。

今回は野宮神社へと足を運ぶこととしましょう。

この神社が建立された詳細な年月は詳しく分かっていませんが、平安時代初期にあたる大同4年(809年)であるとされています。

かつて天皇の代理人として伊勢神宮へ参拝する役目を担う「斎王」が、伊勢へ赴く前にこの神社で身を清めていたという歴史があるそうです。

撮影/筆者

主に縁結びにまつわるご利益を約束する社として知られていますが、古代の1シーンをそのまま切り取ったかのような、味わい深い風景が楽しめる場所でもあるのです。

それがこの「じゅうたん苔」。
その名の通り緑々とした苔が地面を覆い尽くしており、なんとも風情があります。
足を踏み入れることはできませんが、無料で見学することは可能です。

撮影/筆者

またこの神社はあの「源氏物語」ゆかりのスポットでもあります。

賢木(さかき)の巻にて、主人公光源氏と六条御息所と別れの舞台となったのです。

自身の娘が斎王に任ぜられ、ともに伊勢にへと下らなければならなくなった六条御息所に対し、源氏は「変らぬ色をしるべにてこそ、斎垣(いがき)も越えはべにけれ、さも心憂く」と詠み、その変わらぬ恋心を表現しました。

あくまでも架空の物語ではありますが、そのような恋の一場面がここで展開されたことに、想いを馳せてみるのもいいですね。


野宮神社の住所・アクセスや営業時間など

名称野宮神社
住所京都府京都市右京区嵯峨野宮町1
営業時間・開場時間9:00−17:00
利用料金や入場料無料
参考サイトhttp://www.nonomiya.com/index.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

野宮神社のスポットページ

1-4.京都の町が精巧なミニチュアに!「ジオラマ京都JAPAN」

1-4.京都の町が精巧なミニチュアに!「ジオラマ京都JAPAN」

撮影/筆者

古代史にまつわる歴史的名所をめぐった後は、京都の「道」に関する少々マニアックなスポットを楽しむこととしましょう。

嵐山駅のすぐそばにある「ジオラマ京都JAPAN」です。

ここは言うなれば、鉄道模型のテーマパーク。

広大な京都の街を走る電車たちとその道のりが、精巧に作られたジオラマモデルで再現されています。

男性の方には特にオススメの場所と言えますね。

撮影/筆者

京都タワーや京都駅、五山送り火といった名所も非常にリアルで、あたかも小人たちの住む世界がそこに広がっているかのよう。

鉄道マニアにはたまりません。

ちびっこたちも大喜びでしょう。


ジオラマ京都JAPANの住所・アクセスや営業時間など

名称ジオラマ京都JAPAN
住所京都府京都市右京区嵯峨天竜寺車道町
営業時間・開場時間9:00−17:30
利用料金や入場料大人500円 小人300円
参考サイトhttps://www.sagano-kanko.co.jp/diorama.php
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ジオラマ京都JAPANのスポットページ

1-5.「嵐山たなか」の地鶏コロッケに「茶房さくら」のわらび餅

1-5.「嵐山たなか」の地鶏コロッケに「茶房さくら」のわらび餅

撮影/筆者

そろそろ小腹も空いてくる頃合い。

ここでひとつローカルグルメの食べ歩きといきましょう。

ここ嵐山で食すのは「嵐山たなか」の地鶏たっぷりコロッケ。

それほど知られていないことですが、京都府北部は地鶏の名産地でもあるのです。

豊かな京都の自然で育てられた地鶏はウマ味が豊富!

ポテトのホクホクとあいまって、何個も食べたくなってしまいそうなおいしさです。



撮影/筆者

小腹を満たした後は、優雅にスイーツといきましょう。

嵐山のスイーツといえば、やはりわらび餅。

なかでも駅前にある「茶房さくら」の本わらび餅はなかなかの本格派。

混じりっ気なしだから、市販のわらび餅と異なりとてつもなく粘り気があります。
おうす(抹茶)がついてくるセットメニューもありますよ。

嵐山たなかの住所・アクセスや営業時間など

名称嵐山たなか
住所京都府京都市右京区嵯峨天龍寺今堀町4−1
営業時間・開場時間9:00−18:00 火曜定休
利用料金や入場料地鶏コロッケ 80円
参考サイトhttp://www.arashiyama-tanaka.jp/index.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

嵐山たなかのスポットページ

1-6.さらに、「茶房さくら」でところてん、そして駅前出店でしそジュースを

1-6.さらに、「茶房さくら」でところてん、そして駅前出店でしそジュースを

撮影/筆者

さらにもう一品このお店でスイーツをいただくこととしましょう。

次に注文したのはところてん。

夏真っ盛りの暑い日に黒蜜をつけたこれをちゅるちゅるっと行けば心の底からひんやり。

京都ならではな夏の楽しみ方です。

撮影/筆者

最後にもうひとつ、嵐山のユニークなドリンクをご紹介。

その名もしそドリンク。

赤しそを贅沢に使っているからきれいな紫色をしています。

いかにも酸っぱそうではありますが、飲んでみると意外と甘くてゴクゴク飲めるんです。

これもまた、暑い夏にはうってつけですね。

茶房さくらの住所・アクセスや営業時間など

名称茶房さくら
住所京都府京都市右京区嵐山
営業時間・開場時間10:00−17:00 木曜定休
利用料金や入場料本わらびもち 600円
参考サイトhttp://www.kotokikichaya.co.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

茶房さくらのスポットページ

1-7.「嵯峨野トロッコ列車」に乗って嵐山の自然を楽しむ

1-7.「嵯峨野トロッコ列車」に乗って嵐山の自然を楽しむ

撮影/筆者

最後は嵐山を囲む山々の自然を楽しみに行きましょう。

嵯峨野トロッコ列車で、緑の旅に出発です。

撮影/筆者

このトロッコ列車は、もともと荷物などの運搬用として使われていた車両を観光用に改装したもの。

ふつうの電車のようにはやく走ることはできないのですが、その分嵯峨野、嵐山、そして保津峡の雄大な風景をじっくりと楽しむことができるのです。

撮影/筆者

トロッコから周囲を見渡せば、険しい谷にかかる鉄橋。

撮影/筆者

そして川を行く船など、さまざまなシーンを眺めることができます。

京都と言えば寺社仏閣など、歴史的な建造物がしばしばフィーチャーされますが、こうした山河の自然もまた、見ごたえがあるのです。


嵯峨野トロッコ列車の住所・アクセスや営業時間など

名称嵯峨野トロッコ列車
住所京都府京都市右京区嵯峨天竜寺車道町
営業時間・開場時間9:00−16:00
利用料金や入場料大人620円 小人310円
参考サイトhttps://www.sagano-kanko.co.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

嵯峨野トロッコ列車のスポットページ

2.京都市の熱いあそび場「祇園四条」編

京都市でもっともホットな遊び場、そして文化歴史の街といえば、やはり祇園四条をおいて他にないでしょう。

海外から来られた観光客の方からの評価も非常に高く、毎日多くの人がこの地を訪れています。

このにぎやかな祇園四条の街で、文化と歴史の遺産、そしておいしいグルメ食べ歩きを楽しんでしまいましょう。

2-1.祇園四条駅から「鴨川」の流れを眺める

2-1.祇園四条駅から「鴨川」の流れを眺める

撮影/筆者

出発は、京阪祇園四条駅から。

普通から快速特急まですべての電車が停まる大きな駅で、京橋駅からだと乗り換えなしの一本でいけるので非常に便利です。

ちょうど街の中央に位置しており、今回紹介するそれぞれのスポットへアクセスしやすいという点も魅力的ですね。

撮影/筆者

祇園四条駅のすぐそばを流れるこの大きな川の名前は「鴨川」。

その歴史は古く、平安時代初期に洪水を防ぐため、治水工事が行われたとされています。

また、院政を働き絶大な権力を誇ったことで知られる白河法皇は、自分の思い通りにならないただ3つのものとして、延暦寺の僧兵や賽の目とともに、この鴨川の水運を挙げています。

賀川奈 伸雄

Writer:

関西を中心にさまざまな観光地やグルメスポットの取材を行っています。関西を楽しむならお任せあれ!

この記事のカテゴリ

京都
国内
文化
歴史

関連記事を見る

京都の記事を見る

京都観光で絶対行きたい「伏見稲荷大社」、観光の前に知る「歴史」
観光前に知りたい「八坂神社」の基礎知識。外せないおすすめポイントは?
天井いっぱいに描かれた度迫力の双龍図に感動!京都最古の禅寺「建仁寺」の歴史と蘊蓄
観光前に知りたい「下鴨神社」の基礎知識。外せないおすすめポイントは?
【兵庫県】コウノトリ舞う但馬、小京都・出石(いずし)で皿蕎麦を
観光前に知りたい「北野天満宮」の基礎知識。外せないおすすめポイントは?
【祇園祭は疫病退治がはじまり?】京都市最古の公園「円山公園」とその周辺の歴史
観光前に知りたい「二条城」の基礎知識。外せないおすすめポイントは?
観光前に知りたい「清水寺」の基礎知識。外せないおすすめポイントは?
【長岡京の謎と歴史】わずか10年だけ存在した幻の都があった!
観光前に知りたい!風光明媚な京都「嵯峨野」の歴史と見どころについて。
京都観光の常連が伝授!京都観光の理想的な2泊3日のモデルコース3プラン