京都はやっぱりここが最強か…「鞍馬寺」の魅力をご紹介!

京都はやっぱりここが最強か・・・今回は、鞍馬弘教総本山である「鞍馬寺」。歴史ある鞍馬寺の読んで納得「そうなんだ!」と思えるようなトリビアを交えてご紹介します。

【京都常連が徹底ガイドのおすすめ記事】
京都観光の理想的な日帰りプラン5つ
殿堂入り!京都お土産ランキング BEST30

鞍馬寺とは?

京都の北、京都府京都市左京区鞍馬本町にある「鞍馬寺(くらまでら)」は、もともとは、毘沙門天を本尊とした寺院です。
また、この寺では、「本尊」は、尊天と呼ばれています。
※祀られているのは「毘沙門天王」「千手観世音菩薩」「護法魔王尊」の三身一体の本尊

鞍馬寺の住所・アクセスや営業時間など

名称 鞍馬寺
住所 京都府京都市左京区鞍馬本町1074
営業時間・開場時間 9:00~16:30
利用料金や入場料 愛山費300円
参考サイト http://www.kuramadera.or.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

鞍馬寺のスポットページ

鞍馬・・・と言えばやっぱり・・・

鞍馬、と言えば、鞍馬天狗が有名ですね。
大天狗である鞍馬天狗は、あの牛若丸に剣術を教えたという言い伝えがあります。

桜の名所鞍馬寺・鞍馬山

鞍馬寺の本殿、また、周辺(鞍馬山)は、桜の名所として知られています。
鞍馬山一帯に咲く桜は、雲珠桜(うずざくら)と呼ばれています。
この雲珠桜は、桜の品種名ではなく、様々な種類の桜が、杉や松などの常緑樹に混じり咲く様を指すものです。







牛若丸が修業をした地

枕草子が、「近うて遠きもの」の例えとして挙げた、鞍馬寺の九十九(つづら)折りの参道。
鞍馬天狗の住むこの地で修業をしたと伝えられる「牛若丸」も、この九十九折りの参道の坂、階段を昇り降りしたのでしょうか?

本殿前の虎は守り神

本殿前の阿吽の虎。
なぜ虎が?それは、鞍馬寺の創立者である、鑑真の高弟鑑禎(がんてい)が、鬼に襲われ、毘沙門天に助けられたのが、「寅の月」「寅の日」「寅の刻」であったことからだそうです。
次のページでは『奥の院 魔王殿に祀られているのは・・・』を掲載!
次のページを読む >>
cafe

Writer:

主婦、二児の母。文章を書くことが好きで、ライターというお仕事を通して様々な知識を蓄え中。私が世界で一番住んでみたいところは、絵本の世界のような、フランスのコルマール。いつの日か、コルマールのような素敵な街に移住するぞ!という夢をみながら、世界中の街を知るためネットサーフィンするのが趣味。そんな私の記事が、1人でも多くの方の旅の参考になれば幸いです。

この記事のカテゴリ

京都
国内
建築
絶景

関連記事を見る

京都の記事を見る

京都観光で絶対おすすめ和食・料亭ならここ!京都に年100回通った筆者が決めたランキングTOP30
負け戦に敢えて挑む男のプライド。秀吉に刃向った武将・九戸政実の生き様
築地市場近くのあの建物は何?知っておきたい築地本願寺の今と昔
京都観光前に知りたい「醍醐寺」の基礎知識。外せないおすすめポイントは?
京都観光前に知りたい「建仁寺」の基礎知識。外せないおすすめポイントは?
京都デートならここ!京都で結婚した私が教える、定番&穴場スポット50選+α
京都観光前に知りたい「知恩院」の基礎知識。外せないおすすめポイントは?
京都観光前に知りたい「天龍寺」の基礎知識。外せないおすすめポイントは?
京都観光前に知りたい「高台寺」の基礎知識。外せないおすすめポイントは?
戦うお坊さんは大名よりも強し!信長を手こずらせた顕如と石山本願寺のハンパない強さ
伏見城の今と昔を辿る。豊臣が築き家康が再興した幻の城
京都観光前に知りたい「仁和寺」の基礎知識。外せないおすすめポイントは?