美しい花火の思い出と共に!宮崎「みやざき納涼花火大会」周辺の厳選スポット6選

「みやざき納涼花火大会」が開催される宮崎市は、九州のリゾートといったイメージ。南国の雰囲気が感じられるスポットがさまざまです。今回は、「みやざき納涼花火大会」とともに楽しみたい、魅力的なスポットを6選紹介します。

眩しいほどのナイアガラ・みやざき納涼花火大会

眩しいほどのナイアガラ・みやざき納涼花火大会

image by iStockphoto / 100586913

70年近い歴史を誇る「みやざき納涼花火大会」では、スターマインや仕掛け花火など、バリエーション豊かな花火が打ち上がります。
打ち上げ数は約1万発、人出は約15万5000人。
多くの見物客の目を楽しませています。
中でも一番のポイントは、大淀川に仕掛けられたナイアガラ。
フィナーレを飾る壮大なもので、会場と打ち上げ場所が近いため、視界いっぱいにきらめきが広がります。
花火の前に披露される太鼓やダンスも賑やかですよ。

みやざき納涼花火大会の住所・アクセスや営業時間など

名称 みやざき納涼花火大会
住所 宮崎市鶴島大淀川河畔
営業時間・開場時間 17:30~
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.miyazaki-cci.or.jp/miyazaki/seminar_event/event/hanabitaikai/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

みやざき納涼花火大会のスポットページ

天皇ゆかりの神社・宮崎神宮

天皇ゆかりの神社・宮崎神宮

image by PIXTA / 16101031

初代天皇の神武天皇を祀っている「宮崎神宮」。
流れ造りの社殿には狭野杉が使われており、清楚で厳かな雰囲気が漂います。
秋には「神武さま」という愛称で地元の人々に親しまれている「宮崎神宮大祭」が開催。
神宮から宮崎市街へ神幸行列が進みます。
その様子はまるで歴史絵巻のよう。
また神宮の森の中には「埋蔵文化財センター」や「県総合博物館」もあるので、一緒に散策するのもおすすめです。

宮崎神宮の住所・アクセスや営業時間など

名称 宮崎神宮
住所 宮崎県宮崎市神宮2丁目4-1
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://miyazakijingu.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

宮崎神宮のスポットページ

名物鬼の洗濯岩・青島

名物鬼の洗濯岩・青島

image by iStockphoto / 61668152

4000本以上のビロウ樹や、約200種の亜熱帯植物が生い茂る小さな島で、「鬼の洗濯岩」と呼ばれる海岸線に囲まれています。
島の中央には「青島神社」が鎮座し、その歴史はなんと約1200年前にもさかのぼるのだとか。
プロ野球チームが必勝祈願に訪れることでも知られています。
夏には海水浴客も多く訪れ、活気あふれる声が響きます。

image by iStockphoto / 63981667








鬼の洗濯板の住所・アクセスや営業時間など

名称 鬼の洗濯板
住所 宮崎県宮崎市青島
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.miyazaki-city.tourism.or.jp/tourism/spot/11.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

鬼の洗濯板のスポットページ

太平洋が一望・堀切峠

太平洋が一望・堀切峠

image by PIXTA / 23378679

宮崎市内を海岸線に沿って南下したところにある、宮崎でも有数の景勝地です。
少し高台に位置しているため展望台からは太平洋が一望。
潮風を感じながら雄大な風景が見られます。
また「道の駅フェニックス」もすぐそばにあるので、ドライブやツーリングに疲れたら休憩にも便利に使えます。
「明日葉ソフト」や「エビソフト」といった変わったソフトクリームが名物。
ぜひ挑戦してみましょう。

image by iStockphoto / 7609994

堀切峠の住所・アクセスや営業時間など

名称 堀切峠
住所 宮崎県宮崎市大字折生迫
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.walkerplus.com/spot/ar1045s30157/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

堀切峠のスポットページ

美しい花の楽園・フローランテ宮崎

美しい花の楽園・フローランテ宮崎

image by PIXTA / 9547026

「フローランテ宮崎」は、市民や観光客が花のある生活が楽しめるよう整備された都市緑化植物園で、季節ごとの美しい花々や庭園が楽しめます。
春は「みやざきフラワーフェスタ」のメイン会場として賑わいを見せるほか、冬は幻想的なライトアップも。
色とりどりの花に囲まれたロマンチックな雰囲気です。
レストランやショップもあるので、目でも舌でも南国情緒が堪能できますね。
次のページでは『マイナスイオンに癒されて・高千穂峡』を掲載!
次のページを読む >>

Writer:

神戸生まれ神戸育ちの駆け出しデザイナーです。一眼レフを持って街歩きするのが趣味で、美味しいグルメの食べ歩きや日帰りプチ旅行などをしながら、関西のあちこちを散策しています。そんな経験を活かして、住み慣れた大好きな街・神戸の情報を中心に、有名スポットから地元民ならではの穴場スポットまで、関西一円の新しい魅力をご紹介できればと思います!

この記事のカテゴリ

九州
国内
宮崎県
絶景
自然・絶景

関連記事を見る

九州の記事を見る

長崎のお土産ランキング!全部食べて決めた、美味しい&センス抜群&定番のお土産TOP25
長崎市の観光スポット21選!実際に行って決めた編集部厳選スポットはここ
きっとまた行きたくなる!由布院温泉の成り立ちと歴史的スポット
豊臣秀吉も認めた名武将・鍋島直茂と「鍋島化け猫騒動」
「温泉」=「うんぜん」?!歴史ある良泉リゾート・雲仙温泉の魅力とは
雷を切って捨てた闘将・立花道雪、常に戦場にその姿あり「軍神」と称えられる
高橋紹運の忠義街道一直線。これぞサムライのあるべき姿!敵将にもその死を惜しまれた名将
【奄美大島】歌いながら屋根を倒す!? 450年の歴史を誇るディープなお祭り「秋名アラセツ行事」ツアー体験記【PR】
西南戦争ってどんな戦争だったの?九州南部全域を巻き込んだ、近代最後で最大の内乱
日本屈指の巨大天守閣は圧巻!白亜に輝く名城「島原城」を訪ねて
玄界灘を望む麗しき海城「唐津城」の歴史と見どころをご紹介!
島津義久の大将としての器とは?島津家を九州最強の戦国大名に押し上げた人物