2017年さくらレポート!1年間に1週間だけの公開の桜名所・大阪造幣局の”桜の通り抜け”に行ってきました!

皆さまこんにちは!

Churakoです!いつもは沖縄のガイド記事を担当しておりますが、実は私は大学時代と就職してからしばらくの間を大阪で過ごしたため、大阪はなじみ深い土地の一つ。

今回は大阪を久しぶりに訪れ、大人気お花見スポットである「造幣局の桜の通り抜け」に行って参りましたので、内容をレポートいたします!

独立行政法人造幣局が実施する「桜の通り抜け」 とは?

独立行政法人造幣局が実施する「桜の通り抜け」  とは?

筆者撮影

大阪の造幣局南門(天満橋側)から北門(桜宮橋側)に向けて約560メートルの桜並木があり、年に一度、1週間だけ桜の見頃に合わせて一般公開されます。
1833年(明治16年)から続くこのイベントは「桜の通り抜け」として大阪のみならず全国でも名高い桜の名所のひとつです。
2017年3月25日のNIKKEIプラス1「遅咲き花見スポットランキング」では「造幣局桜の通り抜け」が西日本第1位に輝いています。

「桜の通り抜け」で特筆すべき点は、なんと134種類もの桜がトータルで約350本も植えられていること。
桜並木といえばソメイヨシノ…ではなく、色も形も咲き方もバラエティに富んだ様々な桜たちが配置されており、それらを一度に愛でることができるという、とても贅沢な空間なのです。

「桜の通り抜け」 いつ開催するの?

「桜の通り抜け」  いつ開催するの?

筆者撮影

「桜の通り抜け」の毎年の開催時期は、造幣局の桜で1番本数が多い桜「関山(かんざん)」(350本のうち66本)の開花を目安に桜の見頃に合わせて1カ月ほど前に決定されます。
2017年は4月の11日から17日に開催されました。
ソメイヨシノよりも遅咲きの桜が多く、いわゆる桜前線よりも遅めのスケジュール。
関山(かんざん)は、取材当日はまだ咲いていませんでしたが、週末には満開になったはず。

独立行政法人造幣局より提供

関山が花開くとこのような形に。
紅色が濃い八重の花が枝の先に集まって咲くのが特徴です。
この花びらが桜の塩漬けに用いられることでも有名。
とっても艶やかなお花ですね。

開催についての情報は造幣局HPにて確認できます。
開花状況もチェックできますよ。

造幣局に行ってみよう!

造幣局に行ってみよう!

筆者撮影

造幣局の最寄り駅は、

京阪(けいはん)線もしくは地下鉄谷町線の天満橋(てんまばし)です。

筆者撮影

駅を出たところから交通整理をしています。
歩行者通路もこの時期は一方通行なので、警察の方々の誘導に従って造幣局まで進んでくださいね。

筆者撮影

道すがら、川沿いの桜がちょうど満開で(例年は散っているのですが)ラッキーでしたよ。

筆者撮影

造幣局への通り道にもなっている天満橋から桜之宮橋の川沿いには、主にソメイヨシノが多数植えられ、“水の都”の桜の風景が楽しめる代表的な桜の名所。
お花見の時期には屋台も多数出店し、お花見を楽しむ多くの人で賑わっています。

造幣局へは道の混み方にもよりますが、駅から徒歩15分~20分ほどです。

造幣局に入ります!

造幣局に入ります!

筆者撮影

こちらが造幣局の南門です。
通り抜けは入場料無料ですので入場券などは不要。

一方通行で、一度入ったら逆行できませんのでご注意ください。

また、通り抜けの道中は

・飲食禁止

・自撮り棒禁止

・混雑時には立ち止まっての撮影禁止

なので、ご注意くださいね。

開門は朝10時。
朝イチはかなり並びますので、開門後に人の流れができてから来る方がベターです。
また、夜や土日の方が混雑して立ち止まれないレベルになります。
その場合の写真撮影は難しいので鑑賞に専念しましょう。

筆者撮影

今回は事前に造幣局に申請を行い、「wondertrip」の取材にご協力いただけることになりました。
造幣局様、ご協力ありがとうございます。

筆者撮影

さて、門をくぐって桜を見たときに

「あれ?咲いてない…」と思われるかもしれません。

それもそのはずで、134種類の桜は咲きごろがそれぞれ異なり、見る時にもよりますが、ソメイヨシノだけ植えられている空間のように全てが満開ということがないのです。
その時に咲いている花を一期一会で楽しむというのが造幣局の桜の楽しみ方。
毎年の咲きごろも違うので、会える花も違ってくるのです。

今年の花

今年の花

筆者撮影

さて、造幣局では毎年「今年の花」というのを決めています。

今年の花は「鬱金(うこん)」 。
その名の通り、花弁がショウガ科の鬱金(ウコン)色(=淡い黄色)であるのが特徴です。
後ろの花と比べてみると、色の違いがはっきりとわかりますね。
満開はもう少し先になりますが、可愛い花を付けていました。

Churako

Writer:

東京から沖縄本島に移住して5年。現在は本島南部の南城市で、美しい海を見ながら愛猫たちとのんびり暮らしています。 来沖する友人たちに少しでも沖縄を楽しんでもらおうと、観光客目線で地元散策をするうちに、すっかり沖縄観光の事情通に。島ないちゃーならではの感性で、ツアーとはまた違ったプライベートな旅行にぴったりの情報をお届けします! 学生時代は大阪で過ごし、実家は福岡のため、そちらの紹介を担当することも。見どころと楽しさをお伝えできるように心がけています。

この記事のカテゴリ

国内
大阪
旅行体験記
絶景
絶景

関連記事を見る

国内の記事を見る

【福岡観光】柳川を巡る旅―お舟でぶらり、お庭でのんびり、そしてうなぎに舌鼓―
自然と人の営みが育んだ愛媛県宇和島地区のシンボル 「遊子水荷浦の段畑」で味わう豊かな旅
3000年の歴史のある湯の街・道後温泉とお城めぐり
実録!京都観光で幻滅しない史跡めぐりのコツと心得
【高知県】家族連れにも楽しい「のいち動物公園」を楽しもう【18歳未満・高校生以下は入園料無料】
もうすぐ公開!映画『関ヶ原』を見る前に、「日本のいちばん長い日、関ヶ原の戦い」をおさらいしませんか?
【沖縄】首里城近辺の世界遺産「玉陵」「識名園」そして重要文化財の街並み「首里金城町の石畳道」をお散歩
岐阜の温泉地やおすすめ温泉旅館はここ!これで決まる完璧ガイド
【高知県】世界に2つしかない、モネの庭。北川村の「モネの庭」で、芸術鑑賞と庭園探索を楽しもう!
地元民も愛する茨城の観光スポット見どころ【地域別】
徳島県に観光に行ったら見たい・食べたい10のこと【阿波踊りだけとは言わせない】
家電の概念を打ち破る異空間、エディオン蔦屋家電とは?