地元民が伝授!福岡県の観光完璧ガイド。博多だけじゃない魅力を網羅!

福岡は九州の玄関口。知っての通り、東海道・山陽新幹線、九州新幹線の始発駅でもあり、終着駅でもあります。福岡といえば、と言われても悩んでしまうくらい盛りだくさんです!福岡に住む者として、各地の観光情報をかき集めてご紹介していきます。

福岡県観光の前に知っておこう!

博多だけじゃない!福岡県の魅力と大まかなエリア

博多だけじゃない!福岡県の魅力と大まかなエリア

image by PIXTA / 3611145

 福岡県といえば一番有名なのはやっぱり博多・天神。
だけど見どころはもちろん博多だけではありません。
博多駅を起点として福岡のいろいろな場所へ行けてしまいます。

 博多から北東方面に向かうとそこは「北九州地域」です。
JRの快速電車に乗れば1時間10分で到着します。
門司港レトロ地区や名城小倉城、松本清張記念館などの観光スポットが目白押し。
もちろんグルメスポットもたくさんありますが、それだけではなく北九州というのは博物館から平尾台(カルスト台地)の観光洞まで実に多種多様なんですよ。

 北九州から南に行くと、そこは「筑豊地域」といいます。
この辺りは福岡県の中部内陸地域で、明治時代の頃からは炭鉱の町として一時代を築いたエリアです。
田川市石炭記念公園には竪坑遺跡、遠賀川河川敷には約13万本のチューリップが咲きます。
また、陶芸ファンにはたまらない上野焼(あがのやき)の窯元もこの地域にのものです。







 筑豊地域の西側にあるのが「福岡地域」です。
ここは福岡の中心である博多・天神エリアはもちろんのこと、少し足を伸ばすと糸島市のサンセットロードや、神話の時代から連綿と続く宗像市(宗像大社)と沖ノ島(一般人は許可なく入れません)、なども隣接しています。

 さらに福岡天神から西鉄に乗ると約20分で太宰府に到着します。
太宰府市には菅原道真公をお祀りした太宰府天満宮や国内4番目に作られた九州国立博物館もあります。
太宰府天満宮参道には名物の梅ヶ枝餅がたくさんの店で販売されており、これも人気のお土産です。

 福岡地域の南には「筑後地域」が広がっています。
この地域に入る久留米はブリヂストンのお膝元。
久留米市には石橋美術館や久留米百年公園、柳川市だったら水郷柳川の川下りが楽しめますし、柳川のうなぎは全国的に有名ですね。
また八女市は、福岡のお茶の産地としても知られています。

次のページでは『福岡県へのアクセスは「福岡空港」が本当に便利』を掲載!
次のページを読む >>