【串カツ、レトロゲーム、通天閣】新世界で大阪を堪能しよう!食いだおれに遊びだおれ!

あらゆる「食」と「娯楽」が集う、食いだおれの町大阪。そんな大阪の”らしさ”を存分に堪能できるスポットはどこなのか、ご存じでしょうか。それは大阪市浪速区にある「新世界」です。マンガ「じゃりん子チエ」をはじめとする数々の作品の舞台となったこの場所の食と娯楽を、大阪出身の観光ライターであるこの賀川奈伸雄がお届け!

通天閣通りを通って新世界へ

通天閣通りを通って新世界へ

撮影/筆者

今回は地下鉄堺筋線恵美須町駅から出発。

新世界からもっとも近いこの駅の階段を上がれば、すぐそこに通天閣が見えています。

撮影/筆者

この通天閣通りを通っていきましょう。

と、その前に、この通りにもいろいろと面白いものがあるので、見ていくことに。

撮影/筆者

駅前にジュースサーバーが多数出店する時代になりましたが、こうした地元のジュース屋さんの雰囲気というのはいいものですよね。

撮影/筆者

ここで「ひやしあめ」を注文。

この飲み物、関東にお住まいの方はあまりご存じないかもしれませんが、れっきとした大阪名物のひとつなのです。

撮影/筆者

新世界通りにはこんな店も。

レトロゲーム専門のゲームセンター「ザリガニ」です。

中に入ると、かつて人気を博していたなつかしのゲーム筐体がせいぞろい。

撮影/筆者

他では滅多に見られない激レアなものも稼働しているので、ゲームマニアの方は必見といえるでしょう。

新世界に到着!まずはおいしいものを

新世界に到着!まずはおいしいものを

撮影/筆者

さて、いよいよ新世界のメインストリートに到着です。

かつては地元の人のみが知る隠れた観光スポットとされていましたが、近年はその「大阪的なノリ」が全国に広く評価され、平日であっても多くの人でにぎわうようになりました。

撮影/筆者

この通りの特徴と言えば、とにかく串かつの店が多いこと。

右を見ても左を見ても串カツだらけ。

確かに大阪名物といえば串カツではありますが、ここまでたくさんあるとどの店に入ればよいのか迷ってしまいそう。

とはいえ、ここは食いだおれの街大阪の中心的な場所。

どの店も一定のクオリティは保っているので「おいしくなくて損した!」と悲惨な結果になることはまずないといってよいでしょう。

関連記事を見る

国内の記事を見る

日本ではじめての流通貨幣「和同開珎」の歴史と謎に迫る!
【パナマの歴史】運河に翻弄されながら繁栄を遂げた熱き国の物語
【高知県】道路に突き刺さる橋!?「手結港可動橋」を見学後は、ヤ・シィパークで夏を満喫!
【高知県】推定樹齢3,000年の神秘的なスポット!日本一を誇る大豊町の「杉の大スギ」に行ってみた
【高知県】魚の釣り方から食べ方までを土佐弁で解説!桂浜水族館の攻め具合が面白い
【うさぎの楽園】休暇村大久野島って何?なぜ有名?キャンプや日帰りなどおすすめ過ごし方は?
愛媛の温泉地やおすすめ温泉旅館はここ!これで決まる完璧ガイド
【甲府城】史実とは違う修復?将軍を出し、戊辰戦争で争われた甲府城の歴史
【愛知お土産】地元民が選ぶ!スイーツから味噌まで愛知県のお土産28選
宮城の温泉地やおすすめ温泉旅館はここ!これで決まる完璧ガイド
【高知県】日本三大鍾乳洞のひとつ、龍河洞の一般観光コースに行ってみた!自然×時間が造った絶景&冒険スポット!
地元民が選ぶ!江古田のおすすめのランチ30選