都会の中の天空の楽園!「ハルカス300」

大阪観光でどこにいこうか悩んでいるみなさん。現在大阪に住み、大阪に詳しくなってきている私MOSKがおすすめの観光スポットを紹介します。今回は「ハルカス300」です。地上300mから眺める大阪の景色は、見た人の心に残る素晴らしい景色です。きっと心を動かす体験をすることができるでしょう。大阪観光の役に立つと思うので、ぜひ参考にしてくださいね。

ハルカス300とは?

ハルカス300とは?

撮影/筆者

大阪市阿倍野区にあるあべのハルカス。
その58階、59階、60階に位置するところにあるのがハルカス300(展望台)です。

まずあべのハルカスについて少し紹介します。
あべのハルカスは高さが300mもある日本で1番高い高層ビルです。
そして大阪の新しいランドマークとしての役割を担っています。

晴るかすとは、晴れ晴れとさせるということを意味する古語です。
人々の心を明るくする役目も担っていることがハルカスという言葉の意味からもよく分かりますね。

そんなあべのハルカスの展望台である、ハルカス300に今回は行ってきました。

あべのハルカスの住所・アクセスや営業時間など

名称あべのハルカス
住所大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1丁目1−43
営業時間・開場時間店舗・施設による
利用料金や入場料店舗・施設による
参考サイトhttps://www.abenoharukas-300.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

あべのハルカスのスポットページ

ハルカス300へ行こう!

ハルカス300へ行こう!

撮影/筆者

では実際にハルカス300を訪れた時のことについて記していきたいと思います。

とその前に、あべのハルカスへのアクセスの仕方です。

あべのハルカスへは電車で行くのが便利。
JR・地下鉄は天王寺駅、近鉄は大阪阿部野橋駅、阪堺電車は上町線の天王寺駅前駅です。
それぞれの駅から歩いてすぐ着きます。
なお、駐車場はないため、公共交通機関を利用して訪れてください。

営業時間は午前9時から午後10時です。
最終入場は午後9時30分。
年中無休です。

撮影/筆者

料金は大人(18歳以上)が1,500円、中高生(12~17歳)が1,200円、小学生(6~11歳)が700円、幼児(4歳以上)が500円です。
障がい者料金や、団体料金も設定されています。
日時指定券も販売されているので便利ですね。

ハルカス300の住所・アクセスや営業時間など

名称ハルカス300
住所大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1丁目1−43
営業時間・開場時間9:00−22:00
利用料金や入場料大人1,500円 中高校生1,200円 小学生700円 幼児500円
参考サイトhttps://www.abenoharukas-300.jp/observatory/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ハルカス300のスポットページ

出発~ハルカス300チケットカウンター

出発~ハルカス300チケットカウンター

撮影/筆者

いよいよ出発。
今回も地下鉄谷町線大日駅から出発します。

撮影/筆者

地下鉄谷町線天王寺駅に着き南改札を出て、通路に沿って歩いていき、階段を上り、ekio tennnojiを歩いていきます。

撮影/筆者

すると、写真のような案内が見えてきます。


撮影/筆者

その下には、このような道順を示す案内があるのであとはこれに沿って進んで行きます。

撮影/筆者

すると、あべのハルカス16階のチケットカウンターへの行くことができる、ハルカスシャトルエレベーターに着くことができるのでこれに乗ってチケットカウンターまで上がります。

撮影/筆者

ハルカスシャトルエレベーターから出ると、また道順が案内で示されているので、それに沿って歩いていきます。

撮影/筆者

ハルカス300のチケットカウンターが見えてきました。

MOSK

Writer:

旅行好きのライターMOSKと申します。生まれも育ちも関西という生粋の関西人です。出身は滋賀県ですが、今は大阪府に住んでいます。また学生の頃は京都府にも一時期通っていました。ですから、大阪、京都、滋賀の観光の魅力は熟知している方ではないかと自負しています(笑)。 関西の魅力を自分の目線で、1つでも多く紹介していけたら嬉しいですね。よろしくお願いいたします。

この記事のカテゴリ

国内
大阪

関連記事を見る

国内の記事を見る

京都観光で絶対行きたい「伏見稲荷大社」、観光の前に知る「歴史」
観光前に知りたい「八坂神社」の基礎知識。外せないおすすめポイントは?
天井いっぱいに描かれた度迫力の双龍図に感動!京都最古の禅寺「建仁寺」の歴史と蘊蓄
【大洲城観光の前に知りたい】肱川の名前の由来は悲しい話?「大洲城」の歴史
蔵王温泉の観光前に知りたい!美肌の湯・美味の郷・仏のまします霊峰「蔵王温泉」の歴史
「レゴブロック」を生み出した世界的メーカー「レゴ」が歩んできた歴史とは?
関東大震災後に建築された小学校たち・東京都に現存する「復興小学校」とは?
栃木観光で行きたい!世界遺産からあの歴史の舞台まで…歴史的観光スポット10選
【沖縄お土産】もう迷わない!全部食べて決めた沖縄土産ランキングBEST30
自然の絶景と名湯が楽しめる鈴鹿山脈のレジャー拠点「湯の山温泉」の歴史・周辺歴史スポットとは?
人生で最も印象的だった「中山虫送り」。小豆島・中山千枚田の年中行事は一見の価値あり
小豆島に来たら絶対行きたい! 2大スポット「オリーブ公園」「エンジェルロード」