もみじの天ぷらを食べながら眺める絶景!大阪府「箕面公園」、箕面の滝

大阪といえば、ビル街などの都会的なものを連想される方が多いかもしれません。ですが実は大阪にもたくさんの自然があります。関西専門の観光地ライターである私、賀川奈伸雄が今回訪れた箕面公園もそのひとつ。特に「箕面の滝」は一見の価値あり! その魅力をじっくりとお伝えします。


阪急線で箕面駅へ

94664:阪急線で箕面駅へ

撮影/賀川奈 伸雄

まずは梅田駅から阪急線で箕面駅へ。

途中、石橋駅で乗り換える必要がありますので、お忘れなきよう。

急行だとうっかり乗り過ごしてしまうかもしれませんよ。

94665:

撮影/賀川奈 伸雄

そうして箕面駅へ到着。
ここで記念写真をパシャリと一枚。

箕面公園はすぐそばの大きな坂道を歩いたところにあります。

準備はこの駅前でしっかり整えておきましょうね。

もみじの天ぷらを食べておこう

94666:もみじの天ぷらを食べておこう

撮影/賀川奈 伸雄

箕面公園へ通じる道中には、さまざまな食べ物のお店があります。

その中でオススメしたいのが「もみじの天ぷら」。

その名の通り、もみじをカラッと揚げて天ぷらにしたものなのです。

食べるにはちょっと勇気がいるかもしれませんが、これがまたおいしい。

小麦粉に砂糖やごまをまぶして作った衣は甘味たっぷりで、パリパリとした歯ごたえがクセになること請け合いです。

このもみじの天ぷらは秋だけでなく、一年を通じて味わっていただくことができます。
箕面を散策しながらサクサクっといただくのが、この界隈ではオツです。

偉人との意外なつながり「野口英世像」

94667:偉人との意外なつながり「野口英世像」

撮影/賀川奈 伸雄

駅から徒歩数分歩いたところで箕面公園に到着。

この公園ではどのような方でもお散歩を楽しむことができるよう、最初の方は2つのルートに別れています。

ひとつは勾配のついた山道、もうひとつは平坦な舗装された道。

ご自身の体力と相談してルートを選ぶことをおすすめします。

94668:

撮影/賀川奈 伸雄

そうして道を行くこと約10分、蛇腹な坂を上がったところにあるのが「野口英世像」。

日本史の教科書や1000円札でもおなじみの人物ですね。

黄熱病に苦しむ南米の人々のためにその生涯を捧げた彼の像が、いったいなぜこの箕面に?

それには彼の母親が深く関わっています。

94669:

撮影/賀川奈 伸雄

15年もの長いアメリカ留学から一時帰国した野口は、年老いた母シカをこの箕面に連れて行き、その風景を共に楽しみました。

足腰がすっかり悪くなった母をいたわるその様からは彼の親孝行ぶりがひしひしと感じられたそうで、それに感動を覚えた人々の手によってこの像が建てられたということです。

もみじ天ぷらを食べつつ、日本史に残る偉人の意外なエピソードに思いを馳せてみるのもいいですね。

引き返した理由とは? 「唐人戻岩」

94670:引き返した理由とは? 「唐人戻岩」

撮影/賀川奈 伸雄

最初は二手に別れていた道も、やがて一本道に。

鳥の鳴き声を聞きながら木々の間を歩いていると、目の前になにやら大きな岩が。

これが「唐人戻岩(とうじんもどりいわ)」です。

「唐人」とは、中国大陸に住む人をはじめとした外国人の総称。

この大岩には、ある外国人にまつわるエピソードが伝えられています。

関連記事を見る

国内の記事を見る

長崎市の観光スポット21選!実際に行って決めた編集部厳選スポットはここ
飛騨高山の観光スポット18選 ホテル支配人に聞いたおすすめスポットはここ!
草津観光ならここ!温泉だけじゃない草津満喫の観光スポット10選
飛騨高山のお土産ランキングTOP19 地元民に聞いた伝統グルメ&雑貨はこれ!
武勇と外交に長けた「鬼義重」こと佐竹義重、常陸統一から出羽転封までを語り尽くす
偉大すぎる父とできすぎた弟たちを持った毛利のプリンス・毛利隆元の苦悩
四国の雄・長宗我部氏の転落劇の主人公・長宗我部盛親の数奇な人生!
奈良時代から現存する「東大寺法華堂」ってどんなところ?
出奔されてもコイツが必要!と伊達政宗に思わせたデキる親戚・伊達成実ってどんな人?
負け戦に敢えて挑む男のプライド。秀吉に刃向った武将・九戸政実の生き様
秀吉vs勝家!決戦の地・賤ヶ岳古戦場の歴史を辿る旅
実は史跡や文化財の宝庫!日本を代表するホテル「椿山荘」の歴史とは