京都観光前に知りたい「東福寺」の基礎知識。外せないおすすめポイントは?

モミジで有名な東福寺。春の新緑には緑の青モミジが楽しめ、秋には真っ赤な世界が広がります。京都旅行常連の筆者がこの東福寺を、紅葉以外でも楽しめるおすすめスポットを含めながら紹介します。京都駅からバスで約15分、電車でも1駅とアクセスがよく、敷地が広いので気持ちよく散策できますよ。駐車場はありますが、秋の紅葉シーズンは大変混雑しますので、できるだけ公共の交通機関をご利用いただくと便利です。拝観時間は季節によって異なりますので、ご注意ください。

【京都常連が徹底ガイドのおすすめ記事】
京都観光の理想的な日帰りプラン5つ
殿堂入り!京都お土産ランキング BEST30

1.東福寺ってどんな寺院?歴史を見てみよう

1.東福寺ってどんな寺院?歴史を見てみよう

image by PIXTA / 17467306

臨済宗東福寺派大本山である東福寺。

藤原氏の氏寺である法性寺の地に、1236年、摂政の九条道家が15メートルもの大きな釈迦像を建立するため創建されました。
東福寺の名前は、奈良の東大寺と興福寺から1文字ずつ取って名付けられたものです。
19年をかけて完成しましたが、相次ぐ火災で大部分が焼失。
前関白一条経道の手によって20余年をかけ再興され、豊臣秀吉や徳川家康などの保護を受け、京都最大の禅苑として明治まで至りますが、1881年の火災で釈迦像は再び焼失。
左手部分のみがその時の火災から救出され、現在も残っています。
現存する本堂や方丈などは、昭和に完成されたものになります。

2.東福寺の見どころは?

2.東福寺の見どころは?

image by PIXTA / 18206648

東福寺と言えば、通天橋からの紅葉がとても有名ですよね。
通天橋の他にも国宝や重要文化財が多く、見どころはたくさんあります。
その一部を紹介います。

2-1.禅寺の日本最古である、「三門」

2-1.禅寺の日本最古である、「三門」

image by PIXTA / 33852658

国宝に指定されている三門。
現存する禅寺の三門としては日本最古のものになります。
この三門は1425年、室町幕府4代将軍である足利義持が再建したものです。
五間三戸の二重門で両脇に山廊があり、二階には臨済宗の画僧、吉山明兆による壁画がありますので、ぜひチェックしてくださいね。

2-2.日本最大の「禅堂」

2-2.日本最大の「禅堂」

image by PIXTA / 31309152

重要文化財に指定されている禅堂は、1347年に再建されたもので、南北約42メートル、東西約22メートルもあり日本最大の大きさです。
僧が修行をするところで、かつては400人以上の僧が修行をしていたそうですよ。







2-3.東福寺三名橋、「偃月橋」「臥雲橋」「通天橋」

2-3.東福寺三名橋、「偃月橋」「臥雲橋」「通天橋」

image by PIXTA / 35305648

東福寺には木造の橋廊が3つあります。

(1)偃月橋(えんげつきょう)

1603年に再建された、東福寺から龍吟院と即宗院に通じる渓谷・洗玉澗に架かる木造橋廊で、重要文化財に指定されています。

(2)臥雲橋(がうんきょう)

渓谷・洗玉澗に架かる木造橋廊で、一番西にあります。

(3)通天橋

1961年に再建された、渓谷・洗玉澗に架かる木造橋廊で26メートルあります。

東福寺はこの橋から見る紅葉がとても有名ですよね。
橋は真紅に染まったモミジに覆われて別世界にいるように感じます。
秋にはものすごく混雑し、現在は通天橋、臥雲橋の上での撮影は禁止されています。
また三脚を用いての撮影も禁止されていますのでご注意ください。

2-4.東福寺の七不思議

東福寺にも七不思議があります。
実は七つより多く不思議があると言われていますが、その中でピックアップした7か所をご紹介します。

(1)なぜ猫がいる?「猫入り涅槃図(ねこいりねはんず)」

涅槃図とはお釈迦様が横たわっている周囲に、弟子や動物たちが嘆き悲しんでいる様子を描いたものです。
仏教では通常、猫は魔物とされ描かれませんが、東福寺の涅槃図にはその猫が描かれています。
これは画僧の明兆が涅槃図を描いていたところ、夢で猫が現れここに加えてほしいと言い、明兆が目を覚ますと不思議なことに枕元に絵具があったので、この猫の願いを聞き入れたそうです。

この猫入り涅槃図は毎年3月14日から16日まで行われる「釈迦涅槃会」で一般公開されますよ。

次のページでは『(2)日本最古の「東司(とうす)」』を掲載!
次のページを読む >>

Writer:

日本全国の神社や仏閣、城址などを巡り、日本の歴史やその土地のグルメを堪能しています。日本の文化にも興味があり、その土地の伝統文化にも実際に触れ自分で体験してみたり積極的に飛び回っています。特に歴史ある京都は、毎年ウィークリーマンションを借りて住みながら四季折々を満喫しています。

この記事のカテゴリ

京都
国内

関連記事を見る

京都の記事を見る

京都観光で絶対おすすめ和食・料亭ならここ!京都に年100回通った筆者が決めたランキングTOP30
負け戦に敢えて挑む男のプライド。秀吉に刃向った武将・九戸政実の生き様
築地市場近くのあの建物は何?知っておきたい築地本願寺の今と昔
京都観光前に知りたい「醍醐寺」の基礎知識。外せないおすすめポイントは?
京都観光前に知りたい「建仁寺」の基礎知識。外せないおすすめポイントは?
京都デートならここ!京都で結婚した私が教える、定番&穴場スポット50選+α
京都観光前に知りたい「知恩院」の基礎知識。外せないおすすめポイントは?
京都観光前に知りたい「天龍寺」の基礎知識。外せないおすすめポイントは?
京都観光前に知りたい「高台寺」の基礎知識。外せないおすすめポイントは?
戦うお坊さんは大名よりも強し!信長を手こずらせた顕如と石山本願寺のハンパない強さ
伏見城の今と昔を辿る。豊臣が築き家康が再興した幻の城
京都観光前に知りたい「仁和寺」の基礎知識。外せないおすすめポイントは?