自然と人の営みが育んだ愛媛県宇和島地区のシンボル 「遊子水荷浦の段畑」で味わう豊かな旅

「日常の喧騒から離れて、のんびり過ごしたいな」
都会暮らしの皆さん、ふと、そんなふうに思うことありませんか?

「ここは、何にもないところだから」
田舎暮らしの皆さん、あたりまえの風景にこそ、豊かさがあるものかもしれません。

というわけで今回は、四国の西端に位置する愛媛県宇和島市へ。
遊子の人にとっては日常の風景でありながら、訪れる人にとっては非日常の絶景として知られる「遊子水荷浦の段畑」をピックアップ。
地元愛媛をこよなく愛するフォトライター高橋陽子が、その美しさをご紹介します。

遊子の絶景を目指して、いざ!

遊子の絶景を目指して、いざ!

撮影/筆者

愛媛在住のフォトライター高橋陽子です。

地元を愛してやまない私だからこそお伝えできる愛媛の魅力を、たっぷりお届けしていきます。

それでは、愛車に乗って、いざ宇和島の遊子へ!

インターチェンジを降りて、国道345号線で遊子方面へ向かいます。

撮影/筆者

岬にある目的地。
向かう途中ではすでに、素敵な景色に出会うことができます。

そう、どこまでも穏やかで、キラキラ輝く青い海、瀬戸内海との出会いです。

撮影/筆者

凪いだ海を横目に、道端で井戸端会議をするおばあちゃんや農作業帰りのおじいちゃんとすれ違いながら、くねくね道を進むと、ついに目的地へと到着。

車を停めると、空に駆け上がる階段のごとく、雄大な段々畑が視線の先に広がります。

撮影/筆者

下から見ると、斜面を石垣で固めた山。

そしてその高い高い頂上まで、見事に畑が作られています。

撮影/筆者

登り口はこちら。

撮影/筆者

登り始めの風景。

石造りの断崖のようで、古代遺跡のようです。

撮影/筆者

景色を堪能しながら、ゆっくりとゆっくりと山を登りました。

撮影/筆者

海に落ち込むように広がる急斜面に作られた畑の数々。

撮影/筆者

その幅は畳1畳くらいでしょうか。
まさにそこに暮らす人々の知恵と丁寧な営みがつくり出した絶景です。

撮影/筆者

途中、段畑を耕している農家さんの姿も。

そしてついに頂上へ!
頂上からの景色がこちらです。

撮影/筆者

真っ青な空と海はその境界線をなくし、豊かな緑と手入れされた畑で保たれた山が、素晴らしい眺めを演出していました。

高橋陽子

Writer:

愛媛生まれ愛媛育ち。  地元自治体の広報担当やウェディングプロデューサー業を経て、フリーランスに。  まちの人々の暮らしや誰かの人生ストーリーを見て、聞いて、撮って。自分の人生と掛け合わせながら再編集することが好き。 ときにフォトライター、ときにエディター、ときにプロデューサー…。 わらじを何足履けるか、リモートでどこまで繋がれるか冒険しながら、大好きな愛媛暮らしを満喫中。 https://www.facebook.com/yokotakahashi0823?ref=bookmarks

この記事のカテゴリ

四国
国内
愛媛県
絶景

関連記事を見る

四国の記事を見る

【大洲城観光の前に知りたい】肱川の名前の由来は悲しい話?「大洲城」の歴史
人生で最も印象的だった「中山虫送り」。小豆島・中山千枚田の年中行事は一見の価値あり
小豆島に来たら絶対行きたい! 2大スポット「オリーブ公園」「エンジェルロード」
山奥に咲く芝桜が絶景! 隠れた名所「高開の石積み」へ
「来島海峡大橋」を渡って 橋と瀬戸内の多島美が魅せる絶景の旅
一度は降りてみたい絶景の無人駅「下灘駅」で 美しさとおもてなしに触れるデトックス旅
3000年の歴史のある湯の街・道後温泉とお城めぐり
【高知県】家族連れにも楽しい「のいち動物公園」を楽しもう【18歳未満・高校生以下は入園料無料】
【高知県】世界に2つしかない、モネの庭。北川村の「モネの庭」で、芸術鑑賞と庭園探索を楽しもう!
徳島県に観光に行ったら見たい・食べたい10のこと【阿波踊りだけとは言わせない】
【高知県】室戸の海と絶景をたっぷり堪能!「室戸スカイライン展望台津呂山」と「室戸岬灯台」
香川の温泉地やおすすめ温泉旅館はここ!これで決まる完璧ガイド