都会から1時間半、神秘的な鳥居の世界『伏見稲荷大社』

京都府京都市伏見区にある伏見稲荷大社。皆さんも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。でも行ったことがない、もしくはそもそも行き方が分からない、という方がいるかもしれません。そこで今回はそんな伏見稲荷大社を紹介していきます。実際に訪れてみると、アクセスが簡単で神秘的な世界が手軽に楽しめることができましたよ!大阪在住の旅行大好きなMOSKがお伝えいたします。

【京都常連が徹底ガイドのおすすめ記事】
京都観光の理想的な日帰りプラン5つ
殿堂入り!京都お土産ランキング BEST30

そもそも伏見稲荷大社とは?

そもそも伏見稲荷大社とは?

撮影筆者

「伏見稲荷大社って千本鳥居のところでしょ」と、思われる方が多いと思います。
その認識も合っています。
私も以前はそのような思いしか持っていませんでしたから。

ですが、せっかく伏見稲荷大社を訪れるのでしたら、少し伏見稲荷大社について知っておきましょう。
すると訪れた時に、より一層楽しむことができますよ。

伏見稲荷大社とは、全国に30,000社あるといわれる身近な神社のお稲荷さんの総本宮。
そして稲荷信仰の原点が稲荷山なのです。
つまり、私たちにとって千本鳥居の印象が強い伏見稲荷大社ですが、実は稲荷山自体が重要でした。
また、お稲荷さんと聞くと伏見稲荷大社をイメージされる方も多いと思いますが、その理由も明白ですね。
伏見稲荷大社はお稲荷さんの総本宮なのですから。

どうでしょうか? これだけを知って訪れるだけでも、伏見稲荷大社の印象ってずいぶん変わりますよね。

では実際に、伏見稲荷大社に行ってみよう!

では実際に、伏見稲荷大社に行ってみよう!

撮影筆者

さて、それでは伏見稲荷大社を訪れた時の様子についてお伝えしていきますね。
とその前に伏見稲荷大社へのアクセスの仕方について紹介しておきます。

伏見稲荷大社へのアクセス

伏見稲荷大社へのアクセス

撮影筆者

伏見稲荷大社へのアクセスの方法は3つあります。
電車を使う方法と京都市バスを使う方法、そして自動車で行く方法です。

電車の場合はJRと 京阪を使う方法があり、JRはJR奈良線稲荷駅で下車して徒歩直ぐで着きます。
京阪は京阪本線伏見稲荷駅を下車して東へ徒歩5分です。

市バスの場合は、南5系統に乗車して稲荷大社前で下車します。
そこから東へ徒歩7分で着きます。

自動車は、名神高速道路の京都南インターからは約20分、阪神高速道路の上鳥羽出口から は約10分で着きます。
しかし、伏見稲荷大社駐車場周辺の道路は大変混雑するので、訪れる時は公共交通機関を使いましょう。

今回私は、電車で京阪を使って伏見稲荷大社を訪れました。

出発からの京阪本線伏見稲荷駅へ

出発からの京阪本線伏見稲荷駅へ

撮影筆者

さて、出発は大阪モノレール大日駅です。
ここから大阪モノレール門真市駅に向かい、そこで京阪電車に乗り換えます。
そうすれば、京阪電車の伏見稲荷駅に着くことができます。

撮影筆者

はい、京阪電車の伏見稲荷駅に到着です。
大体、大阪モノレールの大日駅を出発してから1時間弱で着くことができました。
大阪の都心部からでも1時間半ぐらいで着くことができるでしょう。
意外と近くにあったんだなあ、と感じました。

ここからは案内に沿って、徒歩で東へと向かいます。

伏見稲荷駅の住所・アクセスや営業時間など

名称伏見稲荷駅
住所京都府京都市伏見区深草一坪町33
営業時間・開場時間5:00−24:35
利用料金や入場料乗車駅による
参考サイトhttps://www.keihan.co.jp/traffic/station/stationinfo/151.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

伏見稲荷駅のスポットページ

楼門から本殿へ

楼門から本殿へ

撮影筆者

さて案内に沿って、伏見稲荷大社の楼門へとやって来ました。
実は、「そもそも伏見稲荷大社とは?」の項目でお見せした写真は楼門を正面から撮った写真です。
で、こちらの写真は楼門を裏から撮った写真ですね。
大きな門で造りががっしりとしていました。
ですがそれだけではなく、非常に色づかいが鮮やかで見ごたえがありましたよ。

撮影筆者

こちらが本殿になります。
造りは複雑ですが、1つ1つの細かいところまで丁寧に造られていますね。
色も綺麗で、見ていて見てみる価値があると思いました。

MOSK

Writer:

旅行好きのライターMOSKと申します。生まれも育ちも関西という生粋の関西人です。出身は滋賀県ですが、今は大阪府に住んでいます。また学生の頃は京都府にも一時期通っていました。ですから、大阪、京都、滋賀の観光の魅力は熟知している方ではないかと自負しています(笑)。 関西の魅力を自分の目線で、1つでも多く紹介していけたら嬉しいですね。よろしくお願いいたします。

この記事のカテゴリ

京都
国内

関連記事を見る

京都の記事を見る

実録!京都観光で幻滅しない史跡めぐりのコツと心得
京都の花寺「三室戸寺」は背筋が伸びる美しさ!
観光前にチェック!京都「嵐山」の歴史と観光地スポットとは?
【京都】ドライブで行こう!「丹後半島」をぐるっと巡る旅
迷った心を照らすパワースポット「延暦寺」の姿
河原町三条ぐらいまで幅があった?産湯に使うほど美しい「鴨川」の歴史
【地下水がポイント?】観光前に知りたい、京都「錦市場」の歴史
「海の京都」鶴の港と赤れんが倉庫群の舞鶴
京都観光の常連が伝授!京都観光の理想的な日帰りのモデルコース5プラン
嵐山観光ならここ。「宝厳院」で日本庭園の奥深さを知る
津軽の名城『弘前城』の歴史と魅力あふれる観光ポイントを解説
観光の前にチェック!京都「祇園四条」の歴史 とおすすめ観光スポット