四国の雄・長宗我部氏の転落劇の主人公・長宗我部盛親の数奇な人生!

長宗我部盛親(ちょうそかべもりちか)、大河ドラマ「真田丸」でその存在を知った方もいらっしゃるかと思います。ちょっと変わった名字ですが、長宗我部氏と言えば、戦国時代に四国をほぼ統一した一大勢力なんですよ。その跡継ぎとなった盛親には、当然、輝かしい未来が約束されていたはず…でした。しかし、運命とは実に数奇なもの。盛親が歩むこととなったのは、苦難と波乱の道だったんです。それがどんなものだったか、ご紹介しましょう。






長宗我部元親の四男

長宗我部元親の四男

image by PIXTA / 336142

盛親は、天正3(1575)年に土佐(高知県)の戦国大名・長宗我部元親(ちょうそかべもとちか)の四男として誕生しました。

父・元親こそ、長宗我部氏を全盛時代に導いた傑物。
若い頃は「姫若子(ひめわこ)」と呼ばれるほど柔和な性格でしたが、成人してからは武勇を発揮し、四国をほぼ手中に収めるという偉業を成し遂げました。

しかし、その名君・元親が暗君へと変貌する悲劇が起きてしまったんですね。

それは、天正14(1586)年に、豊臣秀吉の九州征伐に従い出陣した時のこと。

戸次川(へつぎがわ)の戦いで、元親は、信頼していた長男の信親(のぶちか/盛親にとっては長兄))を失ってしまったんです。

聡明で将来を嘱望されていた跡継ぎでしたから、元親の悲嘆は相当なものでした。

そして、生活や性格まで一変してしまったんですよ。

政治にやる気を失い、今までの度量の広さもなくしてしまい、暴君と言ってもいいほどになってしまったんです。

そして、空席となった跡継ぎを巡り、長宗我部家内ではキナ臭さが立ち込めて行ったのでした。

跡継ぎを巡る争いの末、後継者となる

跡継ぎを巡る争いの末、後継者となる

image by PIXTA / 2556247

盛親は四男でしたが、当然、二男と三男もいたわけです。

二男は香川親和(かがわちかかず)、三男は津野親忠(つのちかただ)と言い、名字を見てもお分かりかと思いますが、すでに他家へ養子に出ていました。

となれば盛親が跡継ぎになるのは当然…と思われましたが、実はそうでもなかったようです。

盛親の性格が短気で傲慢だとして、反対する家臣たちもいたんですって。

ただ、元親は信親の次に盛親に愛情を注いでいたらしく、まったく家臣たちの意見を受け付けようとはしませんでした。
また、死んだ信親の娘と結婚させるには、盛親がいちばん年齢的につり合いが取れたため、盛親を跡継ぎに選んだとも言われています。

また、元親がいかにおかしくなっていたかがわかる話もあります。

豊臣秀吉に、二男の香川親和を後継にするようにと言われたのにもかかわらず、拒否したというんですよ。

本来なら天下人の命令は絶対のはずですが、これを容れないというのはまさに異常事態でした。
結局、親和は天正15(1587)年に病気で亡くなってしまったので、この話は立ち消えになりましたが…。

そして、元親は側近の久武親直(ひさたけちかなお)に言われるがまま、盛親擁立に反対した家臣を粛清し、盛親を跡継ぎに据えたわけです。

この久武親直がまた、油断ならないヤツだったんですよ。

後に盛親にもあることないことを吹き込んだ、いわば「奸臣」というやつです。

実の兄でさえ、「もし自分が戦死してもあいつに跡を継がせてはならん」と言ったほどの人物だったんですね。

そんな人物が幅を利かせている長宗我部氏の跡継ぎとなった盛親、果たして大丈夫なんでしょうか…?

後々まで影響を及ぼした家督相続争い

後々まで影響を及ぼした家督相続争い

image by PIXTA / 27797021

こうして、元親は跡継ぎに盛親を指名し、共同統治という形を取りました。

しかし、家督相続のプロセスがドロドロしたものだっただけに、豊臣政権から重きを置かれなかったとも言われています。

一般的に、当主やその後継者には、ハクを付けるために形式的な朝廷の官位を授けられました。
例えば、少将や権中納言などですね。

しかし、盛親にはそうした官位が授けられなかったんですよ。

また、盛親が元服するに当たっても、烏帽子親となったのは豊臣家や重臣クラスの大名ではなく、五奉行のひとり・増田長盛(ましたながもり)だったんです。
五奉行と言えば政権ないでは官僚的な役割。
役割自体は重要でしたが、格としてはそこまで高いものではありませんでしたから、やはり、盛親が跡継ぎとなった長宗我部氏は、重要視されていなかったのかもしれません。

とはいえ、元親に従い、盛親は天正18(1590)年の小田原征伐や後の朝鮮出兵にも参戦しました。

関ヶ原の戦い参加の経緯

関ヶ原の戦い参加の経緯

image by PIXTA / 37909266

慶長4(1599)年、父・元親が亡くなり、盛親は25歳にして正式に当主となりました。

すでにこの時、豊臣秀吉は亡くなり、幼い秀頼が後継者となったものの、その政権基盤は揺らぎ始めていました。

そんな中、最大勢力の徳川家康が徐々に実権を握り始め、豊臣家を戴く石田三成との対立が深まっていったわけです。

そして慶長5(1600)年に起きたのが、関ヶ原の戦いでした。

毛利輝元(もうりてるもと)を総大将とし、実質石田三成が筆頭を務める西軍と、家康を総大将とした東軍との決戦は「天下分け目の合戦」と呼ばれましたが、この時、盛親は西軍に付いています。

本当は東軍に付くつもりで使者を派遣するも失敗したとも伝わっていますが、定かではありません。

元々、豊臣家から重視されていなかったと思われる長宗我部家ですが、盛親が西軍に参加したのは、烏帽子親である増田長盛とのつながりがあったからだとも言われています。

また、この戦いに参加することで、豊臣政権から正式に当主として認めてもらうという目的があったとも言われていますね。







戦らしい戦をしないまま退却

戦らしい戦をしないまま退却

image by PIXTA / 22922412

盛親は南宮山(なんぐうさん)に布陣しますが、これが実にアンラッキーでした。

南宮山には、毛利秀元(もうりひでもと)と吉川広家(きっかわひろいえ)ら毛利方の武将や五奉行のひとり・長束正家(なつかまさいえ)も布陣していたんですが、この内の吉川広家が、実は東軍に内通していたんです。
そして、陣を動かそうとしなかったんですよ。

吉川広家としては毛利家を守るために東軍に通じていたわけですが、その結果、広家の軍が立ちふさがる形となったため、南宮山にいる隊はみな動けなくなってしまい、もちろん戦闘に参加することもできなかったんです。

そうこうしているうちに小早川秀秋(こばやかわひであき)が東軍に寝返ったため、形勢は一気に東軍に有利となり、天下分け目の合戦はわずか半日で終了することとなってしまったのでした。

何もできなかった盛親は、歯噛みしながら土佐へと引き上げて行くしかなかったんです。

こればかりは、運命のいたずらと言うしかありませんよね…。

盛親最大のミス!兄を殺してしまう

盛親最大のミス!兄を殺してしまう

image by PIXTA / 20889430

戦後、盛親は西軍の武将として処罰の対象となってしまいました。

しかし、戦闘自体には参加しておらず(できなかった)、何とか家康に領地だけは保証してもらいたいと、家康の重臣・井伊直政(いいなおまさ)に仲介を頼もうとしたんですよ。

この時、実の兄・津野親忠が窓口となってくれたようなんです。
一時は後継者争いで対立(といっても両者についた家臣の対立だったが)し、父・元親に盛親の脅威だとして幽閉までされていた親忠ですが、やはりそこは兄弟としての情もあったのでしょうね。

しかし、ここであの久武親直が盛親に囁きます。

「津野親忠は藤堂高虎(とうどうたかとら)と通じ、土佐半国をモノにしようとしていますぞ」

実際、親忠は藤堂高虎とは親しく、その藤堂高虎の領地が伊予(愛媛県)にあったため、盛親は疑心暗鬼に陥ったと思われます。

そして、久武の言葉を真に受けた盛親は、親忠を殺害してしまったんです(久武が勝手に殺したという説もあり)。

これを聞いた家康は「兄殺しめ!」と激怒。

上洛していた盛親は、改易(領地没収、武士の身分剥奪もある)されて土佐にも帰れない状態になってしまったのでした。

土佐22万石から一文無しの浪人へ、あっという間の転落劇だったんです。

それにしても、親忠の無念というのもはかりしれませんが…。

盛親にもう少し冷静な判断ができていれば、こんなことにはならなかったわけですが、まさに後悔先に立たず、というやつですね。

殿様がいなくなった土佐

殿様がいなくなった土佐

image by PIXTA / 13739715

盛親は上洛してそのまま改易となってしまったため、当主不在の土佐は混乱しました。

家康は土佐に使者を送り、盛親の本拠地・浦戸城(うらどじょう)を接収しようとしますが、ここで、残された長宗我部の家臣たちが反発します。

彼らは、使者の宿所を1万7千の兵で包囲し、家康に反抗したのでした。
これが浦戸一揆です。

ただ、一揆側も一枚岩ではなかったんですよ。

長宗我部氏繁栄の裏には、「一領具足(いちりょうぐそく)」と呼ばれる、平時は農民、戦時は兵となって駆け付ける者たちが大勢いました。
元親が彼らを積極的に用いたため、土佐は一領具足に支えられた国として成長してきたわけです。

しかし、彼ら一領具足からすれば、長宗我部氏が当主でなくなれば、自分たちの身分もまたなくなってしまうことになります。

そのため、徹底抗戦を主張する一領具足たちと、だんだん状況を見極めてきて、徳川に降った方が良いと考える重臣クラスの武士たちとの間に亀裂が生じたのでした。

そして、一部の重臣たちは、反対派を城外に追い出して討ち取ってしまったんです。

こうして接収は完了し、新領主・山内一豊(やまうちかつとよ)が入城したのでした。

実は、家康は土佐を盛親から取り上げても、代替地をあてがうことを考えていたそうなんです。
盛親が上洛したのは、この交渉のためだったとも言われています。

しかし、この浦戸一揆のせいで、それも反故になってしまったんですよ。

もうちょっと、重臣たちにこのことを話しておけば良かったんじゃないかと思うんですが…。
やはり、こういうところにも、かつての後継者争いで亀裂の入った家臣たちとの間柄が垣間見えるような感じがしますね…。

Writer:

世界と日本がどのように成り立ってきたのか、歴史についてはいつになっても興味が尽きません。切っても切り離せない旅と歴史の関係を、わかりやすくご紹介していけたらと思っています。

この記事のカテゴリ

四国
国内

関連記事を見る

四国の記事を見る

姫若子?鬼若子?四国の偉人「長宗我部元親」の半生を辿る
香川観光で見られる歴史的スポット13選 日本一小さいけれど魅力が満載!
【臥竜山荘の歴史】崖からせり出した不老庵と、苔むした緑豊かな庭園が見どころ
【大洲城観光の前に知りたい】肱川の名前の由来は悲しい話?「大洲城」の歴史
人生で最も印象的だった「中山虫送り」。小豆島・中山千枚田の年中行事は一見の価値あり
小豆島に来たら絶対行きたい! 2大スポット「オリーブ公園」「エンジェルロード」
山奥に咲く芝桜が絶景! 隠れた名所「高開の石積み」へ
「来島海峡大橋」を渡って 橋と瀬戸内の多島美が魅せる絶景の旅
一度は降りてみたい絶景の無人駅「下灘駅」で 美しさとおもてなしに触れるデトックス旅
自然と人の営みが育んだ愛媛県宇和島地区のシンボル 「遊子水荷浦の段畑」で味わう豊かな旅
3000年の歴史のある湯の街・道後温泉とお城めぐり
【高知県】家族連れにも楽しい「のいち動物公園」を楽しもう【18歳未満・高校生以下は入園料無料】