地元民が伝授!宮崎県「サンメッセ日南」の観光完璧ガイド

「サンメッセ日南」は、東に雄大な太平洋が眺められる国道220号線を南下すると、鵜戸神宮の手前2㎞の山の斜面にあるモアイ像で代表されるテーマパーク施設です。モアイや珍しいアサキマダラやツマベニチョウがみられる蝶の楽園、サヌカイトの音色が心地よい地球感謝の鐘などおおくの見どころがあります。

宮崎市から南郷までの海岸線を走る国道220号線と南郷から都井岬までの国道448号線は、日南フェニックスロードの愛称で呼ばれる日南の美しい海岸線の景色が楽しめる観光スポット。

記事の中でご紹介しますしますので、旅行の参考にしてください。


「サンメッセ日南」の観光に行く前に知っておこう!

「サンメッセ日南」ってどんなところ?なにができるの?

「サンメッセ日南」ってどんなところ?なにができるの?

image by PIXTA / 8787005

「サンメッセ日南」は、日南海岸の東斜面の傾斜地にある観光施設。
国道220線から山頂に向かって広がっています。

一番の特徴は、施設の中央に7体のモアイ像が立っていることです。
山の斜面を登っていくと、山の曲面を利用して石で描かれている5匹の蝶が舞う太陽の丘の地上絵、世界中の蝶や昆虫の展示の見学。
山頂にある地球感謝の鐘では、珍しいサヌカイトの心にしみ込む音色の調べを聞くことができます。

どこからでも東を向くと雄大な太平洋と日南の美しい海岸線が広がる絶景地。

見て、聴いて、絶景を見ながら食事が楽しめる場所です。

首都圏から「サンメッセ日南」へのアクセス手段や時間は?

東京羽田空港から「サンメッセ日南」までのアプローチは、飛行機とバスを乗り継ぐことになります。
もしくは、宮崎ブーゲンビリア空港でレンタカーを借りて自動車で行く方法もあります。

羽田空港から宮崎空港まで、空路1時間40分程。
空港から、「サンメッセ日南」まで宮崎交通の飫肥行き路線バスで40分程です。

例えば羽田空港8:00の出発便に乗れば宮崎空港9:40着、空港発10:09の飫肥行路線バスに乗り11:02「サンメッセ日南」バス停着。

路線バスは日中1時間に1本程度の運行です。

「サンメッセ日南」の入場料・駐車場は?

「サンメッセ日南」の入場料は、大人700円、中学生500円、4歳以上の子供350円。
障がい者割引もあります。

自動車は、園内に200台駐車できる駐車場があり無料。

また、園内の移動は5人乗りカートを有料で使用でき、カートの使用には運転免許証の提示が必要です。

営業時間は、9:30~17:00。
毎月第一・第三水曜日が定休日(8月、祝日を除く)

「サンメッセ日南」、ぐるっと見て回ると所要時間はどのくらいかかる?

サンメッセ日南は各施設をゆっくりと興味を持って眺めて回ると、2時間ほどかかります。

移動にラウンドカーを利用すると移動に要する時間が短くなりますから、もう少し短い時間で回ることができます。

また、センタープラザには世界中の蝶やカブトムシなどの標本が展示されていますから、興味深くゆっくり見ていくと時間があっという間に過ぎてゆき、思っている以上に時間がかかる場合もあります。

レストランやファーストフードで食事をするとその時間が余分にかかります。

そういえばどうしてモアイ像が置いてあるの?

モアイ像は、南太平洋の絶海の孤島ラパ・ヌイ島(イースター島)にあることで有名です。

争いや地震で倒れていたこのモアイ像を平成2年から3年かけて日本の修復チームが修復作業を行いました。

この功績がラパ・ヌイ島の長老会に評価され、モアイの復刻が世界で初めて認めらました。

修復チームの一員であった石工の佐野氏が日本で福島県白川村の凝灰岩を使用して復刻作製したものを、日南海岸の景観がモアイ像建立にふさわしいとして選ばれたのです。

ラウンドカーは乗るべき?乗りながらモアイ像は見れる?

園内をそっくり見て回るなら、屋根付きラウンドカーのご利用を勧めます。

園内を移動する場合、常にきつい坂の上り下り。
特に夏の暑い日の坂の上り下りは日差しもきつく、熱中症の危険が高くなりますので、きつい坂の徒歩での移動は避けた方がよいでしょう。

ラウンドカーは5人乗り。
運転する人以外はラウンドカーで移動中もモアイ像を見ることができますが、運転する人がわき見をするのは、大変危険。

モアイ像を見る時は、ラウンドカーを停止してみるのが安全安心。

ランドカーの料金は30分1,000円、30分延長ごとに300円です。

「サンメッセ日南」の観光モデルコースはこう!

日帰りの場合

宮崎駅もしくは宮崎空港を出発して、路線バスサンメッセ日南に行き2時間ほど楽しみながら昼食を済ませ、鵜戸神宮や飫肥城跡へ行き、路線バスで宮崎空港、もしくは、宮崎駅に戻ることができます。

また、飫肥からは飫肥駅でJR九州日南線にのり、車窓からの眺めを楽しみながら、宮崎空港や宮崎駅に戻ることが可能。
またサンメッセ日南から路線バスで青島を経由して宮崎空港や宮崎駅に戻ることもできます。

レンタカーを使用すると行動範囲を広げることができ、サンメッセ日南、鵜戸神宮、飫肥城址、青島と巡ることも可能。

1泊2日の場合

日南市に宿泊する場合は、1日目は青島、青島亜熱帯植物園、堀切峠、サンメッセ日南、鵜戸神宮と日南市までの海岸線沿いの名所を見学し日南市の温泉地に宿泊。

2日目は、飫肥城址や、日南の水中観光船、幸島の野生猿、都井岬の野生馬など自然を楽しむこともできます。

青島に宿泊する場合は、1日目は、堀切峠、サンメッセ日南、鵜戸神宮、飫肥城址などを見学して青島に宿泊。

2日目は、宮崎市内の観光スポットの平和台公園、宮崎神宮の見学などの他、青島周辺でサーフィンなどの海遊びができます。

「サンメッセ日南」のおすすめの観光スポットは?

Writer:

30代で宮崎に来て、冬の温かさに驚きいっぺんに宮崎が好きになりました。定年で仕事を辞め、温暖な地で第二の人生を始めようと宮崎に移住。地域に速く馴染めるようにボランティア活動や、名所旧跡巡り、博物館巡り、山登りなど楽しんでいます。これまでに体験した楽しい宮崎を紹介します。

この記事のカテゴリ

九州
国内
宮崎県

関連記事を見る

九州の記事を見る

【兵庫の温泉8選】温泉愛好家がおすすめする温泉施設はここ!
【九州の温泉27選】温泉愛好家がおすすめする温泉施設はここ!
【大分の温泉13選】温泉愛好家がおすすめする温泉施設はここ!
長崎のお土産ランキング!全部食べて決めた、美味しい&センス抜群&定番のお土産TOP25
長崎市の観光スポット21選!実際に行って決めた編集部厳選スポットはここ
きっとまた行きたくなる!由布院温泉の成り立ちと歴史的スポット
豊臣秀吉も認めた名武将・鍋島直茂と「鍋島化け猫騒動」
「温泉」=「うんぜん」?!歴史ある良泉リゾート・雲仙温泉の魅力とは
雷を切って捨てた闘将・立花道雪、常に戦場にその姿あり「軍神」と称えられる
高橋紹運の忠義街道一直線。これぞサムライのあるべき姿!敵将にもその死を惜しまれた名将
【奄美大島】歌いながら屋根を倒す!? 450年の歴史を誇るディープなお祭り「秋名アラセツ行事」ツアー体験記【PR】
西南戦争ってどんな戦争だったの?九州南部全域を巻き込んだ、近代最後で最大の内乱