京都はやっぱりここが最強か…「神護寺」の魅力をご紹介!

日本を感じる観光スポットと言えば、やはり京都でしょうか?海外からの観光客も多く訪れる京都には、名だたる寺院も数多く存在します。そんななかから、今回は「神護寺」という寺院をご紹介します。紅葉の季節が最も人気の神護寺、どんな寺院なのでしょう?

【京都常連が徹底ガイドのおすすめ記事】
京都観光の理想的な日帰りプラン5つ
殿堂入り!京都お土産ランキング BEST30

神護寺とは?

神護寺(じんごじ)は、京都市右京区高雄の高雄山中腹にある山岳寺院です。
正式名称は「神護国祚真言寺(じんごこくそしんごんじ)」だそうですが、もっぱら神護寺と呼ばれているようです。

神護寺は、いずれも和気氏の私寺であったと思われる「神願寺」と「高雄山寺」という2つの寺院が天長元年(824年)に事実上合併してできた寺である。
2つの前身寺院のうち、神願寺は、和気清麻呂(733 – 799)により8世紀の末頃に建てられた寺であるが、その所在地については河内説、山背説など諸説あり、いずれも決め手を欠いている。
 wikipediaより

神護寺の住所・アクセスや営業時間など

名称 神護寺
住所 京都市右京区梅ヶ畑高雄町5番地
営業時間・開場時間 9:00-16:00
利用料金や入場料 大人600円  大学生600円  高校生600円  中学生600円  小学生300円   (団体30名以上)大人500円  大学生500円  高校生400円  中学生400円  小学生200円
参考サイト http://www.jingoji.or.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

神護寺のスポットページ

日本にとって重要な寺院

木々に囲まれた山中に、金堂、多宝塔、大師堂などが建つ神護寺は、「空海」が、東寺や高野山の経営に当たる以前に住した寺であるとともに「最澄」も法華経の講義をしたことがあると言われているため、日本仏教史上では大変重要な寺院だとされています。
※空海、最澄は、ともに平安時代の僧侶です。

紅葉の名所!

ここ神護寺は、紅葉の名所として多くの観光客が訪れます。
常緑樹と紅葉のコラボ、美しい景色が広がる神護寺。
あ、そういえば、紅葉で有名な神護寺の山門下にある料亭では、もみじの天ぷらもいただけますよ!






よく似た2つの建物 毘沙門堂と五大堂

毘沙門堂と五大堂。
金堂へ向かう石段の下に、よく似た2つの御堂が並んで建っています。
南側にあるのが、現在の金堂が建てられるまで、金堂だったという「毘沙門堂」で、北側が「五大堂」です。
これらはいずれも、江戸初期(元和9年)に建てられたものだと言われています。

国宝を安置した多宝塔

金堂から、さらに石段を上った所に建つ「多宝塔」には、国宝である「五大虚空蔵菩薩像」が安置されています。

神護寺で絶景見るなら高雄橋

神護寺の参道すぐそばを流れる清滝川にかかる「高雄橋」からみる「錦雲峡(きんうんきょう)」と呼ばれるエリアは、絶景ポイントです!
次のページでは『紅葉の下で一服』を掲載!
次のページを読む >>