長崎市の観光スポット21選!実際に行って決めた編集部厳選スポットはここ

平和公園が「祈りの場所」だとすると、爆心地公園は「感じるところ」です。爆心地とされている場所が目の前にあるということは、とても不思議な体験です。「若宮稲荷神社」の節でも話しましたが、同じ場所に時間違いで坂本龍馬が参拝している、という事実がもたらす心の琴選へのちょっとしたさざなみが、観光の醍醐味でもあると思うのです。ちょっとしたことなのに、肌で感じることで、それ以降の人生がちょっと変わる。そういうものを得に旅をしているのであれば、やっぱり爆心地公園はぜひ訪れてみてほしいところ。
いまはひと目に触れられないようになっている焼け落ちた瓦礫が生で保存されており、鑑賞できます。

爆心地公園の住所・アクセスや営業時間など

名称爆心地公園
住所長崎県長崎市松山町5
営業時間・開場時間24時間
利用料金や入場料無料
参考サイトhttp://www.city.nagasaki.lg.jp/heiwa/3030000/3030200/p005149.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

爆心地公園のスポットページ

平和公園が「祈りの場所」、爆心地公園は「感じるところ」だとすると、長崎原爆資料館は「具体的に知るところ」でしょう。3つセットで訪れてみてほしいです。楽しい観光なのに、なんでしんみりとした気持ちにならなきゃいけないの?ということで、こういう類の施設はチョイスしない場合もあるでしょう。もちろんそれを否定するつもりはありません。娯楽としてのトラベルだって、人生の息抜きに必要だと思います。
でも、「なにか自由になりたいな」という動機で旅をしているのであれば、それって、人間って自由になるために学んでいる一面があるわけで、物事を知ることと深くリンクしてると思うのですね。
そういう意味で、旅をしていたら教養レベルの施設には立ち寄るべきだし、そのなかで感じることが多かったら良いなぁと思うのです。

長崎原爆資料館の住所・アクセスや営業時間など

名称長崎原爆資料館
住所長崎県長崎市平野町7−8
営業時間・開場時間8:30−17:30(9月−4月) 8:30−18:30(5月−8月)
利用料金や入場料一般200円 小中高生100円
参考サイトhttp://nagasakipeace.jp/japanese/abm.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

長崎原爆資料館のスポットページ

#21 長崎を一望する絶景「稲佐山展望台」

長崎を一望する絶景「稲佐山展望台」

image by PIXTA / 36645327

長崎駅周辺、長崎タウンの観光スポットとして最後に紹介するのがこちら。「世界新三大夜景」と呼ばれる長崎市の夜景を一望できる展望台として有名で、定番の観光スポットです。自動車でもアクセス可能、山のふもとからロープウェイで展望台まで登るのもよい体験です。

稲佐山展望台の住所・アクセスや営業時間など

名称稲佐山展望台
住所長崎県長崎市稲佐町364
営業時間・開場時間長崎ロープウェイ:9:00−22:00
利用料金や入場料長崎ロープウェイ往復:一般1,230円 中・高校生920円 小学生610円
参考サイトhttp://inasayama.net/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

稲佐山展望台のスポットページ

さあ、長崎県に行こう!

長崎駅周辺の長崎タウン観光スポットをご紹介しました。長崎駅周辺は歩いても南北1時間、タクシーだと15分程度とかなりコンパクトにまとまっています。取材を通じて、洗練された観光都市だなという印象がより強まりました。この記事で紹介したスポット全て、1日で回ることも不可能ではありません。ぜひ長崎観光の参考にしてくださいね。
photo by PIXTA