都会の中の天空の楽園!「ハルカス300」

大阪観光でどこにいこうか悩んでいるみなさん。現在大阪に住み、大阪に詳しくなってきている私MOSKがおすすめの観光スポットを紹介します。今回は「ハルカス300」です。地上300mから眺める大阪の景色は、見た人の心に残る素晴らしい景色です。きっと心を動かす体験をすることができるでしょう。大阪観光の役に立つと思うので、ぜひ参考にしてくださいね。

ハルカス300とは?

ハルカス300とは?

撮影/筆者

大阪市阿倍野区にあるあべのハルカス。
その58階、59階、60階に位置するところにあるのがハルカス300(展望台)です。

まずあべのハルカスについて少し紹介します。
あべのハルカスは高さが300mもある日本で1番高い高層ビルです。
そして大阪の新しいランドマークとしての役割を担っています。

晴るかすとは、晴れ晴れとさせるということを意味する古語です。
人々の心を明るくする役目も担っていることがハルカスという言葉の意味からもよく分かりますね。

そんなあべのハルカスの展望台である、ハルカス300に今回は行ってきました。

あべのハルカスの住所・アクセスや営業時間など

名称あべのハルカス
住所大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1丁目1−43
営業時間・開場時間店舗・施設による
利用料金や入場料店舗・施設による
参考サイトhttps://www.abenoharukas-300.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

あべのハルカスのスポットページ

ハルカス300へ行こう!

ハルカス300へ行こう!

撮影/筆者

では実際にハルカス300を訪れた時のことについて記していきたいと思います。

とその前に、あべのハルカスへのアクセスの仕方です。

あべのハルカスへは電車で行くのが便利。
JR・地下鉄は天王寺駅、近鉄は大阪阿部野橋駅、阪堺電車は上町線の天王寺駅前駅です。
それぞれの駅から歩いてすぐ着きます。
なお、駐車場はないため、公共交通機関を利用して訪れてください。

営業時間は午前9時から午後10時です。
最終入場は午後9時30分。
年中無休です。

撮影/筆者

料金は大人(18歳以上)が1,500円、中高生(12~17歳)が1,200円、小学生(6~11歳)が700円、幼児(4歳以上)が500円です。
障がい者料金や、団体料金も設定されています。
日時指定券も販売されているので便利ですね。

ハルカス300の住所・アクセスや営業時間など

名称ハルカス300
住所大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1丁目1−43
営業時間・開場時間9:00−22:00
利用料金や入場料大人1,500円 中高校生1,200円 小学生700円 幼児500円
参考サイトhttps://www.abenoharukas-300.jp/observatory/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ハルカス300のスポットページ

出発~ハルカス300チケットカウンター

出発~ハルカス300チケットカウンター

撮影/筆者

いよいよ出発。
今回も地下鉄谷町線大日駅から出発します。

撮影/筆者

地下鉄谷町線天王寺駅に着き南改札を出て、通路に沿って歩いていき、階段を上り、ekio tennnojiを歩いていきます。

撮影/筆者

すると、写真のような案内が見えてきます。


撮影/筆者

その下には、このような道順を示す案内があるのであとはこれに沿って進んで行きます。

撮影/筆者

すると、あべのハルカス16階のチケットカウンターへの行くことができる、ハルカスシャトルエレベーターに着くことができるのでこれに乗ってチケットカウンターまで上がります。

撮影/筆者

ハルカスシャトルエレベーターから出ると、また道順が案内で示されているので、それに沿って歩いていきます。

撮影/筆者

ハルカス300のチケットカウンターが見えてきました。

MOSK

Writer:

旅行好きのライターMOSKと申します。生まれも育ちも関西という生粋の関西人です。出身は滋賀県ですが、今は大阪府に住んでいます。また学生の頃は京都府にも一時期通っていました。ですから、大阪、京都、滋賀の観光の魅力は熟知している方ではないかと自負しています(笑)。 関西の魅力を自分の目線で、1つでも多く紹介していけたら嬉しいですね。よろしくお願いいたします。

この記事のカテゴリ

国内
大阪

関連記事を見る

国内の記事を見る

日本ではじめての流通貨幣「和同開珎」の歴史と謎に迫る!
【パナマの歴史】運河に翻弄されながら繁栄を遂げた熱き国の物語
【高知県】道路に突き刺さる橋!?「手結港可動橋」を見学後は、ヤ・シィパークで夏を満喫!
【高知県】推定樹齢3,000年の神秘的なスポット!日本一を誇る大豊町の「杉の大スギ」に行ってみた
【高知県】魚の釣り方から食べ方までを土佐弁で解説!桂浜水族館の攻め具合が面白い
【うさぎの楽園】休暇村大久野島って何?なぜ有名?キャンプや日帰りなどおすすめ過ごし方は?
愛媛の温泉地やおすすめ温泉旅館はここ!これで決まる完璧ガイド
【甲府城】史実とは違う修復?将軍を出し、戊辰戦争で争われた甲府城の歴史
【愛知お土産】地元民が選ぶ!スイーツから味噌まで愛知県のお土産28選
宮城の温泉地やおすすめ温泉旅館はここ!これで決まる完璧ガイド
【高知県】日本三大鍾乳洞のひとつ、龍河洞の一般観光コースに行ってみた!自然×時間が造った絶景&冒険スポット!
地元民が選ぶ!江古田のおすすめのランチ30選