秋の旅行に、夜景と紅葉を見に行こう!福岡「皿倉山」とともに訪れたいおすすめスポット5選

夏の暑さも過ぎ去り、旅行やレジャーにぴったりの気候となる秋。秋らしい風景と言えば、赤・黄・オレンジに染まる美しい紅葉ですね。また夜空に煌めく夜景も、テンションの上がる風景のひとつ。そんな紅葉と夜景が一緒に楽しめる、福岡「皿倉山」とともに訪れたいスポットを5選ご紹介します。

北九州一の夜景と紅葉を・皿倉山

北九州一の夜景と紅葉を・皿倉山

image by PIXTA / 8983160

標高622mの「皿倉山」から見られる夜景は、北九州を代表するパノラマ。
「新日本三大夜景」に選定されるほどで、「100億ドルの夜景」とも謳われています。
洞海湾一帯や小倉、関門海峡まで見渡すことが出来ます。
そんな「皿倉山」の紅葉のシーズンは11月上旬~11月下旬。
八幡駅からバスとケーブルカー、スロープカーに乗ってしばしの空中散歩をしながら、ライトアップされた紅葉を楽しむこともできますよ。
気軽に山頂までアクセスできるので、九州ナンバーワンの美しさをぜひ堪能してみてくださいね。

image by iStockphoto / 66801823

皿倉山の住所・アクセスや営業時間など

名称 皿倉山
住所 福岡県北九州市八幡東区大字尾倉
営業時間・開場時間 平日10:00 – 18:00, 土日祝10:00 – 22:00
利用料金や入場料 ケーブルカー・スロープカー往復通し券 大人1200円 小人600円
参考サイト http://www.sarakurayama-cablecar.co.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

皿倉山のスポットページ

宇宙を満喫・スペースワールド

宇宙を満喫・スペースワールド

image by PIXTA / 15561060

北九州市でアクティブな時間を過ごしたいなら、「スペースワールド」がおすすめです。
宇宙をコンセプトにしたテーマパークで、実物大スペースシャトルがランドマーク。
「スペワ」という愛称で親しまれています。
門司港に近く、また博多からのアクセスも良いので、地元の人だけでなく遠方からの観光客も多くなっています。
スリル満点の「ヴィーナスGP」や「タイタンMAX」をはじめ、キャラクターのショーや小さな子ども向けのアトラクションも豊富なので、ファミリーにもおすすめです。

image by iStockphoto / 44741540








スペースワールドの住所・アクセスや営業時間など

名称 スペースワールド
住所 北九州市八幡東区東田四丁目1番1号
営業時間・開場時間 平日10:00-17:00, 土日祝10:00-18:00(時期により異なる)
利用料金や入場料 大人1,570円 小学生780円
参考サイト http://www.spaceworld.co.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

スペースワールドのスポットページ

本州と九州を結ぶ・関門海峡

本州と九州を結ぶ・関門海峡

image by iStockphoto / 83392669

「関門海峡」は本州側の下関市と九州側の北九州市を隔てる海峡で、海上交通はもちろんのこと、「関門橋」や海底トンネルもつながっているため、本州と九州をアクセス良く結んでいます。
「関門橋」の両側にはパーキングエリアがあるので、昼間は美しい海、夜は橋のライトアップと両サイドの煌めく街並みが一望。
また11月いっぱいは周辺の紅葉も一緒に眺めることができますよ!

image by iStockphoto / 35236352

関門海峡の住所・アクセスや営業時間など

名称 関門海峡
住所 福岡県北九州市門司区
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.kanmon.gr.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

関門海峡のスポットページ

唐造りの天守・小倉城

唐造りの天守・小倉城

image by PIXTA / 22342582

「関門海峡」に面した小倉の街は、交通の要衝として古くから城がさまざま構えられた場所でした。
「小倉城」もそんな城のひとつで、その歴史は戦国時代末期の1569年にさかのぼります。
「小倉城」は唐造りの天守が特徴で、4階と5階の間に屋根の庇が無く5階が4階より大きくなっています。
城周辺は「勝山公園」として整備され、紅葉の見ごろは11月上旬~11月下旬。
ケヤキやハゼノキ、イチョウが美しく色づきます。
次のページでは『北九州唯一の花木公園・白野江植物公園』を掲載!
次のページを読む >>

Writer:

神戸生まれ神戸育ちの駆け出しデザイナーです。一眼レフを持って街歩きするのが趣味で、美味しいグルメの食べ歩きや日帰りプチ旅行などをしながら、関西のあちこちを散策しています。そんな経験を活かして、住み慣れた大好きな街・神戸の情報を中心に、有名スポットから地元民ならではの穴場スポットまで、関西一円の新しい魅力をご紹介できればと思います!

この記事のカテゴリ

九州
国内
福岡県
絶景
自然・絶景

関連記事を見る

九州の記事を見る

長崎のお土産ランキング!全部食べて決めた、美味しい&センス抜群&定番のお土産TOP25
長崎市の観光スポット21選!実際に行って決めた編集部厳選スポットはここ
きっとまた行きたくなる!由布院温泉の成り立ちと歴史的スポット
豊臣秀吉も認めた名武将・鍋島直茂と「鍋島化け猫騒動」
「温泉」=「うんぜん」?!歴史ある良泉リゾート・雲仙温泉の魅力とは
雷を切って捨てた闘将・立花道雪、常に戦場にその姿あり「軍神」と称えられる
高橋紹運の忠義街道一直線。これぞサムライのあるべき姿!敵将にもその死を惜しまれた名将
【奄美大島】歌いながら屋根を倒す!? 450年の歴史を誇るディープなお祭り「秋名アラセツ行事」ツアー体験記【PR】
西南戦争ってどんな戦争だったの?九州南部全域を巻き込んだ、近代最後で最大の内乱
日本屈指の巨大天守閣は圧巻!白亜に輝く名城「島原城」を訪ねて
玄界灘を望む麗しき海城「唐津城」の歴史と見どころをご紹介!
島津義久の大将としての器とは?島津家を九州最強の戦国大名に押し上げた人物