京都といったらやはり「嵐山」が最強か…と思える6つの絶景

京都・嵐山は、日本を代表すると言っても過言ではない観光地の1つです。多くの絶景が待ち受けている嵐山で、外すことの出来ないおすすめ絶景ポイントをいくつかご紹介します。中には季節限定の絶景もありますので、ぜひ今後の旅の参考にしてください。

【京都常連が徹底ガイドのおすすめ記事】
京都観光の理想的な日帰りプラン5つ
殿堂入り!京都お土産ランキング BEST30

嵐山ってどんなところ?

嵐山ってどんなところ?
京都府京都市の観光地「嵐山」は、その景色の美しさから、文化財の一種「名勝」に指定されています。
(名勝=景色の良い土地の事。
景勝とも言われます)嵯峨地区を含めた渡月橋の周辺全域がまとめて「嵐山」と呼ばれていますが、本来の地名は、桂川右岸は「西京区」、左岸は「右京区嵯峨」です。

そしてここ、嵐山は「日本さくら名所100選」「日本紅葉の名所100選」にも選定されており、毎年国内外から多くの観光客が訪れる日本を代表する観光地となっています。

嵐山の住所・アクセスや営業時間など

名称 嵐山
住所 京都府京都市右京区
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://kanko.city.kyoto.lg.jp/detail.php?InforKindCode=4&ManageCode=6000002
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

嵐山のスポットページ

清々しい竹林の小径 

清々しい竹林の小径 
京都、嵐山と言えば嵯峨野にある「竹林の小径」ではないでしょうか?風に揺れる竹の隙間から、木漏れ日が降り注ぎ、なんとも清々しい気持ちにさせてくれます。
竹に囲まれた小径は、まさに静寂の世界。
ただ、こちらはかなり人気の観光スポットなので、連休、週末には多くの観光客が訪れます。
10時を過ぎると混雑が始まるとの情報もありますので、静かに竹林散歩をしたいのであれば、早朝がおすすめです。






渡月橋の夜景

渡月橋の夜景
葛飾北斎が作品の題材にも選んだ渡月橋。
京都市に流れる桂川に架かる渡月橋(とげつきょう)は、木造欄干の橋です。
こちらは、ライトアップされる夜間がおすすめ!

承和年間(834年 – 848年)に僧、道昌が架橋したのが始まりとされ、現在の位置には後年に角倉了以が架けたとされる。
亀山上皇が、橋の上空を移動していく月を眺めて「くまなき月の渡るに似る」と感想を述べたことから渡月橋と名付けられた。
Wikipediaより

渡月橋には、長年照明がありませんでしたが、現在は「サイフォン式小型水力発電機」を使い、夜間はLED照明で橋を照らしているんです。
まるで黄金に輝く橋!ちなみに、全体が木造に見えますが、木造なのは欄干部のみで、本体はコンクリート製、車もちゃんと通れる橋なんですよ。
次のページでは『嵯峨野観光鉄道 トロッコ列車からの景色』を掲載!
次のページを読む >>