長崎市の観光スポット21選!実際に行って決めた編集部厳選スポットはここ

異国情緒溢れる町並みに独特の文化が栄える「長崎」。今回は長崎県の中心部・長崎駅周辺(長崎タウン)の観光スポットを、実際に訪れてみて厳選しました。これから長崎観光を検討しているひと、長崎県観光中の人も、ぜひ参考にしてみてくださいね。
なお、ハウステンボスや佐世保は「長崎駅周辺」ではないエリアなので、この記事では紹介していません。長崎駅から徒歩60分範囲(タクシー等で15分範囲)で特集しました。
これまで日本の歴史において世界との窓口となってきた長崎県の観光といえば、やはり全体的に歴史散策が中心になります。ここグラバー園は、2015年に世界遺産に登録された観光スポットのうちのひとつ「旧グラバー住宅」が保存されており、明治維新の頃の洋風建築が楽しめます。近代技術を日本に導入したスコットランド出身のトーマス・グラバー氏の邸宅には、当時の食事風景なども再現されています。パンフレット類も充実しているほか、長崎の港を一望できる展望台もあり、歴史散策のスタートに最適な観光スポットです。

グラバー園の住所・アクセスや営業時間など

名称グラバー園
住所長崎県長崎市南山手町8−1
営業時間・開場時間8:00−18:00 (夜間開園時は21:00まで)
利用料金や入場料大人610円 高校生300円 小中学生180円
参考サイトhttp://www.glover-garden.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

グラバー園のスポットページ

#2 キリスト教の歴史を感じる「大浦天主堂」

キリスト教の歴史を感じる「大浦天主堂」
グラバー園のすぐとなりにあり、あわせて観光されることの多い「大浦天主堂」。美しい景観のみならずその歴史の深さが見どころです。パリから長崎に訪れたフューレ神父らにより設計・建設され、1865年2月19日にオープンしました。当時世界の中心地であったヨーロッパからはるばる日本にまで来て、キリスト教の布教活動を行う人々のパワーに、歴史や人類の壮大さを感じずにはいられません。

大浦天主堂の住所・アクセスや営業時間など

名称大浦天主堂
住所長崎県長崎市南山手町5-3
営業時間・開場時間8:00−18:00
利用料金や入場料一般600円 中高校生400円 小学生300円
参考サイトhttp://www1.bbiq.jp/oourahp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

大浦天主堂のスポットページ

#3 坂本龍馬は長崎県!「坂本龍馬像(風頭公園)」

坂本龍馬は長崎県!「坂本龍馬像(風頭公園)」
長崎タウンを一望できる「風頭公園」の中で、猛々しく迫力満点な坂本龍馬像が楽しめます。高知県のイメージもある坂本龍馬ですが、長崎県に活躍の場を移してからの動向もまさしく歴史を大きく動かした功績は誰しもが知るところ。風頭公園から、亀山社中跡や龍馬通りなどへ続く公園散策が楽しめます。

風頭公園の住所・アクセスや営業時間など

名称風頭公園
住所長崎県長崎市伊良林3丁目510
営業時間・開場時間24時間
利用料金や入場料無料
参考サイトhttp://www.city.nagasaki.lg.jp/sumai/630000/632000/p010158.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

風頭公園のスポットページ

#4 石階段が楽しめる「龍馬通り」

石階段が楽しめる「龍馬通り」
観光の楽しみって、歴史を尋ねたり、その土地のグルメを楽しむことがあると思いますが、その土地でしか見られない町中散策も観光のひとつの楽しみだと思うのです。その点において「龍馬通り」は、国内でも屈指の珍しい階段です。石畳が続き、迷い果てるほど入り組む階段が続くこのエリアは、果たしてどこまでが公式な「龍馬通り」なのかはわからないものの、比較的貴重な町中散策エクスペリエンスが楽しめます。

龍馬通りの住所・アクセスや営業時間など

名称龍馬通り
住所長崎県長崎市寺町~長崎市風頭町
営業時間・開場時間24時間
利用料金や入場料無料
参考サイトhttps://www.at-nagasaki.jp/spot/61014/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

龍馬通りのスポットページ

#5 明治時代の動向感じる「亀山社中跡(亀山社中記念館)」

明治時代の動向感じる「亀山社中跡(亀山社中記念館)」
「龍馬通り」で入り組んだ道を突き進んでいても、なんとか挫折せずに突き進めるのは、ところどころ「亀山社中記念館」への案内があるからにほかなりません。龍馬通りの道中、突然「亀山社中跡」がお目見えします。
「亀山社中」はいまでいう株式会社のような正確をもった組織であり、坂本龍馬ファンはもちろん、ビジネスマンにとってもゆかりのある歴史的となっています。ちなみに亀山社中としての初仕事は、グラバー商会からの武器の輸入であり、いまとなっては観光地となっているグラバー園とも関係性がリンクしています。長崎市のこの狭い範囲で歴史が動いていることに、感動してしまいますね。

亀山社中記念館の住所・アクセスや営業時間など

名称亀山社中記念館
住所長崎県長崎市伊良林2丁目7−24
営業時間・開場時間9:00-17:00
利用料金や入場料一般300円 高校生200円 小中学生100円
参考サイトhttp://www.city.nagasaki.lg.jp/kameyama/index2.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

亀山社中記念館のスポットページ

#6 坂本龍馬も参拝した「若宮稲荷神社」

坂本龍馬も参拝した「若宮稲荷神社」
若宮稲荷神社は、亀山社中跡のすぐとなりに位置する寺院。坂本龍馬ら当時の志士も多く参拝したといいます。歴史上の人物と、実際に同じ場所に立って参拝する経験は、やはりこれも旅行ならでは。違うのは時空間だけ。多少の改築や修繕はされているであろうものの、ほぼ坂本龍馬らと同じ寺院で参拝することは、なんだかタイムトラベルしたような感覚にも陥るものです。
ちなみに朝夕の時間帯で訪れると、近所の学生が通学などしており、地元の人々にとっては生活の中に溶け込んでいるのだと思うと、これもまた土地の面白さを感じずにいられません。

若宮稲荷神社の住所・アクセスや営業時間など

名称若宮稲荷神社
住所長崎県長崎市伊良林2丁目10−2
営業時間・開場時間24時間
利用料金や入場料無料
参考サイトhttps://www.at-nagasaki.jp/spot/61013/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

若宮稲荷神社のスポットページ

#7 港町の海辺を散策「長崎水辺の森公園」

港町の海辺を散策「長崎水辺の森公園」
長崎駅は港町なので、やはり港周辺も楽しみたいところ。散策にちょうどよいのはここ「長崎水辺の森公園」です。朝早くから観光したいときも、24時間使える公園は拠点になりやすく、海辺のさわやかな風にあたりながら長崎で動き続ける船を眺めるのもよいでしょう。
長崎タウンのなかの「出島」と呼ばれるエリアに位置し、ここから長崎県美術館、長崎出島ワーフ、出島和蘭商館跡、軍艦島といった観光スポットにアクセスできます。

長崎水辺の森公園の住所・アクセスや営業時間など

名称長崎水辺の森公園
住所長崎県長崎市常盤町22−17
営業時間・開場時間24時間
利用料金や入場料無料
参考サイトhttp://www.mizubenomori.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

長崎水辺の森公園のスポットページ

#8 おしゃれな飲食店が揃う「長崎出島ワーフ」

おしゃれな飲食店が揃う「長崎出島ワーフ」
長崎のおしゃれなベイサイドエリアとして定番なのが、ここ長崎出島ワーフ。和食・中華・洋食と様々な種類のグルメを、席がよければ絶景のオーシャンビューで楽しむことができます。海の先にあるのは稲佐山。夜にはイルミネーションもつくので、水際の美しさも一層楽しめます。ランチは中華街、ディナーは長崎出島ワーフで楽しむといったコースが鉄板でしょう。(もちろん逆でもいいですよ)
廣瀬

Writer:

wondertrip編集長。短い日程で多くの観光地を巡るエクストリームな旅行を得意とする。またお土産調査が趣味で、旅行に行くたびに編集部はお土産まみれになる。一番得意なエリアは京都。

この記事のカテゴリ

九州
国内
文化
絶景
自然・絶景
長崎県

関連記事を見る

九州の記事を見る

【兵庫の温泉8選】温泉愛好家がおすすめする温泉施設はここ!
【九州の温泉27選】温泉愛好家がおすすめする温泉施設はここ!
【大分の温泉13選】温泉愛好家がおすすめする温泉施設はここ!
長崎のお土産ランキング!全部食べて決めた、美味しい&センス抜群&定番のお土産TOP25
きっとまた行きたくなる!由布院温泉の成り立ちと歴史的スポット
豊臣秀吉も認めた名武将・鍋島直茂と「鍋島化け猫騒動」
「温泉」=「うんぜん」?!歴史ある良泉リゾート・雲仙温泉の魅力とは
雷を切って捨てた闘将・立花道雪、常に戦場にその姿あり「軍神」と称えられる
高橋紹運の忠義街道一直線。これぞサムライのあるべき姿!敵将にもその死を惜しまれた名将
【奄美大島】歌いながら屋根を倒す!? 450年の歴史を誇るディープなお祭り「秋名アラセツ行事」ツアー体験記【PR】
西南戦争ってどんな戦争だったの?九州南部全域を巻き込んだ、近代最後で最大の内乱
日本屈指の巨大天守閣は圧巻!白亜に輝く名城「島原城」を訪ねて