【福岡観光】門司港レトロで港町めぐりと夜景を楽しむ日帰り旅行







100485:

撮影/Churako

さて、メニューを見ると「博多和牛のステーキ」がめちゃくちゃ私を誘ってくるわけですが……

話の流れ上、ここは、”焼きカレー”一択です。
メニューには「焼きカレードリア」とありますね。

焼きカレーのトッピングはカレー+卵+チーズが多いですが、

「陽のあたる場所」さんは、卵をあえて使わず、カレーの味を最大限に生かしているとのこと。

いいですねえ~(ドリア大好き)

100486:

撮影/Churako

来た来た~!

カレーと焦げ目のついたチーズが合わさったら、美味しくないわけがない!

しかし、鉄皿が熱くなっているので、はやる気持ちを抑え……気を付けてすくいます。

100487:

撮影/Churako

いっただきまーす。

100488:

撮影/Churako

美味しい!

コクのあるデミグラス系の洋風カレーが最も大好きな私に、ぴったりのドリアです。

結構量があったのですが、お腹が空いていたので、ペロリと完食しちゃいましたよ~

100489:

撮影/Churako

正統派の本格洋食のドリアを楽しみたい方はぜひ「陽のあたる場所」へ!おすすめです。

夜は焼きカレーのほかイタリアンディナーを楽しめます。

また、お店が広いのでパーティなども行えるそうです。

門司港名物「焼きカレー」

公式マップだけでも24店。
お好みの焼きカレーを探してみてくださいね!

陽のあたる場所の住所・アクセスや営業時間など

名称 陽のあたる場所
住所 福岡県北九州市門司区門司区西海岸1丁目4−3 日産船舶ビル7F
営業時間・開場時間 11:00−23:00
利用料金や入場料 鉄板焼きカレードリア 1,080円
参考サイト http://hinoatarubasho.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

陽のあたる場所のスポットページ

7.関門海峡大橋までサイクリング→人道トンネルを歩いてみました!

100408:7.関門海峡大橋までサイクリング→人道トンネルを歩いてみました!

撮影/Churako

レンタルサイクルの残り時間がこの時点で1時間半。

限られた時間の中で関門海峡を目指すという、なかなかのチャレンジをしました。

100410:

撮影/Churako

道はこんな風に自転車専用のサイクリングロードが舗装されていて、とっても走りやすいですよ。

ちょうど、「潮風号」の線路の横を走っていきます。

100463:

撮影/Churako

和布刈(めかり)公園に到着。

海沿いのノーフォーク広場からは関門海峡と、その上にかかる関門海峡大橋が見えます。

門司港レトロ地区からここまでで、大体10~15分くらいでしょうか。

ちょっと海を眺めながら休憩。

ここは朝日や夕日のビューも素晴らしいと評判。

レンタル自転車ではその時間に来るのが難しいので、徒歩かバスを利用したいところですね。

100464:

撮影/Churako

近くに来ると、関門海峡大橋はさすがに大きい!

全長1,068m、高さは海面から61mだそう。
橋の向こうは本州。

こんなにすぐの距離なのに、なぜか九州の本の発売日は本州より2日遅れなのですよね。
いまだに謎です。

100466:

撮影/Churako

関門海峡大橋の下をくぐりますよ~。

関門海峡花火大会ではこの辺は格別のビュースポットになりそうです。
きっとすごい人出なのでしょうね。

100467:

撮影/Churako

そして、関門海峡大橋を超えてしばらく行くとあるのがこちら「関門トンネル人道入口」

関門海峡の下には海中にトンネルが通っていて、鉄道や車両、そして人が通れるようになっているのです。

(人道トンネルは鉄道や車両とは別の道で、歩行者のみの通行となっています。)

100468:

撮影/Churako

こちらのエレベーターから地下に降りると人道トンネルがあり、関門海峡の下を歩いて渡ることができます。

100469:

撮影/Churako

人道トンネルは国道2号線。

地下道となっています。

100470:

撮影/Churako

通行料は無料(自転車・原付などの軽車両は20円)。

下関までは歩いて780メートルという距離なので、私のような観光のほか、通勤・通学・買い物やウォーキングなど気軽に利用されているそうです。

確かに人道トンネルは、雨などの天候にも左右されず、整備されていて歩きやすいですね。

日焼けの心配もありませんし。

100471:

撮影/Churako

途中の外の景色などは全く見えないので、海の下を通っていると言う感覚は無いです。

自転車で一気に走ったらすぐなのでしょうが、監視カメラで見られているので注意されますよ!

(私の横を颯爽と走って行った一団がスピーカーから「降りてください」と言われていました)

100472:

撮影/Churako

トンネルなのでうっすら暗いです。
門司~下関はやや下りのルート。

歩きやすいです。
(でも帰りを考えると……)

かつてはこの上で源氏と平家の壇ノ浦の戦いがあったり、武蔵と小次郎が巌流島で決闘したりしていたのですね。

昔の人って移動距離すごいなあ、と思いながらてくてくと歩いていると……

100473:

撮影/Churako

およそ中間地点に到着。

380mですでに足が痛い。
私が平家なら壇ノ浦まで逃げられそうにないですね。

それは置いといて、ここには……








100474:

撮影/Churako

この道路の一番の観光スポットである、福岡県と山口県の県境の表記があります!

線を超えると山口県。

100475:

撮影/Churako

このまま下関まで行って、下関観光も楽しみたいところなのですが、残念ながら今回はその時間はありません。

レンタサイクルを朝一で借りれば、このままトンネルを通り、下関でランチというプランもできそうですね~

100476:

撮影/Churako

山口県側から撮ってみて、さも帰りを装う私。
(笑)

レンタサイクルの返却時間も迫っていましたので、ここで関門海峡を後にして自転車を返却することにしましたよ。

100477:

撮影/Churako

次回は踏破して堂々とこの前で写真を撮りたいものですね~

そして、関門TOPPA!記念証をもらいたい。

ここ数年、「ご当地PR動画」がはやりですが、

関門海峡のPR動画はご存知ですか?特撮が好きな方には特におすすめ!

クオリティの高さにびっくりです。

オチとしては、それだけ関門海峡は潮の流れが早くて渡るのが困難だったということですね。

この怪獣さんはどこから来てどこまで行くのか……

最後に、関門海峡の情報についてはこちらから!

さてこの後は、自転車を返して、関門海峡の夜景クルーズに行ってきますよ!

関門海峡トンネル人道の住所・アクセスや営業時間など

名称 関門海峡トンネル人道
住所 福岡県北九州市門司区門司
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料 軽車両20円
参考サイト http://www.kanmon.gr.jp/areamap/cross/c_02.php
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

関門海峡トンネル人道のスポットページ

8.門司港グルメその2~門司港レトロの洋館に併設されたカフェに行こう!~

100490:8.門司港グルメその2~門司港レトロの洋館に併設されたカフェに行こう!~

撮影/Churako

さて、焼きカレーも食べ、関門海峡に臨んで戻ってきたところで「運動の後は甘いもの」と思い立ちました。

そこで向かったのは旧門司税関に併設された

「Fruit factory Mooon de Retoro(フルーツファクトリーモーン・デ・レトロ)」です。

新鮮なフルーツをたっぷりあしらったパルフェ(パフェ)やフルーツサンドが人気の、果物店直営のお店。

店内は白を基調としたさわやかなインテリアなのですが、

100491:

撮影/Churako

せっかくなので、外にあるテラス席で。

100492:

撮影/Churako

素敵なメニューがたくさんで悩みましたが、

門司港レトロオリジナルメニューの「レトロジュレ」にしました!

100493:

撮影/Churako

オレンジのジュレ+フレッシュフルーツにソフトクリームの組み合わせです。

フルーツ盛りだくさん!

パルフェは旬のフルーツを使って構成されるメニューも人気で、マンゴーやメロンのパルフェもあるんですよ!

見た目も可愛らしく、これは甘いもの好きにはたまりません!

100494:

撮影/Churako

旧門司税関をバックにいただきます。

ジュレとソフトクリームなので、夏の日はこうして外で食べるのが良い感じ。

付属の太いストローで、ジュレをソフトクリームと一緒に飲むのもまた格別です。

フレッシュなフルーツも添えたパルフェ(パフェ)となると、ありそうでなかなかないですよね~

次はフルーツサンドも食べたいな(この日は売り切れでした)と思い、

「Fruit factory Mooon de Retoro(フルーツファクトリーモーン・デ・レトロ)」さんを後にしました。

フルーツファクトリーモーン・デ・レトロの住所・アクセスや営業時間など

名称 フルーツファクトリーモーン・デ・レトロ
住所 福岡県北九州市門司区東港町1−24
営業時間・開場時間 11:00−17:00
利用料金や入場料 レトロジュレ 780円
参考サイト http://www.ff-mooon.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

フルーツファクトリーモーン・デ・レトロのスポットページ

9.門司港レトロの夜景を楽しみましょう!

100496:9.門司港レトロの夜景を楽しみましょう!

撮影/Churako

さて、門司港レトロへの小旅行もいよいよ大詰めです。

最後に、門司港レトロの素敵な夜景を満喫できるプランを、3つ体験してきましたのでご紹介いたします!

9-1.門司港レトロの夜景が楽しめる、ミニクルーズ船に乗ってみよう!

100497:9-1.門司港レトロの夜景が楽しめる、ミニクルーズ船に乗ってみよう!

撮影/Churako

いい感じに街が暗くなってきたころ、遊覧船乗り場へ向かいます。

乗り場は海峡プラザの前にあります。

この写真でいうと、切れていますが、左側が海峡プラザ。

遊覧船は一番手前の赤い舟、本日乗るSANTA号です。

奥の建物はプレミアホテル門司港。

その前のこげ茶の大きな船は、遊覧電ではなく、実はロバートの秋山さんのお父様が経営されるレストランです。

SANTA号による20分のミニクルーズは終日運航しており、

デイクルーズやサンセットクルーズも気軽に楽しめるようになっています。

100498:

撮影/Churako

さて、この日の最終便は午後7:45でしたが、

遊覧船は当日の海の状況や潮位の関係で出港できない場合もあるので、

事前に運行状況を確認することをおススメします。

当日も事前に窓口で確認し、舟の人数に空きがあれば、予約なしでも乗船が可能です。

(関門海峡花火大会の日など、人気の日は、予約なしでは乗れませんので注意)

100499:

撮影/Churako

券売機でチケットを購入しておきます。

100500:

撮影/Churako

街も程よく暗くなってきましたので……
次のページを読む >>

Writer:

東京から沖縄本島に移住して5年。現在は本島南部の南城市で、美しい海を見ながら愛猫たちとのんびり暮らしています。 メインは沖縄情報ですが、関東・関西・九州なども担当中。 取材とプライベートで食べ歩いた沖縄のお店の中から、さらにセレクトしたお気に入りをブログ にて紹介しています。記事とともに沖縄観光にお役立てください。 「ちゅらすき」で検索:https://churasuki.com/ 【禁煙店のみ】

この記事のカテゴリ

九州
国内
建築
旅行体験記
福岡県
絶景
街・都市

関連記事を見る

九州の記事を見る

長崎のお土産ランキング!全部食べて決めた、美味しい&センス抜群&定番のお土産TOP25
長崎市の観光スポット21選!実際に行って決めた編集部厳選スポットはここ
きっとまた行きたくなる!由布院温泉の成り立ちと歴史的スポット
豊臣秀吉も認めた名武将・鍋島直茂と「鍋島化け猫騒動」
「温泉」=「うんぜん」?!歴史ある良泉リゾート・雲仙温泉の魅力とは
雷を切って捨てた闘将・立花道雪、常に戦場にその姿あり「軍神」と称えられる
高橋紹運の忠義街道一直線。これぞサムライのあるべき姿!敵将にもその死を惜しまれた名将
【奄美大島】歌いながら屋根を倒す!? 450年の歴史を誇るディープなお祭り「秋名アラセツ行事」ツアー体験記【PR】
西南戦争ってどんな戦争だったの?九州南部全域を巻き込んだ、近代最後で最大の内乱
日本屈指の巨大天守閣は圧巻!白亜に輝く名城「島原城」を訪ねて
玄界灘を望む麗しき海城「唐津城」の歴史と見どころをご紹介!
島津義久の大将としての器とは?島津家を九州最強の戦国大名に押し上げた人物