熊本に行ったら訪れたい! パワースポット決定版22選

日本全国に存在し、今や旅行の定番観光地に挙げられることもあるパワースポット。そんなパワースポットは土地によってさまざまな形があり、自然が造り上げた絶景や歴史的寺院など、行く先々で見るものを感動させてくれます。今回はそんな日本のパワースポットから、熊本にあるパワースポットについて見てみましょう。

馬刺しや阿蘇山などが名物・熊本

馬刺しや阿蘇山などが名物・熊本

image by iStockphoto

熊本の名物と言えばダイナミックな雰囲気の「阿蘇山」や日本屈指の温泉地「黒川温泉」、グルメでは馬刺し、ゆるキャラ「くまモン」の存在でも有名に。
現在は2016年に発生した地震からの復興のため、さまざまな復興支援が行われています。

熊本で最も有名なパワースポット「阿蘇神社」

JR宮地駅からバスで5分・阿蘇神社は、熊本で最も有名と言われるパワースポット。
境内にある「願掛け石」と「高砂の松」がパワースポットで、前者は3回撫でながら願い事を唱えると願いが叶う、後者は松の周辺を2度回って祈ると良縁に恵まれるというもの。
松を回る際は男女で方向が違っており、男性は左、女性は右から回るようになっているとのことでご注意を。

樹齢2000年のご神木が残る「国造神社」

宮地駅からバスで25分の場所にある「国造神社」は崇神天皇18年創建と伝わる神社で、熊本を代表するパワースポットの1つ。
この神社は阿蘇山からの気を受けているとされ、悪い運気を振り払い心に光をもたらすと言われています。
大きな杉の木は樹齢2000年とも言われるご神木「手野の大杉」であり、そこから生命力の強さを感じるのも良いでしょう。

金運を報奨させる白蛇が住む「蛇石神社」

赤水駅前バス停から徒歩約18 分の阿蘇市赤水にある蛇石神社。
国道57号沿いの「あかみず阿蘇西ふれあい市場」の近くにある小さな神社で、「蛇石」はこの神社の御神体となっている巨大な石。
上下2つに分かれた裂け目には時々姿を見せる蛇が住んでおり、人々に金運上昇のご利益を授けるとされています。
宝くじ当選などを狙いたいときに訪れては。






子授かり・安産の守り神「乙姫子安河原観音」

乙姫子安河原観音様は、九州産交バス「乙姫ペンション村入口」バス停から徒歩約16 分の場所にある神社。
約1500年前の時代から長く「子授かり・安産」の守り神として崇められており、子宝に恵まれたい人はここで川石を持ち帰り股に挟むと良いという話が存在します。
そのことから難産で悩む人々が遠方からやってくるとのこと。

美しさと金運上昇で有名「鍋ヶ滝」

大分自動車道・九重ICより約45分の場所にある鍋ヶ滝は落差約10m、幅約20mの「裏見の滝(滝の裏側に回ることができる)」の代表例とされる滝。
流れの美しさから「水のカーテン」と呼ばれることもあり、飲料品メーカーのテレビCMロケ地として使用されたことでも有名。
宝くじを買う前にここへ願掛けに来た人が当選したという話もあり、金運上昇スポットとして訪れる人もいるとされています。

幅広いご利益が話題に「阿蘇白水龍神權現」

3体の白蛇が祀られているのか、産交バス「ゆうステーション」近くの阿蘇白水龍神權現(あそはくすいりゅうじんごんげん)。
3体の白蛇は全てこの地から発見されたもので、そこから寺院の名前がつけられたとされています。
ご利益は金運や子宝、病気平癒、合格祈願、商売繁盛と幅広く、テレビ番組で取り上げられたことも。
次のページでは『どのような困難にも打ち勝てる「上色見熊野座神社」』を掲載!
次のページを読む >>