観光前に知りたい「祇園」の基礎知識。外せないおすすめポイントは?

京都の中でも、いつも賑わいを見せる祇園。

現在の祇園は、古都京都の色と現代の色が混じり、他ではない街となっています。

京都旅行常連の筆者が、祇園の基礎知識とおすすめのスポットやお店を紹介します。

【京都常連が徹底ガイドのおすすめ記事】
京都観光の理想的な日帰りプラン5つ
殿堂入り!京都お土産ランキング BEST30

1.「祇園」の名前の由来は?

1.「祇園」の名前の由来は?

image by PIXTA / 33283867

明治以前の神仏習合の時代に、八坂神社は「祇園社」と呼ばれていました。
当時祇園社でお祭りしていた牛頭天王は、仏教の聖地である祇園精舎の守護神であり祇園神と呼ばれていたので、神社の名前や周辺の地名が祇園となったと言われています。
以前は四条通りに門前町があったそうですが、花見小路をみてもわかるように、現在は南北に発展しています。

2.花街について

祇園といえば、やはり舞妓さんや芸妓を思い浮かべる人が多いですよね。
舞妓さんや芸妓さんが集まっている地域を「花街(かがい)」と言います。
京都の花街や舞妓さん、芸妓さんについての基礎知識を紹介します。

2-1.京都市内の花街はいくるある?

2-1.京都市内の花街はいくるある?

image by PIXTA / 15695571

花街というと祇園が真っ先に浮かぶ方が多いと思いますが、京都市内に花街は全部で6つあります。
上七軒、祇園甲部、祇園東、先斗町、宮川町、島原(嶋原)。
1976年に京都花街組合連合会を脱会した島原を除いた5地区を「五花街(ごかがい)」と呼んでいます。
この五花街について簡単に説明します。

(1)お茶屋の始まり「上七軒(かみしちけん)」

(1)お茶屋の始まり「上七軒(かみしちけん)」

image by PIXTA / 25717037

北野天満宮の東側にあるお茶屋街。
北野天満宮の再建の時に、残った資材で7軒の茶屋を造ったということでこの名がつき、京都の茶屋の始まりと言われています。
豊臣秀吉が公許したことで大変栄えました。
当時は北野天満宮に参拝した人の休憩所にということで始まったんですね。
現在はお茶屋は減りましたが、お茶屋の街並みはありますよ。
がまぶち屋さんや美味しいお食事処が、昔の町家の雰囲気をそのままに楽しめます。
春には北野をどり、秋には寿会などが催されます。

(2)京都市内最大の花街、「祇園甲部」

(2)京都市内最大の花街、「祇園甲部」

image by PIXTA / 33536813

寛永時代、八坂神社の門前で営業された茶屋が始まりと言われています。
明治14年に祇園乙部(祇園東)が分離されるまで、祇園一帯として江戸末期にはお茶屋が500軒、舞妓さんや芸妓さんなど1000人もいたそうですよ。
1732年に祇園内六町が開かれた際に造られた、団子をモチーフにした紋章は今でも使用されています。
貸座敷取締規制改正や戦争、時代の流れとともに縮小されてしまいましたが、花見小路や白川など、風情を感じることができるところです。
春には都をどりが催されます。

(3)かつては「膳所裏」と呼ばれた、「祇園東(ぎおんひがし)」

花見小路北東部にあるのが祇園東。
明治14年に祇園甲部から独立しました。
かつてこの場所に膳所藩屋敷があったため、「膳所裏」と呼ばれていました。
四条花見小路北東部、東新地、祇園乙部など名前が変わり、戦後は祇園東と改まりました。
祇園甲部とはまた違った街並みが広がってますので、こちらにも足を伸ばしてみてくださいね。
秋には祇園をどりが催されます。

(4)鴨川沿いの花街、「先斗町(ぽんとちょう)」

(4)鴨川沿いの花街、「先斗町(ぽんとちょう)」

image by PIXTA / 10017118

鴨川と木屋町の間、鴨川沿いの三条から四条にある先斗町(ぽんとちょう)。
とても狭い通りですが、美味しいお店が立ち並び夏には川床もあるので、混んでいる通りです。
1670年に埋め立てられてから新河原町通として栄え、明治初期に独立しました。
それにしても「先斗町」は読みにくいですよね。
先斗町の起源は、鴨川(皮)と高瀬川(皮)の皮と皮に挟まれた鼓のポンという音からとか、ポルトガル語のPONT(先という意味)からきているとか諸説あるようです。
5月には鴨川をどり、秋には水明会などが催されます。

Junko Nakashima

Writer:

日本全国の神社や仏閣、城址などを巡り、日本の歴史やその土地のグルメを堪能しています。日本の文化にも興味があり、その土地の伝統文化にも実際に触れ自分で体験してみたり積極的に飛び回っています。特に歴史ある京都は、毎年ウィークリーマンションを借りて住みながら四季折々を満喫しています。

この記事のカテゴリ

京都
国内

関連記事を見る

京都の記事を見る

京都観光前に知りたい「東寺」の基礎知識。外せないおすすめポイントは?
京都観光前に知りたい「東福寺」の基礎知識。外せないおすすめポイントは?
京都観光前に知りたい「三十三間堂」の基礎知識。外せないおすすめポイントは?
遺産総額70億円?!応仁の乱の原因を作った日野富子は金の亡者か?
「伏見稲荷大社」観光に行こう!京都観光常連が教える、外せないおすすめポイント
台車に船を載せて線路で運んだ?琵琶湖疏水の一部「蹴上インクライン」とは?
「青蓮院門跡」の歴代門主を務めた錚々たるメンバーをご紹介
桜に囲まれた格式高い「仁和寺」の天皇をめぐる歴史ロマン
「平安神宮」観光前に知りたい!平安神宮の基礎知識&外せないおすすめポイント
京都観光前に知りたい「平等院」の基礎知識。外せないおすすめポイントは?
幕末のターニングポイント「池田屋事件」が起きた原因と残したもの
京都観光で絶対行きたい「伏見稲荷大社」、観光の前に知る「歴史」