神社巡りで運気アップの観光を!長崎のパワースポット決定版30選

異国情緒が溢れ、九州を代表する観光地となっている長崎。古来より大陸文化が入り込み、江戸時代には唯一海外との窓口になっていたこともあり独特な文化が形成されていきました。そんな長崎でおすすめしたいパワースポットについてまとめてみました。

独自の文化が残る長崎

独自の文化が残る長崎

image by iStockphoto / 60476532

大陸から近く、船舶に最適な湾があったこともあり古くから諸外国の文化に影響を受けてきた長崎。
鎖国政策以後は日本近代化の中心地となり、幕末のヒーローである坂本龍馬もこの地で日本初となる商社を立ち上げるなど活躍していました。
多くの人が往来する長崎には秘めた力があるのかもしれませんね。

鎮西大社諏訪神社

長崎の秋を彩る「長崎くんち」は鎮西大社諏訪神社の例大祭の一つで、重要無形民族文化財に指定されています。
地元の方からは「お諏訪さん」と呼ばれており諏訪・森崎・住吉の三社がお祀りされています。
境内には陰陽石と呼ばれる3つの石がありルールに従ってその石を踏むと縁結びのご利益があると言われています。

鎮西大社諏訪神社の住所・アクセスや営業時間など

名称 鎮西大社諏訪神社
住所 長崎県長崎市上西山町18−15
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.osuwasan.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

鎮西大社諏訪神社のスポットページ

温泉神社

長崎県島原半島にある雲仙温泉。
その温泉街にある温泉神社は「温泉」と書いて「うんぜん」と呼びます。
拝殿裏にある「夫婦柿」は樹齢200年を越えていると言われている柿の木で、子孫繁栄や恋愛成就のパワースポットになっています。
幹を抱き願い事を唱えながら下から上へ撫でると願いが叶うとされています。

温泉神社の住所・アクセスや営業時間など

名称 温泉神社
住所 長崎県雲仙市小浜町雲仙319
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.shimakanren.com/spots/detail/1358
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

温泉神社のスポットページ

岩戸神社

雲仙の山深くにひっそりとたたずむ岩戸神社。
周囲は杉の大木に囲まれており深い緑が神々しい景観を作り出しています。
御神体である洞窟にはかつて縄文人が住んでいたと言われているそうです。
自然が作り出すマイナスイオンと不思議な静けさを持つことからパワースポットとして人気となっています。







岩戸神社の住所・アクセスや営業時間など

名称 岩戸神社
住所 長崎県雲仙市瑞穂町西郷丁2322
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.nagasaki-tabinet.com/guide/51685/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

岩戸神社のスポットページ

男獄神社

玄界灘に浮かぶ壱岐島の男嶽山。
明治時代まではこの山全てが御神体とされ入山できない場所でした。
現在では山頂にある男嶽神社まで車で行くことができ、霊山のパワーを一身に浴びるパワースポットになっています。
猿田彦命が祀られており、拝殿近くの石段には200体以上の猿の石像が並んでいます。

男獄神社の住所・アクセスや営業時間など

名称 男獄神社
住所 長崎県壱岐市芦辺町箱崎本村触1678
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.nagasaki-tabinet.com/guide/759/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

男獄神社のスポットページ

崇福寺

崇福寺は、興福寺・福済寺と合わせ長崎三福寺と呼ばれています。
中国大陸から来た華僑の人々が作ったとされており、中国様式の寺院では日本最古と言われています。
ご本尊である仏像内部からは銀製の五臓、布製の六腑が見つかっており日本でも珍しい内臓を宿した仏像となっています。

崇福寺の住所・アクセスや営業時間など

名称 崇福寺
住所 崎県長崎市鍛冶屋町7-5
営業時間・開場時間 8:00~17:00
利用料金や入場料 大人300円 高校生200円 小中学生無料
参考サイト http://www.nagasaki-tabinet.com/guide/96/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

崇福寺のスポットページ

御手洗水の滝

壱岐島にある御手洗水(おちょうず)の滝は、空海ゆかりの霊場として修験者の修行の場となっています。
この滝は空海が杖で一突きしたことによって出来たとされています。
平成22年の大雨によって山から落ちてきた岩は空海を祀るお堂を避けて転がってきたことから「奇跡の石」と呼ばれパワーストーンとして話題となりました。
次のページでは『神崎神社』を掲載!
次のページを読む >>