【福岡観光】門司港レトロで港町めぐりと夜景を楽しむ日帰り旅行







100501:

撮影/Churako

船に乗り込みたいと思います。

奥にいらっしゃるのは船長の三木さん

100502:

撮影/Churako

「せっかくだから、どうぞ」とおそろいの帽子を渡されました(笑)

帽子は他にも数種類。
気分はすっかりキャプテン?(後方座席ですが)

100503:

撮影/Churako

そうこうしているうちに出港です!

海峡プラザの明かりが綺麗ですね。

100504:

撮影/Churako

門司税関の前を通り……

100505:

撮影/Churako

ブルーウィングもじの下をくぐります。

跳ね橋が定期的に開くのは昼間だけで、夜は閉まっているのです。

潮位の関係で出港できない場合があるのは、大潮だったりすると、この橋の下をくぐれないことがあるからなのですね。

とはいいつつ、この時もなんだかギリギリっぽい時間帯だったのですが……

100506:

撮影/Churako

少し沖へ出てきました。

プレミアホテル門司港が良く見えます。

プレミアホテル門司港は、旧称を門司港ホテルといい、

その建物をイタリアの建築家アルド・ロッシがデザインしたことでも有名です。

どことなく可愛く思える建物は、門司にいるサメをイメージして作られており、

左上の目を表現している丸い窓がある部屋がスイートルームだそう。

結婚式でも人気のホテルで、ここのレストランでプロポーズするカップルも多いとか。

ぜひいつか泊まりたいですね~(私はもちろん日帰り)

なんて思っていると……

100507:

撮影/Churako

急に花火が!

100508:

撮影/Churako

船長の三木さんによると、どうやら、プレミアホテルの披露宴のオプション(!)で打ち上げ花火があるそうです。

こんな近くで花火も見ることができて、嬉しいラッキーのおすそわけでしたね~!

100509:

撮影/Churako

関門海峡が近づいてきました。

関門海峡のライトアップは20:00からなので、まだ暗い感じです。

関門海峡花火大会の時はここから観覧できたら、まさに特等席ですね~!

100510:

撮影/Churako

対岸の下関の夜景。

船長の三木さんが「あちらが武蔵と小次郎が決闘した巌流島で……」と説明をしてくれるのですが、

真っ暗で見えません(笑)。

自然の景色を楽しみたい方は、サンセットクルーズまでに乗り込んだ方がいいかも。

100511:

撮影/Churako

20:00になり関門海峡がライトアップされました!

100512:

撮影/Churako

楽しかったクルーズもそろそろ終わりです。

(ミニクルーズなので約20分)

100513:

撮影/Churako

うわ、橋にこすりそうなくらいギリギリです……!

でも無事にくぐれました。

100514:

撮影/Churako

船着き場に到着。

海峡プラザをバックに(明かりがついていますが、閉店しています)

いや~クルーズは予想以上にめっちゃ楽しかったです!

実は船の苦手な私でも大丈夫だったので、ぜひ門司港レトロにいらした際にはミニクルーズしてみてくださいね~!

なお、関門汽船さんでは、ミニクルーズのほかにも、もっと夜景を堪能したい方向けに、

毎週土曜日の定期観光夜景クルーズ(1週間前までに要予約)も実施されています。

様々なプランがあるので、ぜひ門司港~下関観光をする際はプランニングへのご一考を!

個人的には巌流島にちょっと降り立ってみたくなりました。

門司港レトロクルーズの住所・アクセスや営業時間など

名称 門司港レトロクルーズ
住所 福岡県北九州市門司区港町5−1
営業時間・開場時間 11:00−日没後(土日は10:00から)
利用料金や入場料 大人800円 小人400円
参考サイト http://www.kanmon-kisen.co.jp/route/mojikou.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

門司港レトロクルーズのスポットページ

9-2.門司港レトロ展望室から夜景を楽しもう!

100515:9-2.門司港レトロ展望室から夜景を楽しもう!

撮影/Churako

門司港の夜景クルーズも終わり、今度は高いところから夜景を眺めようと、

門司港レトロ展望室(ハイマート門司港31F)に向かいましたよ!

100516:

撮影/Churako

昼間に買った切符の半券で再入場。

100517:

撮影/Churako

関門海峡方面







100518:

撮影/Churako

プレミアホテル門司港方面

100519:

撮影/Churako

実は他にも写真を撮りましたが、窓ガラスに反射してしまって映りがイマイチでした。

こんな感じになってしまいます~

でも夜景はとてもキレイだったので、ぜひ直接確かめに行ってみてください!

夜の入場は21:30まで

併設しているカフェ「AIR’S CAFÉ」は20:30がラストオーダーの目安です。

早目に展望台に登って、ビールなど飲みながら夜景もいいかもしれませんね。

門司港レトロ展望室の住所・アクセスや営業時間など

名称 門司港レトロ展望室
住所 福岡県北九州市門司区東港町1−32
営業時間・開場時間 10:00−21:30
利用料金や入場料 大人300円 子供150円
参考サイト http://www.mojiko.info/3kanko/spot_tenbow.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

門司港レトロ展望室のスポットページ

9-3.プレミアホテル門司港のバー「間(Tempoテンポ)」からも素敵な夜景が楽しめます!

100520:9-3.プレミアホテル門司港のバー「間(Tempoテンポ)」からも素敵な夜景が楽しめます!

撮影/Churako

さて、門司港レトロで、クルーズからも展望室からも夜景を楽しみましたが……

最後にお届けしたいのは「プレミアホテル門司港」からの夜景です。

100521:

撮影/Churako

アルド・ロッシが私を呼んでる!(呼んでない)という気持ちが高まる、

美しくライトアップされたブルーウィングもじ。

100522:

撮影/Churako

渡り切ったところ。

スイートルームの明かりがついていませんね……というか、あそこに泊まったら、ある意味(外の人から)注目の的ですよね。

カーテンとかどうなっているのだろう?とか思いつつ、反対側のエントランスに向かいます。

100523:

撮影/Churako

プレミアホテル門司港の正面入口に着きました。

照明がオレンジ色。

100524:

撮影/Churako

向かうのは、9階のバー「Tempoテンポ」です。

100525:

撮影/Churako

「間」と書いて「Tempoテンポ」と読ませる感性が素敵。

レトロな赤レンガの壁がシックな雰囲気の大人のバーですね。

100526:

撮影/Churako

内装も表のイメージを踏襲。

これは、大人デートの締めくくりにピッタリです(私は単身取材だけど……)

オープンは20:00という比較的遅めな時間。
まさに夜景を楽しむバーですね。

100527:

撮影/Churako

オーダーしたのがこちら。

Bar間(テンポ)オリジナルカクテル「海峡」

下からパッションフルーツ、グレープフルーツ、ポートワインという3層になった、美しい色合いのカクテルです

100528:

撮影/Churako

対岸の下関の夜景を窓から眺めながらいただきます。

フルーティですっきり。

さっぱりしたい夏の日にちょうど良いカクテルでした。

ちなみにここは食事メニューも充実していて、メニューには焼きカレーもありましたよ!

次回はぜひチャレンジしたいですね。

100529:

撮影/Churako

右奥にはブルーウィングもじ、奥には関門海峡大橋。

同じ夜景でもそれぞれ高さを変えて眺めると、違った趣がありますね……

Bar間(Tempo)は20:00~23:00ラストオーダー。

優雅なくつろぎ空間で、美しい夜景を眺めながら落ち着いてお酒が味わえます。

洗練された贅沢空間で、日中動き回った疲れもリフレッシュできましたよ。

100530:

撮影/Churako

このままプレミアホテル門司港に泊まりたい気持ちを胸に帰宅の途に。

門司港レトロの日帰り旅行も終了です。

Bar Tempoの住所・アクセスや営業時間など

名称 Bar Tempo
住所 福岡県北九州市門司区港町9-11 プレミアホテル門司港 9F
営業時間・開場時間 20:00−23:30
利用料金や入場料 オリジナルカクテル 1,300円〜 チャージ料500円
参考サイト http://premierhotel-group.com/mojikohotel/restaurant/tempo.php
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

Bar Tempoのスポットページ

イベントも盛りだくさん!1日中楽しめる門司港レトロへGO!

イベントも盛りだくさん!1日中楽しめる門司港レトロへGO!

image by PIXTA / 26531980

門司港を1日中観光してみましたが、いかがでしたか?

門司港レトロは、その美しい街並みを楽しむだけでなく、グルメ・ショッピングなども盛りだくさんです。

今回私は、まだまだ回り切れていない場所もあり、心残りもありました。

また、毎年8月13日の「関門海峡花火大会」をはじめとして、年間をとおして様々なイベントが催されています。

ぜひチェックしてみてください。

この旅行記が、皆様の旅行プラン計画の参考になれば幸いです。

photo by PIXTA

Writer:

東京から沖縄本島に移住して5年。現在は本島南部の南城市で、美しい海を見ながら愛猫たちとのんびり暮らしています。 メインは沖縄情報ですが、関東・関西・九州なども担当中。 取材とプライベートで食べ歩いた沖縄のお店の中から、さらにセレクトしたお気に入りをブログ にて紹介しています。記事とともに沖縄観光にお役立てください。 「ちゅらすき」で検索:https://churasuki.com/ 【禁煙店のみ】

この記事のカテゴリ

九州
国内
建築
旅行体験記
福岡県
絶景
街・都市

関連記事を見る

九州の記事を見る

長崎のお土産ランキング!全部食べて決めた、美味しい&センス抜群&定番のお土産TOP25
長崎市の観光スポット21選!実際に行って決めた編集部厳選スポットはここ
きっとまた行きたくなる!由布院温泉の成り立ちと歴史的スポット
豊臣秀吉も認めた名武将・鍋島直茂と「鍋島化け猫騒動」
「温泉」=「うんぜん」?!歴史ある良泉リゾート・雲仙温泉の魅力とは
雷を切って捨てた闘将・立花道雪、常に戦場にその姿あり「軍神」と称えられる
高橋紹運の忠義街道一直線。これぞサムライのあるべき姿!敵将にもその死を惜しまれた名将
【奄美大島】歌いながら屋根を倒す!? 450年の歴史を誇るディープなお祭り「秋名アラセツ行事」ツアー体験記【PR】
西南戦争ってどんな戦争だったの?九州南部全域を巻き込んだ、近代最後で最大の内乱
日本屈指の巨大天守閣は圧巻!白亜に輝く名城「島原城」を訪ねて
玄界灘を望む麗しき海城「唐津城」の歴史と見どころをご紹介!
島津義久の大将としての器とは?島津家を九州最強の戦国大名に押し上げた人物