観光前に知りたい「北野天満宮」の基礎知識。外せないおすすめポイントは?

「天神さん」として親しまれている北野天満宮。

菅原道真を祀っており、道真と言えば学問の神様で有名ですよね。ここ北野天満宮は全国から受験生などが、こぞって合格祈願で訪れているところです。

歴史やおすすめスポット満載の北野天満宮を、京都旅行常連の筆者がポイントおさえて紹介します。

【京都常連が徹底ガイドのおすすめ記事】
京都観光の理想的な日帰りプラン5つ
殿堂入り!京都お土産ランキング BEST30

1.北野天満宮ってどんな神社?

1.北野天満宮ってどんな神社?

image by PIXTA / 27174245

京都の北西、「乾」を守護する神社で、もともとは天地すべての神々を祀った地主社が建てられました。

903年大宰府に流された菅原道真が死去すると、京都では落雷などの災害が相次ぎ、道真の祟りがと噂が流れました。
そこで朝廷は道真の官位を返上、複数人に託宣があり、947年に建てられたのが始まりです。

その後は一條天皇から「北野天満宮天神」の神号が認められ、朝廷のみならず足利将軍家、豊臣家などの武士からも厚い信仰を受けました。

江戸時代からは御霊信仰の影は薄れ、学問の神様、芸術の神様として親しまれています。
実際の境内もとてもあたたかい空気が流れていますよ。

2.菅原道真のご神徳は?

菅原道真といえば学問の神様ですよね。
実はこれ以外にもあり、全部で7つのご神徳があるそうです。

農耕の神、正直・至誠の神、冤罪を晴らす神、学問・和歌・連歌の神、渡唐天神、芸能の神、厄除の神。

どうぞ、自分にあったお願いをしてみてくださいね。

3.北野天満宮のおすすめスポットは?

3.北野天満宮のおすすめスポットは?

image by PIXTA / 27798425

国宝や重要文化財、境内の梅園、御土居が残るもみじ苑など、建築物や自然も楽しむことができるのが、ここ北野天満宮です。
広い境内の中にはここでしか見ることのできないものがたくさん詰まってますので、お見逃しないよう散策してみてくださいね。

3-1.国宝の特殊な造りの社殿、重要文化財の豊富

3-1.国宝の特殊な造りの社殿、重要文化財の豊富

image by PIXTA / 16194963

現在の社殿は1607年豊臣秀頼によって造られ、本殿、拝殿、石の間、楽の間の合1棟、八棟造、権現造りと言われ、とても珍しい造りの社殿です。
桃山文化の彫刻が大変すばらしいので、社殿を一回りして見てくださいね。
その他にも建築物では三光門、東門、後門、回廊、透塀などが重要文化財。
宝物館には国宝の北野天神縁起絵巻 承久本、重要文化財の絵馬や太刀など、思わずため息が出るものばかりです。






3-2.境内に十数体ある「なで牛」

3-2.境内に十数体ある「なで牛」

image by iStockphoto / 69825543

牛は天満宮では神使とされていますが、菅原道真が丑年であったこと、道真が亡くなった日が丑の月の丑の日であること、道真が大宰府に下る時に牛にまたがっていったなど、いろいろな説があります。
境内にある頭をなでると頭が良くなると言われているなで牛。
頭だけではなく、自分の身体の悪いところをなでてから、なで牛の同じ場所をなでるとその箇所が良くなると言われています。
そのせいか、みなさんがよく通るところの牛はピカピカに輝いてますよ。
境内には十数体いるそうなので、散策しながら探してみるのも楽しいですね。

3-3.境内に広がる梅の花、「梅苑」

3-3.境内に広がる梅の花、「梅苑」

image by PIXTA / 9993199

菅原道真と言えば梅のイメージですよね。
なぜ梅なのかというと、道真は梅をこよなく愛し、大宰府に流された際には庭にあった梅に和歌を詠んでいます。
その梅が一晩で大宰府に飛来したことから、天満宮では梅が神文となりました。
ここ北野天満宮には、約550種、約15,000本もの梅が植えられています。
早いものは12月末頃から咲きますが、梅園は毎年2月上旬から3月下旬まで開苑されますよ。
特に2月25日には梅花祭と梅花祭野点大茶湯が行われますので、それにあわせて参拝するのも良いですね。

3-4.国の史跡、御土居が残るもみじ苑

3-4.国の史跡、御土居が残るもみじ苑

image by PIXTA / 33180168

北野天満宮には約300本のもみじ苑があります。
新緑の季節には青もみじ、秋には真っ赤に染まった紅葉を楽しむことができますよ。
またこのもみじ苑には、豊臣秀吉が築いた「御土居」があります。
京都の周囲に築かれた土塁で、洛中洛外がこれで区別されるようになったと言われています。
特にここ北野天満宮に残る御土居は当時の原型に近いと言われていますよ。
次のページでは『4.北野天満宮の七不思議とは?』を掲載!
次のページを読む >>