砂蒸し風呂で有名な「指宿温泉」と周辺の歴史的観光スポット

鹿児島県は桜島のある錦江湾をはさんで西に薩摩半島と東に大隅半島が、大きなカニのはさみのようになっています。その薩摩半島の最南端にあるのが指宿(いぶすき)温泉。JR指宿駅へは鹿児島中央駅から指宿枕崎線で1時間弱。鹿児島空港からはバスで1時間40分。指宿市内にある温泉を指宿温泉として総称していますが、砂むし風呂や露天風呂、それに共同浴場や足湯もたくさんありますね。浜辺の砂むし風呂と露天風呂は「絶景」という形容詞が付けたくなりますね。


指宿市内の温泉を巡ってみることにしましょう

指宿市内の温泉を巡ってみることにしましょう

image by PIXTA / 28848680

温泉旅行の醍醐味は、ホテルや旅館の中にある温泉のほか、街を歩いて露天風呂や共同浴場で地元の人たちの会話を聞きながら温泉浴が楽しめることです。
とくに鹿児島県は、江戸時代に「薩摩飛脚」という言葉を生んだ独特の薩摩弁。
幕府は各地に隠密を派遣していたのですが、薩摩に送られた隠密たちはその薩摩弁がしゃべれないためすぐに隠密だとバレてしまい、江戸を出てから二度と江戸には戻ってこられない「薩摩飛脚」となったのですね。

指宿温泉の名物はなんといっても砂むし風呂!

指宿温泉の名物はなんといっても砂むし風呂!

image by PIXTA / 9761015

指宿温泉といえば砂むし風呂があまりにも有名で、ほかの温泉にはあまり見られないものです。
指宿には源泉がなんと500カ所もあり、1日あたりなんと12万トンもの温泉が湧いているとのこと。
指宿市内にはいくつも温泉街があり、それらを総称して指宿温泉と呼んでいますが、砂むし風呂のあるのは指宿駅南東の錦江湾の海岸にある摺が浜温泉。

1kmほどの砂浜は地下の温泉で温められていて、温泉のお湯につかる温泉浴ではなく砂の中に体を埋めるのですね。
江戸時代からこの砂むし風呂は知られていたようで、薩摩藩主の島津義久の殿様風呂もあったとか。
海水浴と砂むし風呂を同時に楽しめますが、海岸に立ち並んだ旅館のほか、公営の砂むし会館「砂楽」では雨の日も砂むし風呂に入れます。
砂の中にサツマイモや卵を埋めておけばふかし芋とゆで卵も食べられるという次第。

殿様気分を味わうには二月田(にがつでん)温泉が良いでしょう

砂むし風呂のある摺が浜温泉以外にも指宿駅の周辺にはいろいろ温泉があります。
一見すると民家のような弥次ヶ湯の共同浴場。
十返舎一九の『東海道中膝栗毛』に弥次さんと喜多さんのコンビが出てきますが、その弥次さんと同じ名前の人が水田の中に見つけたというのがこの弥次ヶ湯温泉。
江戸時代から庶民に親しまれていたということですね。
また、砂むし会館から若宮神社への道は「子宝ロード」と呼ばれていますが、その途中にいぶすき元湯温泉があります。
温泉は不妊症の治療にも効果があるということでしょうか。

庶民の温泉を離れて、JR線で少し鹿児島方面に戻り二月田駅まで行くと二月田温泉があり、ここには殿様湯という共同浴場があるのですよ。
現在は共同浴場ですが、1831年にその時の島津公がここに専用の湯船を作らせたとのこと。
今でも浴場の裏には当時の敷石や湯船、それにタイルまでが残っていますね。
タイルを使ったとはさすがに幕末をリードした島津公。
湯船には「丸に十文字」の島津家の家紋が入っていますよ。
またここの温泉水は飲むこともできるので、そのための施設もありますね。

絶景露天風呂からは薩摩富士と呼ばれる開聞岳が見えます

絶景露天風呂からは薩摩富士と呼ばれる開聞岳が見えます

image by PIXTA / 27234740

砂むし風呂は海に面していますが、その海は錦江湾です。
やはり雄大な海原の風景ということになると、JR線で指宿駅を越えて山川駅まで行き、そこからバスかタクシーで南の海岸にまで行くべきですね。
薩摩半島の最南端からは南シナ海が見えるとともに、薩摩半島の南西の頂点にある開聞岳も見えます。
富士山をかなり小さくしたような開聞岳と東シナ海とのコラボが楽しめる露天風呂として、絶景露天風呂と呼ばれるヘルシーランド露天風呂「たまて箱温泉」が最高。

また、ここにも指宿温泉名物の砂むし風呂があり、摺が浜温泉に対して山川砂むし温泉と呼ばれているのですよ。
ところで、薩摩富士と呼ばれる開聞岳を眺めることのできる露天風呂が「たまて箱温泉」と名づけられているのには理由があります。
それは、龍宮城に招待されて楽しい思いをしたあと帰ってきた浦島太郎が、乙姫に手渡されたたまて箱を開けたのがどうやらこの砂浜。
もちろんこの浦島伝説は日本の各地にありますけれど。

鰻湖も面白いし錦江湾の知林ヶ島(ちりんがしま)も面白い

鰻湖も面白いし錦江湾の知林ヶ島(ちりんがしま)も面白い

image by PIXTA / 28650716

山川駅から海とは反対の方向に行くと鰻湖があり、その湖畔に鰻温泉があります。
交通の便は悪いのですが、その分だけいわゆる田舎の雰囲気を楽しむことができますよ。
鰻池は直径1.3キロメートルの火口湖で、昔はここで大きなウナギが捕れたことからその名が付けられたということですね。
鰻湖そのものは火山の噴火口だったわけですが、周辺は火山の溶岩でできているのであちこちすき間だらけ。
その溶岩のすき間は先祖の霊などがあの世とこの世とを行き交うことのできる場所ということで、鰻地蔵堂はその供養のためのもの。
ひなびた鰻温泉には混浴露天風呂もありますよ。

鰻湖とは方角が違うのですが、池田湖に行く前にもう一度錦江湾の砂浜に戻ってみましょう。
そこには知林ヶ島という無人島があります。
砂浜というものは、波によって砂が運び去られる一方で、波が浜に砂を運んでくることでできています。
知林ヶ島と指宿の海岸との間の海の底には、ふだんは見ることのできない大量の砂が埋もれていて、3月から10月にかけての干潮のときに800メートルの長さの砂の道が出現することがあるのですね。
しかしまあ、それを見ることができるのはよほどラッキーなことかもしれませんね。

池田湖にはイッシーという巨大生物がいるとのことです

池田湖にはイッシーという巨大生物がいるとのことです

image by PIXTA / 14281668

鰻湖の近くには鰻湖の何倍も大きな池田湖があります。
周囲15キロメートルのカルデラ湖で、カルデラ湖としては九州最大。
カルデラというのは火山の頂上が爆発によって吹き飛んだあとに陥没してできた窪みのこと。
阿蘇山のカルデラは池田湖とは比較にならないほど巨大ですが、湖にはなっていませんね。
火山の噴火でできた湖ですから湖の色は美しい藍色。
さらに池田湖からは、南にある開聞岳を眺めることができるのですよ。

鰻湖よりずっと大きい池田湖には、体長がなんと2メートルで太さが50センチメートルもある巨大なウナギが生息しています。
池田湖こそ巨大鰻湖とでも呼べそうですが、実は池田湖にはイッシーと呼ばれる正体不明の巨大生物がいると言われているのですね。
イギリスのネス湖にはネッシーと呼ばれる恐竜の生き残りのような生物が何枚もの写真に撮影されていますが、池田湖の巨大生物はイッシー。
日本各地の伝説に鰻が長老に化けて現れるというものがありますが、2メートルよりさらに大きなウナギがいても不思議ではありませんが。

周囲をほとんど海に囲まれた開聞岳も指宿市内にあります

周囲をほとんど海に囲まれた開聞岳も指宿市内にあります

image by PIXTA / 33054126

池田湖の南に富士山と同じ成層火山である開聞岳があります。
薩摩半島の最南端にあり、周囲の大部分が海に囲まれた標高924メートルの山。
成層火山というのは何度も火山が噴火してその溶岩や火山灰などが積み重なってできた火山。
円錐形をしているのでどこから眺めてもほとんど同じ姿をしているのが特徴。
池田湖から開聞岳に向かう途中に玉乃井という古い井戸があり、日本最古の井戸と言われています。
高千穂峰に天孫降臨した瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)の子である彦火火出見尊(ヒコホホデミノミコト)の妻の豊玉姫が毎日ここで水をくんだとか。

もう少し行くと枚聞(ひらきき)神社がありますが、なんとこれが薩摩国一の宮。
開聞岳のちょうど真下にあり、ご神体は開聞岳ということですね。
また山麓には「かいもん山麓ふれ合い公園」がありキャンプなども楽しめますよ。
3,776メートルの富士山に比べたらずっと低い薩摩富士ではありますが、頂上まで登って降りてくるにはそれなりの装備をするとともに、6時間くらいは所要時間を考えておく必要がありますね。
鏡池にはちょうど河口湖に映る「逆さ富士」のような逆さまの開聞岳が美しいですね。

Writer:

Piaristenというのは、教育を主体とする修道会のことで、あちにちにそれが運営する教会や学校があり、ウィーンに住んでいたとき、うちの子どもが八区にあるピアリステン小学校に通いました。専門はオーストリア文学ですが、私の研究している劇作家もここのギムナジウムを卒業し、壁には彼のレリーフが飾ってあります。

この記事のカテゴリ

九州
国内
歴史
絶景
鹿児島県

関連記事を見る

九州の記事を見る

「温泉」=「うんぜん」?!歴史ある良泉リゾート・雲仙温泉の魅力とは
雷を切って捨てた闘将・立花道雪、常に戦場にその姿あり「軍神」と称えられる
高橋紹運の忠義街道一直線。これぞサムライのあるべき姿!敵将にもその死を惜しまれた名将
【奄美大島】歌いながら屋根を倒す!? 450年の歴史を誇るディープなお祭り「秋名アラセツ行事」ツアー体験記【PR】
西南戦争ってどんな戦争だったの?九州南部全域を巻き込んだ、近代最後で最大の内乱
日本屈指の巨大天守閣は圧巻!白亜に輝く名城「島原城」を訪ねて
玄界灘を望む麗しき海城「唐津城」の歴史と見どころをご紹介!
佐賀観光で巡るべき歴史的スポット10選
島津義久の大将としての器とは?島津家を九州最強の戦国大名に押し上げた人物
”日本三大美肌の湯”嬉野温泉でゆったりほっこり歴史散歩
熊本旅行で絶対行きたい歴史的おすすめスポット8選
観光前に知りたい!名軍師・黒田勘兵衛が築いた「福岡城」の歴史と見どころ