バラエティー豊かな観光スポット!宮崎県のおすすめパワースポット20選

海と山に囲まれた、自然豊かな宮崎県は「天孫降臨」の地として有名で、神話や伝説深い結びつきのある場所です。そんな宮崎には、パワースポットと呼ばれる神秘的な場所が数多く存在します!今回は、訪れると身も心も清められる宮崎県のおすすめパワースポットをご紹介します。

バラエティー豊かな観光スポット『宮崎県』

バラエティー豊かな観光スポット『宮崎県』

image by iStockphoto / 77554279

宮崎県には、太陽をいっぱい浴びて育ったフルーツ、良質な宮崎牛などの絶品グルメがあります。
また、高千穂など大自然が生んだ絶景スポットも非常に有名です。
さらに、レジャーに持って来いの海水浴場や、スポーツ観戦などバラエティー豊かな観光地がたくさんあり、家族連れやカップル、友達同士での旅行にぴったりの県となっています。

願いが叶う”亀石”にチャレンジしたい『鵜戸神宮』

鵜戸崎岬の端、太平洋に面した洞窟の中に祀られている『鵜戸神宮』は、地元の人々からは「鵜戸さん」の名前で親しまれている神宮です。
奇岩がまるで荒波から神宮を守っているかのようにぐるりと並び、本殿の朱色、太平洋の青のコントラストが非常に美しい景勝地となっています。

このスポットのご神徳は、縁結びや安産祈願、海上の安全など。
本殿の前には豊玉姫が竜宮から持ってきたといわれる『亀石』という岩があり、この岩に向かって運玉を投げ、見事岩の凹みに運玉が入ると願いが叶うといわれています。
是非皆さんチャレンジしてみてはいかがでしょうか!

古くは足を踏み入れる事が許されなかった聖なる島『青島神社』

周囲1.5キロメートルの小さな島・青島には、かつては聖なる島として限られた人しか足を踏み入れる事の許されない島でしたが、現在は橋を渡って島に入る事が出来るようになりました。

そんな青島の中心にある『青島神社』は縁結びや安産、交通安全や海の安全に効果があるといわれているパワースポットです。
「夫婦ビロウの木」に”こより”を結んで願いを伝える「産霊紙縒」や、平瓮(素焼きのお皿)に小さな声で願いを込めて境内に投げ入れる「天の平瓮」、

人型の願い符に願いを書き、「玉の井」の水で溶かして願いを成就させる「海積祓い」など、独自の儀式がある事も魅力的ですね!

格式高い神社のまとめ役『高千穂神社』

平安時代から1200年以上の歴史を持つ『高千穂神社』はかつて高千穂郷にあった格式の高い88社の神社「高千穂八十八社」の総社として信仰されている神社です。
高千穂皇神と十社大明神が主祭神として祀られており、主に厄払い、縁結び、農産業にご利益があるといわれています。

特に縁結びは、境内にある夫婦過ぎを恋人や友達同士で手を繋ぎ、三周すると良いそうです。
また、主に秋冬は夜になると高千穂周辺の伝統的な神事「夜神楽」が行われ、一晩を通して五穀豊穣や安産祈願の舞を見学する事が出来ます。







マイナスイオンをたっぷり浴びられる迫力満点の『関之尾滝』

日本の滝100選の一つ、『関之尾滝』は大滝、男滝、女滝の3つから成り立つダイナミックでスピリチュアルな滝です。
大滝は、およそ11万円前に出来たといわれており、男滝は用水路の余水吐きとして、女滝は明治時代に岩を掘って作られたものと言われています。

滝の周辺には遊歩道が設置されているため、近くで思う存分マイナスイオンを浴びられるのが良いですね。
また、この滝には、月夜の晩に滝つぼへ身投げした美女の伝説が残されており、神秘的な雰囲気が感じられます。

夫婦が住まわれた『荒立神社』

猿田彦命と天鈿女命が夫婦神として祀られている『荒立神社』は、縁結びや夫婦円満にご利益があるといわれており、連日、夫婦やカップルが訪れる人気のパワースポットとなっています。
この土地は、天照大神の命を受けた瓊々杵尊の道案内を行った猿田彦命と天鈿女命が結婚して住まわれたと伝えられ、急いで住居を作ったことから「荒立宮」と名付けられたそうです。

縁結びのほかにも教育や芸能の神様でもあるため、芸能人が訪れることも多いといわれています。
運が良ければ芸能人に会えるかもしれませんね!

杉並木の参道が美しい『狭野神社』

神武天皇が生誕された地に建てられたのが始まりといわれる『狭野神社』は、神武天皇のご幼名「狭野尊」が由来の格式高い神社となっています。
参道は直線のものの中では日本一長いといわれており、美しい杉並木の参道を歩いているだけで心が清められるようです。

また、杉並木をよく見ていると龍の姿のような形をしたものが多い、との噂もあり、神様の存在を感じられる場所となっています。

次のページでは『宮崎のパワースポットといえばここ『高千穂峡』』を掲載!
次のページを読む >>