玄界灘を望む麗しき海城「唐津城」の歴史と見どころをご紹介!

佐賀県の北西に位置する唐津市。市の北側には玄界灘に面していて、深くえぐるように入り込んだ唐津湾と、灘に突き出るように北に伸びる東松浦半島が特徴的な地形を作り出していて、海岸線は入り組んだリアス式。この地形は古代から、朝鮮半島や中国大陸など海外との海上交通の拠点となっていました。そんな唐津湾に面した場所に”舞鶴城”の異名をとる美しい白、唐津城があります。江戸時代は唐津藩の城でしたが、今は唐津市のシンボルとして市民や観光客に愛されています。どんな城だったのか、なぜ海に面しているのか?唐津城の歴史と魅力、たっぷりとお伝え致します。

唐津城の歴史

唐津とはどんなところ?

唐津とはどんなところ?

image by PIXTA / 34827992

唐津市内には「菜畑遺跡」をはじめ、縄文時代や弥生時代の遺跡や古墳などが多数発見されており、先史時代から既に、多くの集落があったようです。
大陸からの船が流れ着く場所のひとつとも言われており、邪馬台国の記述があることで有名な『魏志倭人伝』に出てくる末盧国(まつろこく・まつらこく)は、現在の唐津市周辺にあったと考えられています。

7世紀末頃には律令制のもと、肥前国(ひぜんのくに)の松浦郡の一部となっていました。
末盧国の”まつら”から”松浦”と呼ばれるようになったのでは、とも言われています。
平安時代の中頃、都の政治が乱れ地方政治が不安定になり始めると、この周辺の豪族たちが結束し「松浦党」という武士連合のようなものを結成。
最大勢力であった波多氏をはじめ、48もの豪族たちが結集して、時には都の勢力や周辺の戦国大名と対峙することもあったようです。

1591年(天正19年)、松浦郡に大きな転機が訪れます。
天下統一を成し遂げた豊臣秀吉が次の一歩として打ち立てた朝鮮出兵の拠点として、東松浦半島の北部(現在の呼子町付近)、玄界灘を間近に望む小高い場所に巨大な城「名護屋城(なごやじょう)」を築城。
ここにはもともと波多氏の城がありましたが、地理的条件から秀吉はこの地を大陸への拠点とします。

しかし1598年(慶長3年)、秀吉がこの世を去り、朝鮮出兵は終了。
名護屋城も廃城となり、時代は戦国から徳川の時代へと移っていきます。

その地形から、海外との窓口にも出兵の拠点にもなり得た唐津。
名護屋城廃城の後、いよいよこの地に唐津城が誕生します。

戦国から江戸時代へ・唐津城の誕生

戦国から江戸時代へ・唐津城の誕生

image by PIXTA / 34827970

松浦党最大の一族であった波多氏は朝鮮出兵にも加わりますが、命令に背いて勝手な行動をとったことから秀吉の逆鱗に触れ、1593年(文禄2年)、一族もろとも滅ぼされてしまいます。
代わりに唐津周辺の地域を治めるべく送られてきたのが秀吉の家臣、寺沢広高(てらざわ ひろたか)でした。
寺沢広高は名護屋城の台所を取り仕切り、大名たちの取りまとめや交渉などに尽力した人物。
秀吉の死後、関ヶ原の戦いでは東軍につき、後に肥後国天草郡を含む12万3千石の外様大名となります。

関ヶ原の戦いの後、寺沢広高は唐津城の築城を開始。
7年ほどの歳月をかけ、城は1608年に完成します。

城は主要な街道に近い場所ではなく、唐津湾の深く入り込んだところ、松浦川の河口部分に突き出た満島山という小高い山の上に建てられました。
ここは唐津湾を見渡せる絶好の場所。
城は山を利用した平山式ですが、周辺の港や海を監視するための海城の機能も果たしていたと思われます。

築城に際しては、直線距離にして15kmほど離れたところにある名護屋城から資材を運び出して使用しました。
難攻不落の名護屋城を完全な廃城にするためだったとの見方もありますが、名護屋城の普請を努めていた寺沢広高からすれば、資材の流用はごく当たり前の行動だったのかもしれません。

ところで、築城当初の唐津城には、天守閣がありませんでした(現在の天守閣は模擬天守)。
江戸に入ってから完成した城ですので、徳川幕府の目を気にしたため天守を作らなかったのではないか、との見方が濃厚ですが、名護屋城の天守を移築するつもりだったがうまくいかなかったのでは、との説も。
名護屋城は大坂城に次ぐ巨大城で、天守閣は金色だったとも言われています。
世が世なら、唐津城は海辺に輝く黄金の城になっていたかも…あくまでも、世が世なら、のお話です。

幕末から明治、そして現代へ

幕末から明治、そして現代へ

image by PIXTA / 27526953

広高の子の堅高の代に島原の乱が勃発し、その責任を取らされ石高を減らされた堅高は江戸藩邸で自害。
寺沢家は断絶してしまいます。
唐津城は一時期幕府の直轄地となりますが、その後、いくつかの大名が入れ替わり立ち替わりで唐津城に入城。
1800年代初めからは陸奥棚倉藩から移ってきた小笠原氏の居城となります。
入れ替わった大名は総勢6家。
唐津城は”雇われ城主”のような形でころころと主を代えながら江戸時代を過ごし、幕末を迎えます。

明治に入って唐津藩がなくなると、唐津城は廃城に。
建造物は壊され、本丸周辺の土地は1877年(明治10年)に「舞鶴公園」となって整備され、一般に開放されます。
城の東西に伸びる松原が、両翼を広げた鶴のように見えることから、常々”舞鶴城”とも呼ばれていたのだそうです(舞鶴城の呼称を持つ城は他にもいくつかあります)。

1966年(昭和41年)、唐津城を観光施設として再建することが決まり、5層5階の美しい天守が築かれます。
唐津城には天守閣が築かれた記録がないので、あくまでも”模擬天守”ということになるようです。
天守と同時に門や櫓も築かれ、唐津城は観光資源として再び息を吹き返します。

海に突き出した小高い山の上に立つ唐津城は、市内の至るところから見ることができ、押しも押されぬ唐津市民のシンボル。
観光スポットなって、唐津の歴史を今に伝える役割を担いながら、今日も静かに人々の暮らしを見守っています。

唐津城の見どころ

城内をのんびり散策

城内をのんびり散策

image by PIXTA / 34907362

明治に入ってから公園として整備された唐津城本丸周辺の敷地は、それほど広くはありません。
天守を始め、門や櫓は戦後、観光資源となるよう築かれたものですが、山の地形は築城当時のまま。
石垣を辿っていけば江戸時代の城の雰囲気を感じることができます。

唐津駅から唐津城に行くには、唐津市内を流れる町田川に架かる城内橋を渡って城内に入るルートがオススメ。
橋の手前から見る天守閣の美しさはまた格別。
海に突き出した小高い満島山の地形が築城のに適していたことがよくわかります。
きっと唐津湾を行き交う船を監視するのにもってこいの場所です。

小高い山の上、といっても、天守へ行くには230段余りの石段を上がる必要があります。
これが結構きつい。
やや幅の狭い、緑に覆われた石段を上がっていくと、現在は「中段広場」として整備されている二の曲輪に出ます。
呼吸を整えつつ広場をぶらぶら。
ここには天然記念物に指定されている紫藤が植えられていて、花の季節になると多くの観光客で賑わいます。

二ノ曲輪を抜けると再び石段が続き、本丸櫓門をくぐって本丸へ。
江戸時代の雰囲気を知りたいなら石段を使って上がりたいところですが、しんどい場合は、天守台の脇から出ているエレベーターを利用するとよいでしょう。

本丸は「上段広場」として整備され、晴れた日には玄界灘の絶景を楽しむことができます。

天守閣最上階からの眺望にうっとり

天守閣最上階からの眺望にうっとり

image by PIXTA / 33202929

本丸まで上がってきたら、いよいよ天守の中へ。
唐津城には代々天守が築かれた記録がなく、この天守はあくまで観光のために築かれた想像上の模擬天守ですが、それでも5層の美しい天守を目の前にすると気持ちが高まります。

天守の中は5階建てになっていて、1階には江戸時代の城下町のジオラマや天守閣の模型の展示が、2階と3階には唐津藩所蔵の武具や刀などの品々や唐津焼の名品の展示。
スペースはそれほど広くはありませんが、内容はとても充実しています。

5階に上がると、底は海に面した絶景が広がる展望フロア。
天守へはエレベーターではなく、少々急な、レトロな雰囲気の内階段を、手すりにつかまりながら上がっていきます。
文明の利器で一気に上がるより、展望フロアから見える眺望に対する期待度が高まること請け合いです。

言うまでもなく展望フロアからの眺望は絶品。
北に唐津湾、南は唐津の城下町、360度のパノラマが広がります。
すぐ足元、桜や藤、ツツジ、紅葉など、四季折々様々な色に染まる本丸広場も魅力的です。

nekoichi(猫壱)

Writer:

歴史と歴史小説と遺跡を愛してやまない東京都在住の主婦。子供のころからの大の時代劇ファン。国内外問わず歴史小説を読むようになり、NHK人形劇「三国志」を見て中国史にはまって大学では東洋史学を専攻。愛猫とじゃれながら歴史小説を読み漁る毎日を送っている。趣味は古地図を眺めることとカメラ片手の街散策。

この記事のカテゴリ

九州
佐賀県
国内
歴史

関連記事を見る

九州の記事を見る

【奄美大島】歌いながら屋根を倒す!? 450年の歴史を誇るディープなお祭り「秋名アラセツ行事」ツアー体験記【PR】
西南戦争ってどんな戦争だったの?九州南部全域を巻き込んだ、近代最後で最大の内乱
日本屈指の巨大天守閣は圧巻!白亜に輝く名城「島原城」を訪ねて
佐賀観光で巡るべき歴史的スポット10選
島津義久の大将としての器とは?島津家を九州最強の戦国大名に押し上げた人物
”日本三大美肌の湯”嬉野温泉でゆったりほっこり歴史散歩
熊本旅行で絶対行きたい歴史的おすすめスポット8選
砂蒸し風呂で有名な「指宿温泉」と周辺の歴史的観光スポット
観光前に知りたい!名軍師・黒田勘兵衛が築いた「福岡城」の歴史と見どころ
【福岡】「太宰府天満宮」「天開稲荷社」で開運祈願!スタバ・ランチ・梅ヶ枝餅など周辺スポットも
古風な駅舎に学校跡。鹿児島観光で行きたい歴史的スポット15選
【福岡観光】柳川を巡る旅―お舟でぶらり、お庭でのんびり、そしてうなぎに舌鼓―