京都はやっぱりここが最強か…「東福寺」の魅力5選

京都だけでなく関西でも随一の紅葉の名所として知られる東福寺。特に秋の紅葉シーズンは観光客でごった返す人気ぶりです。そんな東福寺の魅力は紅葉だけではありません!今回はそんな東福寺が持つさまざまな魅力を5選紹介します。

【京都常連が徹底ガイドのおすすめ記事】
京都観光の理想的な日帰りプラン5つ
殿堂入り!京都お土産ランキング BEST30

東大寺と興福寺から名付けられた東福寺

東大寺と興福寺から名付けられた東福寺
東福寺は、時の関白だった九条道家が1236年、祖父兼実の菩提寺として創建した寺です。
東福寺という名前は、奈良にある東大寺と興福寺から1文字ずつ取って名付けられたもの。
境内には三門や法堂、方丈や仏殿などさまざまな建物が建ち並んでいますが、その大半が国宝や重要文化財に指定される、歴史深い寺となっています。

京都屈指の紅葉が見られる通天橋

京都屈指の紅葉が見られる通天橋
東福寺が最も美しく映えるシーズンは、やはり紅葉の時期でしょう。
本堂と開山堂を結ぶ通天橋からの景色が特に有名で、秋にはこの通天橋からの景色を一目見ようと、多くの観光客が列を成します。
境内では約2000本の楓が織りなす風景が見られ、どこを切り取っても絵になる美しさ。
洗玉澗と呼ばれる渓谷が眼下に広がる風景は圧巻で、さまざまな時代劇やCMなどにも使われているんですよ。







趣ある東福寺三名橋

趣ある東福寺三名橋
東福寺の中で最も有名な橋は通天橋ですが、それ以外にもいくつかの橋があります。
境内には三ノ橋川が流れており、臥雲橋・通天橋・偃月橋という3つの橋がかけられています。
この3つの橋を合わせて「東福寺三名橋」として親しまれており、中でも偃月橋は重要文化財であり日本百名橋。
1603年に造られた桟瓦葺きの木造橋廊は、長い歴史と造形美を感じさせる名橋です。
それぞれの橋を渡って、その違いを味わってみてくださいね。

京都を代表する市松模様の庭

京都を代表する市松模様の庭
本坊庭園は重森三玲の代表作。
方丈の周りに東庭・西庭・南庭・北庭の四つの庭園が位置しています。
2014年には完成当初の姿が復元され、枯山水の砂紋も見事に再現されたため、国指定の名勝に登録されました。
元々は「八相の庭」という名前でしたが、国指定の名勝に登録されたときに東福寺本坊庭園に変更されました。
4つの庭の中でも特に知られているのが、大市松模様の西庭と、小市松模様の北庭。
京都を代表する庭として世界中から観光客が訪れます。
次のページでは『東福寺に桜がない理由』を掲載!
次のページを読む >>

Writer:

神戸生まれ神戸育ちの駆け出しデザイナーです。一眼レフを持って街歩きするのが趣味で、美味しいグルメの食べ歩きや日帰りプチ旅行などをしながら、関西のあちこちを散策しています。そんな経験を活かして、住み慣れた大好きな街・神戸の情報を中心に、有名スポットから地元民ならではの穴場スポットまで、関西一円の新しい魅力をご紹介できればと思います!

この記事のカテゴリ

京都
国内
建築
絶景
自然・絶景

関連記事を見る

京都の記事を見る

京都観光で絶対おすすめ和食・料亭ならここ!京都に年100回通った筆者が決めたランキングTOP30
負け戦に敢えて挑む男のプライド。秀吉に刃向った武将・九戸政実の生き様
築地市場近くのあの建物は何?知っておきたい築地本願寺の今と昔
京都観光前に知りたい「醍醐寺」の基礎知識。外せないおすすめポイントは?
京都観光前に知りたい「建仁寺」の基礎知識。外せないおすすめポイントは?
京都デートならここ!京都で結婚した私が教える、定番&穴場スポット50選+α
京都観光前に知りたい「知恩院」の基礎知識。外せないおすすめポイントは?
京都観光前に知りたい「天龍寺」の基礎知識。外せないおすすめポイントは?
京都観光前に知りたい「高台寺」の基礎知識。外せないおすすめポイントは?
戦うお坊さんは大名よりも強し!信長を手こずらせた顕如と石山本願寺のハンパない強さ
伏見城の今と昔を辿る。豊臣が築き家康が再興した幻の城
京都観光前に知りたい「仁和寺」の基礎知識。外せないおすすめポイントは?