美しい花火の思い出と共に!沖縄「シーポートちゃたんカーニバル」周辺の厳選スポット6選

沖縄県中頭郡の北谷は、異国情緒あふれるリゾート地。日本にいながら南国風情が楽しめるところが人気のひとつです。今回はそんな北谷で、「シーポートちゃたんカーニバル」を楽しんだ後にぜひ訪れたい、魅力的なスポットを6選紹介します。

【沖縄観光の徹底ガイドおすすめ記事】
移住者が伝授する沖縄観光の完全ガイド!泊数別モデルプラン、格安旅行の仕方、おすすめ時期
もう迷わない!絶対おすすめの沖縄お土産20選


ビーチから眺める水中花火・シーポートちゃたんカーニバル

ビーチから眺める水中花火・シーポートちゃたんカーニバル

image by iStockphoto / 93101517

通称「ちゃたん花火」として親しまれている「シーポートちゃたんカーニバル」は、打ち上げ数1300発と大規模ではありませんが、沖縄県内で唯一水中花火が楽しめることでも人気です。
その人出は約9万人。
沖縄らしく海をテーマにしたイベントともリンクした花火ショーは、美しいビーチから壮大な景色を堪能させてくれます。
他にもカーニバル中には、エイサーやイカダ競技も開催。
沖縄の暑い夏を彩る風物詩となっています。

image by iStockphoto / 98219801

シーポートちゃたんカーニバルの住所・アクセスや営業時間など

名称 シーポートちゃたんカーニバル
住所 沖縄県中頭郡北谷町
営業時間・開場時間 現地時間20:00-20:15
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.chatan.or.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

シーポートちゃたんカーニバルのスポットページ

美しい夕日が自慢・宮城海岸

美しい夕日が自慢・宮城海岸

image by iStockphoto / 88246243

美しい夕日が眺められる絶好のサンセットスポットと言えば、ここ「宮城海岸」は外せません!穏やかな波の音を聞きつつ、オレンジ色にたそがれていく空を眺めていると、とってもロマンチックな雰囲気。
デートスポットにもぴったりなので、2人で防波堤に腰かけて、あたたかい時間を過ごしてみるのも良いですよ。
また澄んだ海はダイビングスポットとしても賑わいます。

image by iStockphoto / 73254387


宮城海岸の住所・アクセスや営業時間など

名称 宮城海岸
住所 沖縄県中頭郡北谷町
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.ritou.com/spot/view-chubu-nc13.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

宮城海岸のスポットページ

波の音を聞きながらのアクティビティ・安良波公園

波の音を聞きながらのアクティビティ・安良波公園

image by iStockphoto / 96149101

「安良波公園」は、目の前にアラハビーチが広がる最高のロケーション。
どこまでも続く青い海が眺められます。
芝生の広場があるので、波の音を聞きながらのピクニックも、沖縄ならではで楽しそうですね。
 特に子どもに人気が高いのが、全長約20mの大きな船。
かつて北谷の海で、イギリス船を救ったことから造られたのだとか。
船自体が大きなアスレチックになっているのでアクティブに遊べます。

安良波公園の住所・アクセスや営業時間など

名称 安良波公園
住所 沖縄県中頭郡北谷町北谷2-21
営業時間・開場時間 遊泳時間 9:00~18:00(4?6月) 9:00?19:00(7?8月) 9:00?18:30(9月) 9:00?17:30(10月)
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://ccdc.jp/araha-beach/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

安良波公園のスポットページ

ゆったり過ごせる人工ビーチ・アラハビーチ

ゆったり過ごせる人工ビーチ・アラハビーチ

image by iStockphoto / 73691189

「安良波公園」を訪れたら、併せて「アラハビーチ」にもぜひ行ってみましょう。
ここは人工ビーチとなっており浜がかなり広め。
そのため海水浴客でごちゃごちゃ混み合う印象もなく、のんびり泳ぐことができますよ。
波も穏やかでファミリーにも安心なのが嬉しいポイントです。
またカヤックやシュノーケルツアーといったマリンスポーツが体験も可能なので、時間があればぜひ挑戦してみて!

image by iStockphoto / 67576491

Writer:

神戸生まれ神戸育ちの駆け出しデザイナーです。一眼レフを持って街歩きするのが趣味で、美味しいグルメの食べ歩きや日帰りプチ旅行などをしながら、関西のあちこちを散策しています。そんな経験を活かして、住み慣れた大好きな街・神戸の情報を中心に、有名スポットから地元民ならではの穴場スポットまで、関西一円の新しい魅力をご紹介できればと思います!

この記事のカテゴリ

国内
沖縄
絶景
自然・絶景

関連記事を見る

国内の記事を見る

長崎市の観光スポット21選!実際に行って決めた編集部厳選スポットはここ
飛騨高山の観光スポット18選 ホテル支配人に聞いたおすすめスポットはここ!
草津観光ならここ!温泉だけじゃない草津満喫の観光スポット10選
飛騨高山のお土産ランキングTOP19 地元民に聞いた伝統グルメ&雑貨はこれ!
武勇と外交に長けた「鬼義重」こと佐竹義重、常陸統一から出羽転封までを語り尽くす
偉大すぎる父とできすぎた弟たちを持った毛利のプリンス・毛利隆元の苦悩
四国の雄・長宗我部氏の転落劇の主人公・長宗我部盛親の数奇な人生!
奈良時代から現存する「東大寺法華堂」ってどんなところ?
出奔されてもコイツが必要!と伊達政宗に思わせたデキる親戚・伊達成実ってどんな人?
負け戦に敢えて挑む男のプライド。秀吉に刃向った武将・九戸政実の生き様
秀吉vs勝家!決戦の地・賤ヶ岳古戦場の歴史を辿る旅
実は史跡や文化財の宝庫!日本を代表するホテル「椿山荘」の歴史とは