自然と人の営みが育んだ愛媛県宇和島地区のシンボル 「遊子水荷浦の段畑」で味わう豊かな旅

「日常の喧騒から離れて、のんびり過ごしたいな」
都会暮らしの皆さん、ふと、そんなふうに思うことありませんか?

「ここは、何にもないところだから」
田舎暮らしの皆さん、あたりまえの風景にこそ、豊かさがあるものかもしれません。

というわけで今回は、四国の西端に位置する愛媛県宇和島市へ。
遊子の人にとっては日常の風景でありながら、訪れる人にとっては非日常の絶景として知られる「遊子水荷浦の段畑」をピックアップ。
地元愛媛をこよなく愛するフォトライター高橋陽子が、その美しさをご紹介します。

遊子の絶景を目指して、いざ!

101771:遊子の絶景を目指して、いざ!

撮影/高橋陽子

愛媛在住のフォトライター高橋陽子です。

地元を愛してやまない私だからこそお伝えできる愛媛の魅力を、たっぷりお届けしていきます。

それでは、愛車に乗って、いざ宇和島の遊子へ!

インターチェンジを降りて、国道345号線で遊子方面へ向かいます。

101772:

撮影/高橋陽子

岬にある目的地。
向かう途中ではすでに、素敵な景色に出会うことができます。

そう、どこまでも穏やかで、キラキラ輝く青い海、瀬戸内海との出会いです。

101773:

撮影/高橋陽子

凪いだ海を横目に、道端で井戸端会議をするおばあちゃんや農作業帰りのおじいちゃんとすれ違いながら、くねくね道を進むと、ついに目的地へと到着。

車を停めると、空に駆け上がる階段のごとく、雄大な段々畑が視線の先に広がります。

101774:

撮影/高橋陽子

下から見ると、斜面を石垣で固めた山。

そしてその高い高い頂上まで、見事に畑が作られています。

101775:

撮影/高橋陽子

登り口はこちら。
101776:

撮影/高橋陽子

登り始めの風景。

石造りの断崖のようで、古代遺跡のようです。







101777:

撮影/高橋陽子

景色を堪能しながら、ゆっくりとゆっくりと山を登りました。
101778:

撮影/高橋陽子

海に落ち込むように広がる急斜面に作られた畑の数々。
101779:

撮影/高橋陽子

その幅は畳1畳くらいでしょうか。
まさにそこに暮らす人々の知恵と丁寧な営みがつくり出した絶景です。
101780:

撮影/高橋陽子

途中、段畑を耕している農家さんの姿も。

そしてついに頂上へ!
頂上からの景色がこちらです。

101781:

撮影/高橋陽子

真っ青な空と海はその境界線をなくし、豊かな緑と手入れされた畑で保たれた山が、素晴らしい眺めを演出していました。
次のページでは『段畑の目の前にある「だんだん屋」にもぜひお立ち寄りを』を掲載!
次のページを読む >>