嵐山観光ならここ。「宝厳院」で日本庭園の奥深さを知る

文化施設や歴史的建造物が充実している関西の都道府県といえば、やはり京都。特に嵯峨嵐山周辺は、時の流れを感じさせるすてきな名所が多数存在しています。今回は、そんな嵐山観光スポットのひとつである宝厳院(ほうごんいん)を中心に歩いていきましょう。
案内人は、関西専門の観光ライターである賀川奈伸雄です。

【京都常連が徹底ガイドのおすすめ記事】
京都観光の理想的な日帰りプラン5つ
殿堂入り!京都お土産ランキング BEST30

嵐山本線に乗って

嵐山本線に乗って

撮影/筆者

大阪から嵐山に行くには、まず阪急淡路駅より桂駅を経由して西院駅へ。

そこから京福電気鉄道嵐山本線に乗って行きましょう。

この京福電気鉄道は昔ながらのワンマン電車であり、座席に腰掛けているだけでもどこか懐かしい雰囲気になれます。

素朴な下町の風景をお楽しみください。

撮影/筆者

嵐山駅へ到着したので、記念写真を一枚。

それでは、徒歩で宝厳院へ向かいましょう。

歩いてだいたい10分程度。
メインストリートの裏手です。

宝蔵院に到着

宝蔵院に到着

撮影/筆者

宝厳院へ到着しました。

門の付近でパシャリと一枚。

撮影/筆者

この宝厳院が建立されたのは寛正2年(1461年)。

後に京都を戦火に巻き込む「応仁の乱」のおよそ6年前、管領細川頼之によって建てられました。

創建してまもなく、前述した応仁の乱によって本堂などが消失してしまったのですが、場所を移転して再建。

現在までその形を留めています。

撮影/筆者

神社仏閣といえば、やはり建物の構造やつくりに目がいきますよね。

この宝厳院はその建物のたたずまいもさることながら、庭もまた見ごたえがあることで広く知られています。

撮影/筆者

なぜかといえば、この寺が建立された当時は庭の様式に宇宙を見出し、自然との調和を重視するという思想が広く実践されていたためです。

事実、その庭園はかなり広大で、ガーデニング好きな方が見れば嫉妬してしまうほどではないでしょうか。

宝厳院の住所・アクセスや営業時間など

名称宝厳院
住所京都府京都市 右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町36
営業時間・開場時間9:00−17:00
利用料金や入場料大人500円 小学生300円
参考サイトhttp://www.hogonin.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

宝厳院のスポットページ

宝蔵院は庭がすごい

それでは、その見どころを解説していきましょう。

賀川奈 伸雄

Writer:

関西を中心にさまざまな観光地やグルメスポットの取材を行っています。関西を楽しむならお任せあれ!

この記事のカテゴリ

京都
国内
文化
歴史

関連記事を見る

京都の記事を見る

京都観光前に知りたい「東寺」の基礎知識。外せないおすすめポイントは?
京都観光前に知りたい「東福寺」の基礎知識。外せないおすすめポイントは?
京都観光前に知りたい「三十三間堂」の基礎知識。外せないおすすめポイントは?
遺産総額70億円?!応仁の乱の原因を作った日野富子は金の亡者か?
「伏見稲荷大社」観光に行こう!京都観光常連が教える、外せないおすすめポイント
台車に船を載せて線路で運んだ?琵琶湖疏水の一部「蹴上インクライン」とは?
「青蓮院門跡」の歴代門主を務めた錚々たるメンバーをご紹介
桜に囲まれた格式高い「仁和寺」の天皇をめぐる歴史ロマン
「平安神宮」観光前に知りたい!平安神宮の基礎知識&外せないおすすめポイント
京都観光前に知りたい「平等院」の基礎知識。外せないおすすめポイントは?
観光前に知りたい「祇園」の基礎知識。外せないおすすめポイントは?
幕末のターニングポイント「池田屋事件」が起きた原因と残したもの