京都観光前に知りたい「知恩院」の基礎知識。外せないおすすめポイントは?

京都の東山を代表する、浄土宗総本山である知恩院。浄土宗の開祖である法然が過ごした地に建立され、壮大な建築物は誰もがその大きさに圧倒されます。そんな知恩院を、京都旅行常連の筆者が、歴史や見どころをおさえながら紹介します。京都駅からはバスでも電車でもアクセスがよく、最寄りから徒歩を含めても約30分ほどで行くことができます。2019年まで御影堂の大修理を行っているため、2017年現在は車での来山は限られておりますので、バスや電車、タクシーなどの公共の交通機関をご利用ください。

【京都常連が徹底ガイドのおすすめ記事】
京都観光の理想的な日帰りプラン5つ
殿堂入り!京都お土産ランキング BEST30






1.知恩院ってどんな寺院?

1.知恩院ってどんな寺院?

image by iStockphoto

浄土宗総本山である知恩院。
詳称は華頂山知恩教院大谷寺と言います。

知恩院は鎌倉時代初期に浄土宗の宗祖の法然が、知恩院勢至堂の近くに建てた草案が始まりだと言われています。
法然は1133年に生まれ、幼名を勢至丸と言いました。
1175年に浄土宗を開きましたが、浄土宗の「専修念仏」、「南無阿弥陀仏」と一心に称えればすべての人々が極楽往生できるという思想は他の仏教側から激しく弾圧され、弟子の事件も起こり四国に流罪になります。
1211年に帰京しましたが、法然は翌年80歳で亡くなりました。

1234年に、弟子の勢観房源智は仏殿、御影堂、総門を建立しこの地を再興、四条天皇から「華頂山知恩教院大谷寺」の寺号を下賜されます。

その後は応仁の乱で焼失。
この時住職たちは滋賀県に逃れ、新知恩院を建てました。
知恩院の伽藍は江戸時代に入り、徳川家康から秀忠にかけて建立され、その後の火災で焼失したものは家光が再興しています。

2.知恩院の見どころは?

2.知恩院の見どころは?

image by iStockphoto

知恩院の見どころといえば、壮大な建築物。
圧倒的な大きさに誰もが驚きます。
その中でもはずせばいおすすめポイントをご紹介します。

2-1.日本最大級の「三門(さんもん)」

2-1.日本最大級の「三門(さんもん)」

image by iStockphoto

国宝に指定されている三門。
1621年、徳川幕府2代将軍、秀忠によって寄進され、途中火災が起こったため3代家光によって再興されました。
一般的には「山門」と書きますが、この知恩院は悟りに通じる三つの境地を表わす門、「空門(くうもん)」「無相門(むそうもん)」「無願門(むがんもん)」を意味しているため「三門」と書きます。

この三門は現存する三門や山門の中で日本最大級。
高さ約24メートル、幅が50メートルもの大きさがあります。
楼上の内部は仏堂になっていて、重要文化財に指定されている宝冠釈迦牟尼仏像や十六羅漢像が安置され、天上や壁には龍図や天女などが描かれ、荘厳な世界が広がっています。
通常は非公開ですが、特別公開時に見ることができますよ。

2-2.壮大な建築物「御影堂(本堂)」

2-2.壮大な建築物「御影堂(本堂)」

image by PIXTA / 5769102

国宝に指定されている御影堂。
「大殿」とも呼ばれ、知恩院の中心となるお堂になります。
1633年に一度焼失し、1639年に家光によって再建されました。
奥行35メートル、間口45メートルもの大きな建築物です。
この御影堂は2017年現在は大改修が行われ、2018年いっぱいまで入ることができませんのでご注意ください。






2-3.京都博覧会の会場になった「集会堂(しゅうえどう)」

2-3.京都博覧会の会場になった「集会堂(しゅうえどう)」

image by iStockphoto

1636年に建立された集会堂。
千畳敷と言われるほどの広さで、御影堂とは渡り廊下で結ばれています。
以前は僧侶の修行場として使用されてきましたが、御影堂の大改修の間のみ、元祖大師御尊像を祀る「法然上人御堂」となっています。
御影堂で行われていた行事も大改修の間はこちらで行われています。

2-4.知恩院発祥の地「勢至堂」

重要文化財に指定されている勢至堂。
1530年に再建されたもので、知恩院の中では最古の建築物になります。
もともとのご本尊は法然上人の御尊像でしたが、御影堂建立とともに移されたため、現在は法然上人の本地身とされる勢至菩薩像が本尊となっています。

3.知恩院の七不思議

知恩院には古くから伝わる七不思議があります。
大改修中はみることができないものもありますが、ぜひこの機会にチェックしてみてくださいね。
次のページでは『3-1.曲者の侵入を知らせる「鴬張りの廊下」』を掲載!
次のページを読む >>

Writer:

日本全国の神社や仏閣、城址などを巡り、日本の歴史やその土地のグルメを堪能しています。日本の文化にも興味があり、その土地の伝統文化にも実際に触れ自分で体験してみたり積極的に飛び回っています。特に歴史ある京都は、毎年ウィークリーマンションを借りて住みながら四季折々を満喫しています。

この記事のカテゴリ

京都
国内

関連記事を見る

京都の記事を見る

京都観光で絶対おすすめ和食・料亭ならここ!京都に年100回通った筆者が決めたランキングTOP30
負け戦に敢えて挑む男のプライド。秀吉に刃向った武将・九戸政実の生き様
築地市場近くのあの建物は何?知っておきたい築地本願寺の今と昔
京都観光前に知りたい「醍醐寺」の基礎知識。外せないおすすめポイントは?
京都観光前に知りたい「建仁寺」の基礎知識。外せないおすすめポイントは?
京都デートならここ!京都で結婚した私が教える、定番&穴場スポット50選+α
京都観光前に知りたい「天龍寺」の基礎知識。外せないおすすめポイントは?
京都観光前に知りたい「高台寺」の基礎知識。外せないおすすめポイントは?
戦うお坊さんは大名よりも強し!信長を手こずらせた顕如と石山本願寺のハンパない強さ
伏見城の今と昔を辿る。豊臣が築き家康が再興した幻の城
京都観光前に知りたい「仁和寺」の基礎知識。外せないおすすめポイントは?
京都観光前に知りたい「銀閣寺」の基礎知識。外せないおすすめポイントは?