大阪に吊り橋!「星のブランコ」を渡って度胸試し

大阪は「都市」というイメージがあるせいか、その自然が豊富であることは他府県の方にあまり知られていないようです。

大阪府民の中で有名な自然観光地といえば、やはり「星のブランコ」。

府民の森ほしだ園地にかかるその巨大な吊り橋なのですが、その迫力はいかほどか?

関西観光地専門のライターである、この賀川奈伸雄がご案内します。

京阪私市駅より「天の川」を征く

96563:京阪私市駅より「天の川」を征く

撮影/著者

京阪枚方市駅より、交野線で私市駅へ。

近鉄電車では行けないのでご注意を。

JRでは行けないこともありませんが、少々遠回りとなってしまいます。

また、必ず水分は準備しておいてください。

駅前にある売店や自販機で購入することができますので、お忘れなきよう。

96564:

撮影/著者

準備ができたら、駅から右の曲がり角へ、その次は自販機のある曲がり角を左に曲がってください。

大きな道路に出るのですぐに分かるかと思います。

そこが星のブランコのある「府民の森 ほしだ園地」の入り口につながっているのです。

96565:

撮影/著者

森林と川の間の中をゆく、やや傾斜のあるこの道は「かわぞいの路」。

星のブランコを目指す方のほとんどはここを通ります。

そばを流れているこの川はその名も「天野川(あまのがわ)」。

なぜこのようなロマンチックな名前がついているのかといいますと、かつてこのあたりが農業に適した肥沃な土地であったことから「甘野川」と名付けられ、それが転じて天野川となったようです。

川のほとりには「古今和歌集」にある漂白の詩人在原業平の「狩りくらし 棚機乙女(たなばたつめ)に宿からむ 天の河原にわれは来にけり」という歌が記された碑が立てられています。

あなたもチャレンジ?クライミングウォール

96566: あなたもチャレンジ?クライミングウォール

撮影/著者

かわぞいの路を30分ほど行けば、ほしだ園地に到着です。

多くの方がトレッキングを楽しむためにこの地をしばしば訪れています。







96567:

撮影/著者

ほしだ園地入り口からしばらく歩き続けると、目の前に巨大な岸壁、そしてコンクリートの壁が。

これがほしだ園地見所のひとつ「哮が峰(たけるがみね)」と「クライミングウォール」です。

クライミングウォールの高さは約17m。

壁面には「ホールド」と呼ばれるたくさんの足場が設けられており、ご自身の腕に応じて多彩なコースを選択可能です。

ここでは毎日多くのクライミングマニアがその腕を披露しています。

自信があるなら、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

96568:

撮影/著者

そのすぐそばにある「ピトンの小屋」は休憩所。

アイスや飲み物の購入ができたり、ほしだ園地に関するさまざまな情報を閲覧することができます。

大阪府民の森 ほしだ園地の住所・アクセスや営業時間など

名称 大阪府民の森 ほしだ園地
住所 大阪府交野市星田5019−1
営業時間・開場時間 9:00−17:00 火曜休園
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://osaka-midori.jp/mori/hoshida/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

大阪府民の森 ほしだ園地のスポットページ

星のブランコへ向かう道は……?

ピトンの小屋で休憩を終えたら、星のブランコ目指して出発しましょう。

目的地へは、幾つかのルート分岐があります。

次のページでは『ド迫力! 大阪の巨大吊り橋「星のブランコ」』を掲載!
次のページを読む >>