沖縄来たらここ寄って!うるま市海中道路を通って絶景&パワースポットへ

みなさまハイタイ!
(沖縄の言葉で女性が使う「こんにちは」の意味。良く見る「ハイサイ」は男性が使う言葉)
沖縄在住5年目のChurakoです!

今回は、沖縄本島に来たら、絶対にドライブしてほしいおすすめスポットをご紹介。
沖縄本島中部にある”うるま市”と、離島4島を繋ぐ海の上を走る”海中道路”そして、私の大好きな絶景ポイント”果報バンタ”をメインにお届けします!

(2017年8月7日更新)

【沖縄観光の徹底ガイドおすすめ記事】
移住者が伝授する沖縄観光の完全ガイド!泊数別モデルプラン、格安旅行の仕方、おすすめ時期
もう迷わない!絶対おすすめの沖縄お土産20選


1.うるま市海中道路とは

1.うるま市海中道路とは

筆者撮影(2017/8/7更新)

うるま市は、2005年4月に具志川市、石川市、中頭郡勝連町・与那城町が合併して誕生した市です。

「うるま」とは、「景観の見事なサンゴの島」という意味で、室町時代には琉球の美称として用いられた言葉。

そして、今回走る海中道路は、うるま市の与勝半島から延びる4.7kmの橋で、平安座島・宮城島・浜比嘉島・伊計島を繋いでいます。

左右に広がる美しい海を眺めながらのドライブは、沖縄観光の醍醐味とも言えるでしょう。

2.本日のルート

本日のルートはこちらの通り。

うるま市海中道路の最寄りのインターチェンジは「沖縄北」です。

(”沖縄南”もあり、紛らわしいので注意してくださいね。)

沖縄ICから片道約35km、往復70kmのドライブ。

ランチを食べてからドライブ、そしてお茶という順番で回りますよ~

筆者撮影

それでは今日も安全運転で行ってきます!

3.本日のランチ~キングタコス~

3.本日のランチ~キングタコス~

筆者撮影

本日は、橋のすぐ近くにある「キングタコス 与勝店」でランチ!

沖縄といえばタコライス屋さんが数々ありますが、私はキングタコスのタコライスが一番好きです。
(異論は認めます。)

このお店の凄いところは、なんと夜1:00までやっているところ!

本当に地元の人に愛されているタコス屋さんなのです。

筆者撮影

この良心的な価格にいつも感激です。

おすすめは「タコライスチーズ野菜」(600円)と「ジャンボタコチーズバーガー」(350円)

今回は「タコライスチーズ野菜」をオーダーしました。

米軍の方も良く家族連れで買いに来るのですが、円の現金決済のみなのでご注意を。

筆者撮影

どーん!という量です。

テイクアウトの容器からはみ出そうな盛り付け。

以前は、店内で食べる時はお皿で出てきたのですが、経営の効率化でしょうか。
量は相変わらず多い!

これはアメリカの成人男性サイズです…!しかし完食(笑)

4.そして、海中道路へ

4.そして、海中道路へ

筆者撮影

それでは、海中道路に入ります。

入って少し行ったところの停車スポットからパチリ。

海が遠浅なので下の地面の色が透けて見えているのがなんとも言えない色味を出しています。

これだけ浅いので、橋が開通する前は船を渡すのにも苦労したとか。

筆者撮影

まさに海の上に道路が走っているように見えます。

筆者撮影

車窓から。

この海中道路の一番の問題は、同乗者は左右が美しい海を見て感動できるのですが、ドライバーは楽しめないというところでしょうか。

(前を見て運転しなくてはいけないからですね……)

※危ないので走りながらの撮影は行わないでくださいね!海中道路ではスピード違反も多いらしく、よくパトカーさんも待機していますよ。

Writer:

東京から沖縄本島に移住して5年。現在は本島南部の南城市で、美しい海を見ながら愛猫たちとのんびり暮らしています。
メインは沖縄情報ですが、関東・関西・九州なども担当中。
取材とプライベートで食べ歩いた沖縄のお店の中から、さらにセレクトしたお気に入りをブログ にて紹介しています。記事とともに沖縄観光にお役立てください。
「ちゅらすき」で検索:https://churasuki.com/ 【禁煙店のみ】

この記事のカテゴリ

国内
沖縄
絶景
絶景
自然・絶景

関連記事を見る

国内の記事を見る

京都観光前に知りたい「知恩院」の基礎知識。外せないおすすめポイントは?
豊臣秀吉も認めた名武将・鍋島直茂と「鍋島化け猫騒動」
安曇野で行きたい観光スポットはココ!定番から地元で人気のお洒落カフェ、穴場まで【長野県】
京都観光前に知りたい「天龍寺」の基礎知識。外せないおすすめポイントは?
石田三成に過ぎたるものといわれた「佐和山城」ってどんなところ?
京都観光前に知りたい「高台寺」の基礎知識。外せないおすすめポイントは?
豪華すぎる!麗しの宮殿・赤坂迎賓館の歴史と成り立ちについて
戦うお坊さんは大名よりも強し!信長を手こずらせた顕如と石山本願寺のハンパない強さ
伏見城の今と昔を辿る。豊臣が築き家康が再興した幻の城
京都観光前に知りたい「仁和寺」の基礎知識。外せないおすすめポイントは?
静岡県は名所・旧跡の宝庫!オススメの歴史的スポットは?
京都観光前に知りたい「銀閣寺」の基礎知識。外せないおすすめポイントは?