日本三景、「龍が舞う」天橋立は近くなりました

春休み、卒業旅行を兼ねてなのでしょうか、若者のグループがキャッキャ言いながら、股覗きを楽しんでいました。

そういえば、前来た時には、「股覗きが出来るところ」といえば、傘松公園だけだった、と。

今回行くと、丁度対岸の同じくらいの高さのところに、「ビューランド」が。ビューランドからの股覗きで見える風景を「飛龍観」、傘松公園からは「昇龍観」と言うそうですよ。

海の波が運んできた砂と、山と川から流れ込んだ砂が悠久の時間をかけて創り出した自然の造形、天橋立。

日本三景の一つ、京都府宮津市にある天橋立を楽しみましょう。

【京都常連が徹底ガイドのおすすめ記事】
京都観光の理想的な日帰りプラン5つ
殿堂入り!京都お土産ランキング BEST30

「大江山 いく野の道の遠ければ まだふみも見ず天の橋立」

96504:「大江山 いく野の道の遠ければ まだふみも見ず天の橋立」

撮影:榊

ご案内するのは私(iti)と妻(ご人)です。
「小・中学生の時、遠足で何回か歩いた。」とご人。
何十年前?と突っ込みたくなりますよ。

私は大阪から滋賀県の奥山、高島市朽木小川に移り住んで20年。

今回は、所要で若狭自動車道を綾部まで走り、そこから大江山を超えてやってきました。

まずアクセスを。

京阪神からだと京都縦貫道で、宮津天橋立ICで下りるともう宮津市内です。
北陸方面からだと若狭自動車道から京都縦貫道に乗り換えて。

公共交通利用の方は、大阪からJR福知山線で、京都からはJR山陰本線で福知山まで。
そこから京都丹後鉄道に乗り換えて天橋立に。

いずれも2時間~2時間半の旅です。
ホント、天橋立は近くなりましたね。

天橋立の住所・アクセスや営業時間など

名称 天橋立
住所 京都府宮津市文珠天橋立公園
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.amanohashidate.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

天橋立のスポットページ

天橋立ビューランドに登ろう

丹鉄の天橋立駅構内案内所で、観光船割引も付いた二大展望めぐりチケット(¥1200)をゲットしました。

早速チケットを利用して、まずは文殊山山頂、ビューランドを目指します。

#1 会いたかった~会いたかった~♪ 丹鉄「赤松号」

96508:会いたかった~会いたかった~♪ 丹鉄「赤松号」

撮影:榊

駅前から歩いて宮津方面に少し引き返し、丹鉄の踏切を超えるとすぐにモノレール&リフト乗り場が。

踏切前では撮り鉄ファンに人気があり、前から会いたかった丹後鉄道の赤松号とも遭遇。
ラッキーな旅の始まりですね。

#2 ビューランドへのリフトから見た天橋立

96507:ビューランドへのリフトから見た天橋立

撮影:榊

行きはモノレール、帰りはリフトを利用しました。

モノレールやリフトから見ると、だんだんとせりあがって全望が見えてくる天橋立。

ワクワクしながら見るもいいですね。

#3 股覗きで観る「飛龍観」

96509:股覗きで観る「飛龍観」

撮影:榊

ここからの眺めは、龍が天を舞うように見えることから「飛龍観」とよばれるそうですよ。

飛ぶ龍が見えますか?

ビューランドには展望台やミニ遊園地などあり、ペアで来るとより楽しめるカナ。








天橋立ビューランドの住所・アクセスや営業時間など

名称 天橋立ビューランド
住所 京都府宮津市字文珠
営業時間・開場時間 9:00−17:00(季節により異なる)
利用料金や入場料 リフト・モノレール共通往復乗車料金:大人800円 小人400円
参考サイト http://www.viewland.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

天橋立ビューランドのスポットページ

「文殊の知恵」の智恩寺と知恵の輪灯篭

文殊山から下りて、文殊地区のウロウロ散策を。
一か所に観光名所が集中しています。

#4 雷門を思い起こす、山門の大きな提灯

96510:雷門を思い起こす、山門の大きな提灯

撮影:榊

四軒茶屋が並ぶ参道を行くと、大きな提灯のある山門が。
まるで雷門のようです。

ここをくぐると線香の香り漂う智恩寺・文殊堂に。

#5 文殊の知恵を授かりたいな、智恩寺

96511:文殊の知恵を授かりたいな、智恩寺

撮影:榊

「三人寄れば文殊の知恵」で有名な文殊菩薩がご本尊だそうです。

ご人も線香をあげて智慧を授かりますように、と。

次のページでは『おみくじが咲く松の枝』を掲載!
次のページを読む >>