地元民が選ぶ!糸島観光で絶対食べてほしいグルメスポット30選

糸島にはグルメスポットが数多く存在します。その中から糸島在住の私が選ぶ、糸島のグルメスポットを選んでみました。順位づけはしていますが、あくまで私の主観によるものですので、参考までということでご理解ください。

なお、福岡で「糸島」という場合、糸島市をさすのはもちろんのことですが、糸島半島の1/3程度は福岡市となっていますので、ここでご紹介する糸島には福岡市も含まれます。

第30位 カウンターで食べる天ぷら「えびす食堂」

えびす食堂はJR筑肥線波多江駅から歩いてすぐの、国道202号線(旧道)沿いにあります。
気軽に天ぷらが食べられる店で、入り口の券売機でチケットを買って入店してください。
カウンター席に着くと早速天ぷらが運ばれてきますが、全部まとめて来るのではなく1種類ずつ揚がるごとに運んできてくれます。
また、イカの塩辛や白菜の漬物なども取り放題です。
手軽に食事を済ませたいときなどはオススメの食堂ですよ。

天ぷら えびす食堂 波多江店の住所・アクセスや営業時間など

名称 天ぷら えびす食堂 波多江店
住所 福岡県糸島市波多江駅北4丁目1−8
営業時間・開場時間 11:00〜22:00
利用料金や入場料 えびす定食 640円〜
参考サイト https://tabelog.com/fukuoka/A4009/A400901/40021009/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

天ぷら えびす食堂 波多江店のスポットページ

第29位 トレーラーハウスベースのカフェ「ビストロアンドカフェ タイム」

糸島のビーチサイドレストランの中でも一番海に近い店かもしれません。
なんせ、店を出たらすぐ目の前が浜辺なんですから。
ウッドデッキが目を引きますがそれだけではなく、お店の中もおしゃれです。
ランチは肉と魚のチョイスですね。
こんなにオシャレで素敵な場所でランチなんて癒されますよね。

ビストロアンドカフェ タイム (Bistro&Cafe TIME)の住所・アクセスや営業時間など

名称 ビストロアンドカフェ タイム (Bistro&Cafe TIME)
住所 福岡県糸島市志摩桜井字大口4423-7
営業時間・開場時間 8:00〜10:30, 11:00〜15:30, cafe:16:00〜sunset 木曜定休
利用料金や入場料 今週のLunch 1,000円〜
参考サイト https://www.facebook.com/BistroCafe-TIME-1421758748094160/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ビストロアンドカフェ タイム (Bistro&Cafe TIME)のスポットページ

第28位 指でつまめる黄身「つまんでご卵」

自然に放された環境で育てられた鶏、そこから生まれた卵は摘むことができます。
このような健康な卵には農薬が残留することはなく、有害な菌が発生する心配もないんだとか。
そんな健康で美味しい卵を使ってできたロールケーキやプリンもまた抜群においしいのは間違いありません。

ロールケーキはふわふわで甘さは控えめ。
しかも食べ応えもしっかりあって食べやすい美味しいケーキです。
またここにはにぎやかな春という直売所があり、写真のようなつまんでご卵の卵かけご飯を食べることができます。
濃厚な卵を使った卵かけご飯、ずずっとかきこむ朝ごはんなんてどうですか?

つまんでご卵直売店 にぎやかな春の住所・アクセスや営業時間など

名称 つまんでご卵直売店 にぎやかな春
住所 福岡県糸島市志摩桜井4767
営業時間・開場時間 9:30〜17:00
利用料金や入場料 卵かけご飯 230円
参考サイト http://natural-egg.co.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

つまんでご卵直売店 にぎやかな春のスポットページ

第27位 糸島の自然を満喫できるCafe&Gallery「Pinot Gris(ピノグリ)」

Pinot Grisは桜井神社からもそれほど遠くないエリアの、丘の中腹にあります。
九大から二見ヶ浦方向へと向かう道路から細い農道を上がっていくとやがて見えてくる、白い壁にオレンジ色の屋根の洋館がPinot Grisなのですね。

グリーンカレーやチャバッタサンド(ゾウリの形をしたパンのサンド)などもオススメメニューですが、写真のようなケーキプレートチョコレートはじめとしたパフェも充実の品揃え。
スィーツに目がないあなたならゼッタイここは外せない!

Pinot Gris(ピノグリ)の住所・アクセスや営業時間など

名称 Pinot Gris(ピノグリ)
住所 福岡県糸島市志摩桜井1052
営業時間・開場時間 11:00~18:00 木曜定休
利用料金や入場料 チャバッタサンド 1,000円
参考サイト http://pinot-gris.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

Pinot Gris(ピノグリ)のスポットページ

第26位 来るたびに違うカレーに出会える店「旅人カレー」

糸島はカレーもいいですね。
旅人カレーはちょっと面白いですよ。
10種類以上あるカレーメニューの中からオーナーさんの気分で毎日4種類を提供するというシステム。
美味しそうでしょう?見てるだけでお腹が減ってきてしまいました。

場所はJR筑肥線筑前前原駅前の通りを西の方角へ約10分歩いてください。
木製の看板が出ていますからわかると思いますよ。
ただ、激辛の辛いタイプのカレーではないので、辛いカレーでなきゃ絶対物足りないという方は別のお店を探したほうがいいかも?

旅人カレーの住所・アクセスや営業時間など

名称 旅人カレー
住所 福岡県糸島市前原西1-15-18
営業時間・開場時間 11:30〜21:00 木曜定休
利用料金や入場料 カレー各種 900円〜
参考サイト http://tabibitocurry.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

旅人カレーのスポットページ

第25位 丘の上の青いカフェ「cafe食堂ノール」

ご夫婦お二人でやっているこぢんまりとした可愛いお店です。
店は二丈深江の丘の上にあり、窓の外には田畑が望めてとてものどかで気持ちがいいお店ですよ。
遠くには、玄界灘に浮かぶ小島も見えたりします。
ランチプレートやパン詰めグラタンも美味しいんですが、ここの店ではカレーライスもとっても美味。
人気も高いようですよ。
ランチプレートは限定とのことなので、早めのGETをオススメします。







cafe食堂ノールの住所・アクセスや営業時間など

名称 cafe食堂ノール
住所 福岡県糸島市二丈深江2575-6
営業時間・開場時間 11:00〜18:00 金曜定休
利用料金や入場料 ランチプレート 1,250円
参考サイト http://www.nord2013.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

cafe食堂ノールのスポットページ

第24位 糸島の隠れ家「そばきり桜花」

糸島の隠れ家的な風情を味わいたいならばここがオススメです。
国産のそば粉にこだわった手打ちそばのお店がそばきり桜花。
静かな環境の中で味わうお蕎麦はまた格別ですよ。
ここでは、基本的には二八蕎麦が、そして週末には十割蕎麦や変わり蕎麦を味わうことができます。

福岡ではあまり蕎麦のイメージはないかもしれませんが、ここは本格的な美味しい蕎麦を食べることができます。
交通の便は少し不便なので、行くならばやはり車で行くことをお薦めします。

そばきり桜花の住所・アクセスや営業時間など

名称 そばきり桜花
住所 福岡県糸島市志摩桜井5478
営業時間・開場時間 11:00~20:30(11月〜3月は18:30まで) 金曜定休
利用料金や入場料 せいろ 780円〜
参考サイト http://ouka.on.omisenomikata.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

そばきり桜花のスポットページ

第23位 海沿い和風建築のタイ料理店「ドゥワンチャン」

やっぱり糸島は海ですね。
糸島市二丈深江のタイ料理レストランですよ。
ここのテラスからだと、ちょうど日が落ちる様子が見えるベストポジションだと思います。
外見はタイ料理店らしからぬ、どちらかというと日本の茶店のようなイメージ。
しかも、目の前の道路から奥の方にお店が配置されているので、行くときはよく注意して探してくださいね。

料理はどうやら日本人の味覚に合わせているようで、辛いのはちょっと、という人でも美味しくいただけますよ。
グリーンカレーや生春巻き、空芯菜の炒め物などなど、タイ人シェフが作るタイの本格料理を海の景色と一緒に召し上がれ。

ドゥワンチャンの住所・アクセスや営業時間など

名称 ドゥワンチャン
住所 福岡県糸島市二丈深江2129-18
営業時間・開場時間 11:00〜14:30, 17:00〜20:00(土日は通し営業) 水曜定休
利用料金や入場料 グリーンカレー 1,080円
参考サイト http://ouka.on.omisenomikata.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ドゥワンチャンのスポットページ

第22位 糸島の古民家カフェ「ラスティック・バーン」

NHKローカルドラマのロケ地にもなった店がラスティック・バーン。
田園風景が広がる糸島の中ほどのところにある小さなお店です。
古いビートルの頭の部分が見えていて、そこにラスティック・バーンの看板がかかっています。
でも派手な看板ではないので、見落とさないでくださいね。

駐車場から店に入ると本当に古民家風なんです。
古民家風というか、本当の住宅(?)と思ってしまうほど。
田舎の実家に帰ってきたようなのんびりした空気が流れる糸島の隠れ家。
他の人には教えたくない、という人が続出しています。

ラスティック・バーンの住所・アクセスや営業時間など

名称 ラスティック・バーン
住所 福岡県糸島市志摩桜井5618
営業時間・開場時間 12:00〜19:00 火曜定休
利用料金や入場料 Curry PLATE 1,000円
参考サイト http://rusticbarn.info/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ラスティック・バーンのスポットページ

第21位 夫婦岩が目の前の店「レストラン二見ヶ浦」

赤い瓦屋根の可愛いお店、レストラン二見ヶ浦。
糸島・志摩の夫婦岩を目の前にしながら食事をするならここしかありませんよ。
もちろん、沈む夕日の美しさは言うまでもありません。
海鮮パスタやホットサンドなどが人気が高く美味しいけれど、とりのサラダとカニクリームコロッケのワンプレートも捨てがたい人気のメニューです。

シェフ自ら毎朝買い付けに行くという、糸島産の美味しい野菜も是非食べて見てくださいね。

レストラン二見ヶ浦の住所・アクセスや営業時間など

名称 レストラン二見ヶ浦
住所 福岡県糸島市志摩桜井3777
営業時間・開場時間 11:00〜18:00 (金曜は15:00まで) 月曜定休
利用料金や入場料 とりのサラダとカニクリームコロッケのワンプレート 1,280円
参考サイト http://futamigaura-restaurant.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

レストラン二見ヶ浦のスポットページ

第20位 アグリツーリズモのイタリア料理と宿「アッカプントエッフェ」

アッカプントエッフェは自然環境に優しくをテーマにしたアグリツーリズモ(農家民泊と類義)として糸島に誕生しました。
水や小麦粉、卵、牛乳その他にも全て顔が見える食材にこだわる徹底ぶりです。

糸島市に移転する前は福岡市中央区という福岡の中心地にイタリアンレストランをされていたそうですが、素材へのこだわりが糸島への移転へと繋がったのでしょうか。
店内はシックな作りで、料理もアラカルトからコース料理までとても多彩な構成になっています。

アッカプントエッフェの住所・アクセスや営業時間など

名称 アッカプントエッフェ
住所 福岡県糸島市二丈吉井389-1
営業時間・開場時間 11:45〜16:00, 17:30〜22:00
利用料金や入場料 コース 2,000円〜
参考サイト http://www.akka-punto-effe.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

アッカプントエッフェのスポットページ

第19位 今宿の隠れ家イタリアン「ディマーレ」

ディマーレは、広くいえば糸島エリアなのですが、住所としては福岡市西区になります。
赤い壁の建物が南欧のイメージを醸し出しています。
店内は少し照明を落とした中にも随所に縦長の窓が配置されており、外からの光が差し込んできます。

ディマーレのメニューは全てコース料理。
シェフのお任せ料理になっています。
また魚の料理には自信を持っているようで、地産の野菜と合わせて旬の料理を美味しく食べてほしいというお店の意気込みが感じられます。

次のページでは『第18位 海鮮丼が大人気「塚本鮮魚店」』を掲載!
次のページを読む >>