平安時代にタイムスリップ!観光の前に知りたい「京都御所」の見どころと歴史

今上天皇の生前退位が話し合われていますね。
私たちは歴代天皇のお暮らしや歴史についてどれだけ知っていますでしょうか。
それを知るのにぴったりなのが京都御所になります。
以前は春と秋だけの一般公開で応募制でしたが、現在はいつでも御所に入ることができるようになりました。
本や漫画でしか知ることができなかった平安時代の建物やしきたりなどを目の前で感じることができます。大きな御殿が立ち並ぶ御所に当時の天皇の力を感じずにはいられません。
今回は京都御所の御殿やお庭をとおして、平安時代の天皇の暮らしぶりや歴史が動いた幕末の舞台をご案内していきます。

【京都常連が徹底ガイドのおすすめ記事】
京都観光の理想的な日帰りプラン5つ
殿堂入り!京都お土産ランキング BEST30

鳴くよ鴬、平安京

桓武天皇の遷都の思惑

桓武天皇の遷都の思惑

image by PIXTA / 21895072

天皇のお住まいである京都御所は、桓武天皇が奈良の平城京から、長岡京を経て794年に平安京を拓き遷都したときからはじまりました。

奈良の平城京では天智天皇系の皇族と天武天皇系の皇族を中心に物部氏や蘇我氏などの有力貴族が対立していました。
そこに仏教の勢力である僧が政治に介入することで混乱していました。

それらの勢力を削ぎ、政敵を断ち切るために決断されたのが遷都でした。

長岡京での失敗と怨念を避けるため、桓武天皇が次に都として選んだのが山背の国の京都です。

北を山で囲われ、賀茂川と桂川で結界をはることができると風水に合わせて決められました。
桓武天皇は将軍塚から京都の街を見下ろしその自然の豊かさと水の多さから遷都を決めたといわれます。

平安京は南北約5.3キロ、東西約4.5キロの長方形で、中央の朱雀大路(現在の千本通り)により、東の左京と西の右京に分けられ、大小の道で碁盤の目のように区画されていました。
当時の大内裏の場所は現在の京都御所よりも東側にありました。

火事などで焼失している間、天皇は別の建物や公家の家に滞在して政務を行いました。
このような正式な内裏以外の場所を里内裏(さとだいり)と呼びます。

火事と戦争による焼失

火事と戦争による焼失

image by PIXTA / 15777735

里内裏は内裏を立て直している臨時の内裏でしたが、何度も火事にあうため、次第に里内裏が正式な内裏となっていきました。

鎌倉時代になると天皇の力は弱まり、焼失のたびに立て直すことができなくなってきていたこともその要因になります。

鎌倉時代の末期になると京都で少しずつ戦争が行われるようになります。
火事だけでなく戦火によっても失われる機会が増えたのです。

南北朝時代に足利尊氏の擁立で天皇になった光厳天皇が里内裏とした土御門東洞院殿(つちみかどひがしのとういんどの)が現在の京都御所の場所として定着します。

明治に天皇が東京へ行くまでの約500年の間、その場所で御所として京都と日本の歴史を見てきました。

京都では「先の大戦」といったら応仁の乱を指すというまことしやかな話があります。
第二次世界大戦では大きな被害がなかった京都では八坂の塔以外が焼けてしまった応仁の乱の痛手の方が大きかったということだそうです。

現在の御所の北側にある相国寺も、その北にある上御霊神社も、応仁の乱の際に軍がおかれ、戦場となり全焼しています。

京都御所も当然焼失してしまいました。
時の天皇は御所の隣にあった花の御所と呼ばれた足利邸に避難していたこともあり無事でした。

その後に時の権力者となった織田信長・豊臣秀吉・徳川家康によって京都が元の形に戻って行く際に御所も再建され、その敷地も大きくなっていきました。

さあ、京都御所のツアーへまいりましょう!

さあ、京都御所のツアーへまいりましょう!

image by PIXTA / 28161526

何度も火事にあいながらも再建を繰り返してきた御所ですが、その時の時代の様式に合わせて建て替えられていました。

しかし1788年の焼失による再建の際には、江戸幕府の老中松平定信を総奉行とし、有職故実家の裏松固禅(うらまつこぜん)らの考証により、紫宸殿(ししんでん)や清涼殿(せいりょうでん)などを平安の古制に戻し、飛香舎(ひぎょうしゃ)などの失われていた御殿を復活して1790年に今の形に再建されたのです。

その後、1854年に焼失しましたが、翌年に前回の内裏と同じ形で再建させて現在に残りました。

御所は5本線の入ったクリーム色の築地塀に囲われており、南北に長い長方形のエリアになります。
こちらの中は主に3つのエリアに分けられており、一番南側が天皇が政や儀式をおこなう場所です。
中国故事にある「南に坐して政をする」という言葉から配置されました。

そして中央に当たる場所が天皇の居住エリアで、一番北側が後宮と呼ばれる皇后や女御、その皇子や姫の住まいでした。

天皇が政や儀式を行ったエリアと天皇の居住エリアを中心に見ていきましょう。







参内する公卿と諸侯のお入口

参内する公卿と諸侯のお入口

image by PIXTA / 22442771

ここにも身分格差が:宜秋門と御車寄

まずはじめに公家の方が宮中に参内される入口から見ていきましょう。

御所の西側にある「宜秋門(ぎしゅうもん)」から公家たちは参内します。
公家の方が利用する門はこちらと決まっていたため、別名「公家門」とも呼ばれています。

公家たちは御所の周辺に屋敷を構えていたのですが、参内の折には牛車を使って門の前までやってきます。
そしてそこで降りて出仕するのですが、公卿など身分が高く帝より許されたものは牛車のまま内裏の中に入ることができました。

牛車で参内する専用の入口が「御車寄(おくるまよせ)」という御殿です。
そこまで牛車ですすみ、地に足を付けることなく中に入ることができました。

雨にも濡れることがないよう、御車寄の入口には牛車がすっぽりと入る大きさの大きな屋根が付いています。

ここから入り控えの間や清涼殿へ向かいます。

身分のほどをわきまえる:諸大夫の間

正式な御用向きや帝に謁見するために参内した公家や将軍家の使者の控え専用の御殿が「諸大夫の間(しょだいふのま)」です。

この控えの間は身分に応じて部屋が決まっており、建物に向かって右に行くほど(帝が座す御殿近くが右側)身分が高い方の控えの間になっています。

一番高貴な方の間は「虎の間」で、公卿と呼ばれる三位以上の身分の方が控える間です。

その次に五位以上の身分の方が控える間が真ん中の「鶴の間」。

そして、一番塀側が将軍からの使いの者や官位のない武士が控える「桜の間」です。
襖絵にちなんでそう呼ばれていました。

どの控えの間の床は畳敷きなのですが、虎の間と鶴の間の畳縁と桜の間の畳縁の色を分けることでその身分の格の違いが表現されています。

また、通例公家または貴族と呼ばれる官位をいただいた方々は御車寄から入るため、控えの間まで廊下を通ってお入りになります。

桜の間に控える方々は建物の塀側が開かれており、沓脱石(くつぬぎいし)から参入しました。

次のページでは『天皇専用のお入口』を掲載!
次のページを読む >>