都会から1時間半、神秘的な鳥居の世界『伏見稲荷大社』

京都府京都市伏見区にある伏見稲荷大社。皆さんも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。でも行ったことがない、もしくはそもそも行き方が分からない、という方がいるかもしれません。そこで今回はそんな伏見稲荷大社を紹介していきます。実際に訪れてみると、アクセスが簡単で神秘的な世界が手軽に楽しめることができましたよ!大阪在住の旅行大好きなMOSKがお伝えいたします。

【京都常連が徹底ガイドのおすすめ記事】
どのコースでいく?京都の日帰り観光モデルコース5プラン
殿堂入り!京都お土産ランキング BEST30
  • style="display:inline-block;width:336px;height:280px" data-ad-client="ca-pub-1386733479651016" data-ad-slot="6199981080">

そもそも伏見稲荷大社とは?

そもそも伏見稲荷大社とは?

撮影筆者

「伏見稲荷大社って千本鳥居のところでしょ」と、思われる方が多いと思います。
その認識も合っています。
私も以前はそのような思いしか持っていませんでしたから。

ですが、せっかく伏見稲荷大社を訪れるのでしたら、少し伏見稲荷大社について知っておきましょう。
すると訪れた時に、より一層楽しむことができますよ。

伏見稲荷大社とは、全国に30,000社あるといわれる身近な神社のお稲荷さんの総本宮。
そして稲荷信仰の原点が稲荷山なのです。
つまり、私たちにとって千本鳥居の印象が強い伏見稲荷大社ですが、実は稲荷山自体が重要でした。
また、お稲荷さんと聞くと伏見稲荷大社をイメージされる方も多いと思いますが、その理由も明白ですね。
伏見稲荷大社はお稲荷さんの総本宮なのですから。

どうでしょうか? これだけを知って訪れるだけでも、伏見稲荷大社の印象ってずいぶん変わりますよね。

では実際に、伏見稲荷大社に行ってみよう!

では実際に、伏見稲荷大社に行ってみよう!

撮影筆者

さて、それでは伏見稲荷大社を訪れた時の様子についてお伝えしていきますね。
とその前に伏見稲荷大社へのアクセスの仕方について紹介しておきます。

伏見稲荷大社へのアクセス

伏見稲荷大社へのアクセス

撮影筆者

伏見稲荷大社へのアクセスの方法は3つあります。
電車を使う方法と京都市バスを使う方法、そして自動車で行く方法です。

電車の場合はJRと 京阪を使う方法があり、JRはJR奈良線稲荷駅で下車して徒歩直ぐで着きます。
京阪は京阪本線伏見稲荷駅を下車して東へ徒歩5分です。

市バスの場合は、南5系統に乗車して稲荷大社前で下車します。
そこから東へ徒歩7分で着きます。

自動車は、名神高速道路の京都南インターからは約20分、阪神高速道路の上鳥羽出口から は約10分で着きます。
しかし、伏見稲荷大社駐車場周辺の道路は大変混雑するので、訪れる時は公共交通機関を使いましょう。

今回私は、電車で京阪を使って伏見稲荷大社を訪れました。

出発からの京阪本線伏見稲荷駅へ

出発からの京阪本線伏見稲荷駅へ

撮影筆者

さて、出発は大阪モノレール大日駅です。
ここから大阪モノレール門真市駅に向かい、そこで京阪電車に乗り換えます。
そうすれば、京阪電車の伏見稲荷駅に着くことができます。

撮影筆者

はい、京阪電車の伏見稲荷駅に到着です。
大体、大阪モノレールの大日駅を出発してから1時間弱で着くことができました。
大阪の都心部からでも1時間半ぐらいで着くことができるでしょう。
意外と近くにあったんだなあ、と感じました。

ここからは案内に沿って、徒歩で東へと向かいます。

伏見稲荷駅の住所・アクセスや営業時間など

名称伏見稲荷駅
住所京都府京都市伏見区深草一坪町33
営業時間・開場時間5:00−24:35
利用料金や入場料乗車駅による
参考サイトhttps://www.keihan.co.jp/traffic/station/stationinfo/151.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

伏見稲荷駅のスポットページ

楼門から本殿へ

楼門から本殿へ

撮影筆者

さて案内に沿って、伏見稲荷大社の楼門へとやって来ました。
実は、「そもそも伏見稲荷大社とは?」の項目でお見せした写真は楼門を正面から撮った写真です。
で、こちらの写真は楼門を裏から撮った写真ですね。
大きな門で造りががっしりとしていました。
ですがそれだけではなく、非常に色づかいが鮮やかで見ごたえがありましたよ。

撮影筆者

こちらが本殿になります。
造りは複雑ですが、1つ1つの細かいところまで丁寧に造られていますね。
色も綺麗で、見ていて見てみる価値があると思いました。

撮影筆者

ちなみにですが、私と比べるとこんな感じの大きさですね。
意外と伏見稲荷大社の本殿は大きかったです。

伏見稲荷大社の住所・アクセスや営業時間など

名称伏見稲荷大社
住所京都府京都市伏見区深草藪之内町68
営業時間・開場時間24時間
利用料金や入場料無料
参考サイトhttp://inari.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

伏見稲荷大社のスポットページ

千本鳥居から奥社奉拝所まで進もう!

千本鳥居から奥社奉拝所まで進もう!

撮影筆者

さて、本殿を越えていよいよ千本鳥居へとやって来ました。
ここからは、また別のワクワクした気持ちが出てきます。

圧巻の千本鳥居!

圧巻の千本鳥居!

撮影筆者

千本鳥居の中は神秘的です。
日の光が鳥居の隙間からしか入らず、1つ1つの鳥居の影を踏んでいく様子は、まさにテレビの中の世界でした。
それぐらい、普段の自分では体験できない場所を歩いているんだ、という気持ちにさせてくれました。
また、ドラマなどで見た映像と同じ景色が自分の目の前にあるので、余計にそう感じたのかもしれませんね。

撮影筆者

千本鳥居を横から撮影した様子です。
ぎっしりと詰めて建てられた鳥居はまさに圧巻ですね。


撮影筆者

ちなみに私と大きさを比べるとこんな感じです。
けっこう、1つ1つの鳥居は大きいですね。

撮影筆者

また、千本鳥居の中の足元はこんな感じです。
詰めて建てられているのがよく分かりますね。

奥社奉拝所のところにあるおもかる石?

奥社奉拝所のところにあるおもかる石?

撮影筆者

奥社奉拝所に着くと何やら行列ができている箇所を発見しました。
その先頭にはおもかる石と呼ばれる石が置かれています。
上の写真はおもかる石の説明の駒札です。

おもかる石とは試し石。
灯篭の前で願い事が叶うかどうかを念じて石灯篭の頭を持ち上げ、その時に感じる重さが自分が予想していたよりも軽ければ願い事が叶って、重ければ叶いにくいということを試すことができる石です。

撮影筆者

これがおもかる石です。
隣にこれと同じものがもう1つ置かれています。

どうでしょうか。
どれぐらいの重さがあると思いますか?

奥社奉拝所の住所・アクセスや営業時間など

名称奥社奉拝所
住所京都府京都市伏見区深草藪之内町68
営業時間・開場時間24時間※但、授与所は8:30~16:00頃
利用料金や入場料無料
参考サイトhttp://inari.jp/sp/map/spot_08/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

奥社奉拝所のスポットページ

さらにその奥の熊鷹社へ

さらにその奥の熊鷹社へ

撮影筆者

さらに奥へと進むと熊鷹社へ行くことができます。
私もここまで来るのは初めてでしたが、道中もたくさんの鳥居があり千本鳥居の先も魅力があるなあ、と感じました。
また、この先もまだ稲荷山の中へと進んで行くことができるので、興味のある方はぜひ行ってみてください。

撮影筆者

奥社奉拝所から熊鷹社までの鳥居の中です。
ここの景色も圧巻ですね。

撮影筆者

奥社奉拝所から熊鷹社までの鳥居を横から撮った様子です。
ここも鳥居が詰めて建てられているのが分かりますね。

熊鷹社の住所・アクセスや営業時間など

名称熊鷹社
住所京都府京都市伏見区深草藪之内町68
営業時間・開場時間24時間
利用料金や入場料無料
参考サイトhttp://inari.jp/sp/map/spot_09/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

熊鷹社のスポットページ

帰り道ではお楽しみが……!

帰り道ではお楽しみが……!

撮影筆者

そうして帰路へとつくわけですが、伏見稲荷大社の魅力はこれだけではありません。
実は、駅から伏見稲荷大社までの道にはたくさんのお店が出店しています。
その中で訪れたお店を少し紹介します。

まず「まるもち家」さんです。
こちらではまるもちをいただきました。
中にあんこが入っていてちょうど良い甘さでおいしく感じました。
また、外が少しカリッとなっているのも良かったです。

次に「京豆庵」さん。
こちらでは特製の豚まんをいただきました。
中の豚肉の肉汁が感じられて、美味さが閉じ込められた豚まんでした。
また豚まんの皮もおいしかったのが良かったです。

他にも魅力的なお店がたくさんありました。
伏見稲荷大社に訪れた時は、周辺のお店にも立ち寄ってみてください。
きっと楽しいことが待っていますよ。

まるもち家 伏見稲荷本店の住所・アクセスや営業時間など

名称まるもち家 伏見稲荷本店
住所京都府京都市伏見区深草一ノ坪町26−3
営業時間・開場時間10:00−17:00 水曜定休
利用料金や入場料まるもち 1個98円〜
参考サイトhttp://marumochiya.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

まるもち家 伏見稲荷本店のスポットページ

不思議なお稲荷さんの魅力と鳥居の神秘性を感じにぜひ伏見稲荷大社へ!

不思議なお稲荷さんの魅力と鳥居の神秘性を感じにぜひ伏見稲荷大社へ!

撮影筆者

私も実際に訪れてみて、お稲荷さんの総本宮である伏見稲荷大社の魅力を感じることができました。
また、訪れてみないと感じることができない鳥居の迫力は圧巻の一言です。

あなたも伏見稲荷大社に訪れて、お稲荷さんや鳥居の魅力を感じてみませんか。

MOSK

Writer:

旅行好きのライターMOSKと申します。生まれも育ちも関西という生粋の関西人です。出身は滋賀県ですが、今は大阪府に住んでいます。また学生の頃は京都府にも一時期通っていました。ですから、大阪、京都、滋賀の観光の魅力は熟知している方ではないかと自負しています(笑)。 関西の魅力を自分の目線で、1つでも多く紹介していけたら嬉しいですね。よろしくお願いいたします。

この記事のカテゴリ

京都
国内

京都の記事を見る

【京都観光完璧ガイド】八坂神社の観光の前に知っておこう基本情報や季節のおすすめ
奈良県観光なら「興福寺」は必見!行き方や予算、営業時間は?
日本三景、「龍が舞う」天橋立は近くなりました
京都観光の常連が伝授!京都観光の理想的な1泊2日のモデルコース3プラン
観光する前に知っておきたい!日本最古の官寺「四天王寺」の歴史と見どころ
秀吉の妻ねねの高台寺、やさしさと魅力に溢れた京都の名所
枝垂れ桜をはじめとした百花繚乱の美しさ…知る人ぞ知る京都の庭園「原谷苑」
東大寺の大仏を生んだ天平文化の都、平城京の歴史
常連の私が決める!秋の京都観光で行きたい紅葉の名所ランキングTOP30
京都の温泉地やおすすめ温泉旅館はここ!これで決まる完璧ガイド
京都一のパワースポット!牛若丸と天狗が待つ「鞍馬寺」の魅力
常連の私が決める!春の京都観光で行きたい桜の名所ランキングTOP30

関連記事を見る