一度は降りてみたい絶景の無人駅「下灘駅」で 美しさとおもてなしに触れるデトックス旅

伊予灘に浮かぶ美しい夕陽が望める下灘駅。
かつては「日本一海に近い駅」として知られ、現在でも、青春18きっぷのポスターやドラマのロケ地として有名です。
特別なものはないですが、ホームに降り立ち感じるその美しさに、誰もが魅了されます。

今回はそんな下灘駅の素晴らしさを、地元を愛するフォトライターの私だからこそお届けできるよう、たくさんの写真とともにご紹介します。ぜひ楽しんでくださいね。

誰もが魅了される駅「下灘駅」へ!

101698:誰もが魅了される駅「下灘駅」へ!

撮影/高橋陽子

こんにちは。
愛媛在住のフォトライターの高橋陽子です。

今回ご紹介するのは、私も大好きな絶景スポット「下灘駅」。

地元から近く、実は何度も下灘駅に来ている私は、今回も愛車でビューンとやって来ましたが、旅人の皆さんが愛媛の中心地松山方面から向かう場合は、JR松山駅から伊予大洲行の予讃線に乗り込みます。

「ガタンゴトン。
ガタンゴトン」と揺れる車窓に流れる自然美は、見ごたえたっぷりですよ。

ホームに降りれば目の前は絶景の伊予灘

101699:ホームに降りれば目の前は絶景の伊予灘

撮影/高橋陽子

そんな車窓からの景色も楽しみつつ、電車に揺られること45分。
下灘駅に到着です。
101700:

撮影/高橋陽子

電車を降りた瞬間、目の前に広がるのは、海と空の青のコントラスト.
101729:

撮影/高橋陽子

数々の映画やドラマのロケ地としても使われ、「一度は降りてみたい駅」と言われるのもうなずけます。
101701:

撮影/高橋陽子

昭和10年に開業した下灘駅は、この下に国道が開通するまでは「日本で一番海に近い駅」として名を馳せていました。






101702:

撮影/高橋陽子

ローカル線で単線、しかもワンマン列車が走る無人駅でありながら、週末の夕暮れ時には、旅人、恋人たちやカメラを構えた鉄道ファンが大勢押し寄せます。

駅で出会う地元の方のおもてなしにほっこり

101703:駅で出会う地元の方のおもてなしにほっこり

撮影/高橋陽子

そんな旅人たちを温かく迎えてくれるのは、いつ来ても綺麗な駅。
地元の老人会の皆さんが、いつも熱心に花壇の植え替えや水やりを行ってくれているのです。
101705:

撮影/高橋陽子

ホームもこの通り。
地元の人々が植えた花が、彩りを添えてくれています。
次のページを読む >>