「海の京都」鶴の港と赤れんが倉庫群の舞鶴

近代へと歩みを進めた明治日本。

ここ京都府舞鶴市にある舞鶴港は1901年(明治34年)、舞鶴鎮守府が開府され、日本海側の重要な軍港として整備されていきます。その一環として海軍倉庫など、近代化を進めていく礎として、多くの赤れんがの建造物が作られました。

舞鶴港、戦後は引き揚げ船の着く港として、現在は海上自衛隊の基地として、日本海側の重要な港湾とされています。

舞鶴港ウォーターフロント(旧海軍舞鶴鎮守府一帯)はそんな「海の京都・舞鶴」の魅力を満載。レトロな街並み散歩に、最新鋭の護衛艦を見学できる自衛隊桟橋と。さぁ、ワクワク散策に出かけよう!

【京都常連が徹底ガイドのおすすめ記事】
京都観光の理想的な日帰りプラン5つ
殿堂入り!京都お土産ランキング BEST30

「海の京都」舞鶴の絶景はあちらこちらに

「海の京都」舞鶴の絶景はあちらこちらに

撮影:iti

こんにちは。
ご一緒するのは大阪から滋賀県高島市朽木小川に20年前に移住してきた榊 始(iti)と妻(ご人)です。

ここ舞鶴は、ご人の実家(兵庫県養父市)からの帰りにいつも通る国道27号沿いに広がる港町。

今まで何回か寄り道した舞鶴のあちらこちらも含めて、ご案内します。

はじめの第一歩は舞鶴赤れんがパークの駐車場から

はじめの第一歩は舞鶴赤れんがパークの駐車場から

撮影:iti

いつも自衛隊の護衛艦や赤れんがの街並みを左手に眺めながら、「見学したいね。」と話していました。

今回は滋賀の奥山から国道367号・303号・27号と下道を走り、舞鶴に。

赤れんがパークの駐車場が舞鶴散策には最適。

一番見たいのは護衛艦

一番見たいのは護衛艦

撮影:iti

日曜日は、護衛艦が接岸している埠頭の見学ができるので、ワクワクしながら先ずは、赤レンガ倉庫に沿って、自衛隊桟橋へ。

入り口で、受け付けはあちらでとの案内に従って行くと、受付のテントが。
首から掛ける見学証が入ったケースを貰います。

撮影:iti

見学証を首に下げて、真っ正面に接岸している護衛艦「ふゆづき」へ。
まじかで見て、見上げて、デッカイの一言。

「ふゆづき」は国道を走っていてもよく接岸していたので、近くで見たい、と思っていました。

撮影:iti

停泊している護衛艦の乗船口には、立ち番の自衛官がいて、手が空いていると、こちらの質問にも答えてくれます。

「ふゆづき」について見上げながら質問すると、「パンフレット、ありますよ。」と看板から持ってきてくれました。

撮影:iti

桟橋の所々にも、質問を受ける自衛官の方が配置されていて、応えられる範囲の質問に丁寧に応対してくれますヨ。

撮影:iti

「護衛艦、形・線が美しいですね。」と言うと、「ハイ、でもボクは、タンカーが好きなんですが。」と、目線は対岸に停泊している、赤いタンカーを。

見学者の質問に答えてくれた、海上自衛官の男子くんでした。

撮影:iti

「主砲は何インチ?」と聞くと「○○で、向こう側がイタリア製、こちら側がアメリカ製(2隻並んで停泊していた)」と。

「どちらの性能が良い?」と聞くと、「性能の基準が何かで…」と言いながら「イタリア製は、連発で一度にたくさん撃つ、アメリカ製は狙って撃つタイプ」と。
「マカロニ・ウェスタンかカウボーイ」かなぁと、フト。

撮影:iti

護衛艦を近くで堪能して、入り口ゲート近くにある、売店へ。

ここでしか買えないグッズや白い手袋など必需品などが、所狭しと。
お菓子や飲み物なども売っていましたヨ。

そうそう、外に自動販売機があったんですが、80円から120円の激安。
思わず、1本ゲット。

売店の女子に「何故?」と聞くと、「共済会が販売しているからかなぁ」と。

榊始(iti)

Writer:

榊始(iti)です。長崎出身。大阪に住んでいましたが、子育てを終えてから滋賀県高島市朽木小川に移住して20年近くになります。滋賀県湖西や湖北の地域、妻(ご人)の実家がある兵庫県但馬地方、そこまでの経由地である京都府北部を中心にご紹介します。毎日『「朽木小川より」itiのデジカメ日記』というブログで地域の行事や風景・生活をフォトと共に発信中。http://kutsukikog.exblog.jp/ 

この記事のカテゴリ

京都
国内
絶景
絶景
自然・絶景
街・都市

関連記事を見る

京都の記事を見る

【地下水がポイント?】観光前に知りたい、京都「錦市場」の歴史
京都観光の常連が伝授!京都観光の理想的な日帰りのモデルコース5プラン
嵐山観光ならここ。「宝厳院」で日本庭園の奥深さを知る
津軽の名城『弘前城』の歴史と魅力あふれる観光ポイントを解説
観光の前にチェック!京都「祇園四条」の歴史 とおすすめ観光スポット
京都観光なら「龍安寺」は必見!行き方や予算、営業時間は?「龍安寺」の観光情報まとめ
京都に年100回通った私が決める!お土産ランキング【スイーツ編】
観光する前に知りたい!王朝文化の集大成「修学院離宮」の歴史と見どころ
たった5年の活動だった新撰組!幕末に人々を魅了した新撰組の解体後はこうだった
観光する前に知りたい!日本最大の禅寺「妙心寺」の歴史と見どころ
京都の意外な穴場!「祇園の夜景」がすごく幻想的だった
【周辺ランチから見どころまで】京都・二条城の観光の前に知っておこう!