【沖縄観光】琉球神話の聖地「大石林山」で不思議な光景を堪能

wondertripをご覧の皆様、はいたーい、沖縄現地ガイドのChurakoです。

今回は沖縄本島の北端に近い、やんばる(山原)にある「大石林山(だいせきりんざん)」に行ってきました!

やんばるは手つかずの亜熱帯の森がひろがる自然豊かな山地。

大石林山のある”安須杜(アシムイ)”は、沖縄の神様アマミキヨが最初に降り立って創った聖地とも言われています。二億年前の石灰岩と海が織りなす見事な眺望を見て回ることで、今まで抱いていた沖縄のイメージが覆りますよ!

【沖縄観光の徹底ガイドおすすめ記事】
移住者が伝授する沖縄観光の完全ガイド!泊数別モデルプラン、格安旅行の仕方、おすすめ時期
もう迷わない!絶対おすすめの沖縄お土産20選

1.大石林山へのアクセス

99533:1.大石林山へのアクセス

大石林山の入口で記念撮影

大石林山は沖縄本島の最北端である辺戸岬(へどみさき)からほど近く。

古来より聖地として伝えられてきた安須杜(アシムイ)の山々を気軽に歩くことができるようトレッキングコースとして整備しています。

99568:

撮影/Churako

自動車で向かうには、沖縄自動車道の許田(きょだ)ICを降りてからひたすら辺戸岬へと北東へ車を走らせます。
大体1時間~ほどで大石林山への入口が見えてきます。
(ここで北を目指すと美ら海水族館のある本部(もとぶ)方面に行ってしまうので注意)
99570:

撮影/Churako

駐車場に車を停めたら、券売場でチケット(820円)を購入して待つことしばし。
入口まではマイクロバスで向かいます。

マイクロバスの道中では運が良いとヤンバルクイナやウリ坊に会えるそうです(会えませんでした……)

大石林山の入山料や詳しいアクセス方法はコチラから。

また、以下のリンクからスマホで使える割引券が取得できます。

2.大石林山の周遊コース

99571:2.大石林山の周遊コース

撮影/Churako

さて、大石林山は広いので、4つの周遊コースが設けられています。

チケット購入時にマップをいただけます。

以下、簡単に大石林山のコースを説明します。







99536:

撮影/Churako

悩みましたが、全て歩く体力は私にはなさそうです……

そこで、「普段運動しない人でも大丈夫なコースを教えてください」と質問したところ、おすすめいただいたのは、(2)美ら海展望台コース(700m)。

(2)美ら海展望台コース(700m)は(3)バリアフリーコースを全て網羅し、かつ(1)巨石・石林感動コースの一部ルートと見どころの一つ「悟空岩」も入っているため見ごたえ充分とのこと。

取材当日はやや曇りでしたが、歩きなので曇り~小雨くらいが涼しくて回るのにぴったりの気候だそうです。
冬の沖縄観光にもお勧め。

次のページでは『3.美ら海展望台コースを巡ります』を掲載!
次のページを読む >>