愛媛と高知の県境「四国カルスト」で自然に癒されよう!

愛媛と高知の県境にある四国カルスト。東西におよそ25km、標高1000から1500mに連なっていて、日本の三大カルストの1つに数えられています。広大な土地、見晴らしのいい景色、のびのびと放牧されている牛たち…まるでここが日本であることを忘れてしまいそうです。そして、世界に比べると小さな日本の、さらに小さな四国にあるだなんて。季節によっていろんな表情を見せてくれますし、年間を通してオススメの観光スポットです。

カルストとは?

カルストとは?

image by iStockphoto

カルストとは、石灰岩などの水に溶ける岩石などからできた地形で、その岩石が雨などにより溶かされてできています。
その性質から木が育つことがないので、森や林になることがなく、何にもさえぎられることなく広大な草原や野原となります。
溶け残った石灰岩が遠目にみると、放牧されている動物に見えますよね。
近づいてみてびっくり!ふわふわな羊がのんびり過ごしているのかと思ったら、正体はごつごつの岩。

日本の三大カルストは四国カルストのほかに、山口県の秋吉台と福岡の平尾台がいわれています。
カルストの下には鍾乳洞があるとされていて、秋芳洞なども人気の観光スポットですね。
四国カルストには鍾乳洞はありませんが、乳牛が放牧されています。
小さな日本の、さらに小さな島国にある広大な土地にのびのびと暮らす牛たちの姿は、どこか日本離れしていてトリップ感満載で楽しいおでかけになること間違いなし!

四国カルストへのアクセス

四国カルストへのアクセス

image by iStockphoto

バスや電車などの公共の乗り物でのアクセスは難しいようです。
調べてみると、高知県からであればバスでのアクセスができるみたいなのですが、1日の便数が極端に少ないことや、四国カルストにあるいくつかの目玉の高原を行き来できません。
1番オススメなのは自由度の高い、車のようです。

車で行かれる際に四国カルストへのルートはいくつかあります。
どこからスタートするかによって最短ルートは変わってきますが、四国カルストへの道のりは長く険しいです。
比較的、舗装されて走りやすい道もありますが、ひとつ間違えば車一台が通るのがやっとな狭い山道なんかもあります。
運転に自信があれば自然を楽しみながらの山道ドライブもできますが、慣れない土地だったり、不安な方は遠まわりをしてでも安全なルートから行きましょうね。

四国カルストの最も高い標高にある天狗高原

天狗高原には「天空の爽回廊」と呼ばれる、セラピーロードがあります。
遊歩道には広きチップが敷き詰められていて、足への負担も軽減されるのでお子様でも安心して歩けるのだとか。

セラピーロードとは、森の自然のパワーを五感で感じることでストレスを解消するのだそう。
難しいことは考えずにただ感じるだけです。
事前に予約をしておけば、セラピー弁当というものが購入でき、遊歩道の中間地点にある丸太で作られた休憩所でお昼ご飯を食べることができます。
これで味覚からもばっちり癒されますね。
帰ったころにはストレスゼロ?別料金ではありますが、ストレスチェックもできるそうなので、効果を数値で確かめてみたいからはぜひ前後にやってみてください。

天空の宿、天狗荘で宿泊

天狗高原には、県境に建てられた天狗荘というお宿があります。
出されるお料理は地元の山菜や川魚をメインとした郷土料理や、季節によっても変わり、寒い時期にはボタン鍋やキジ鍋などの鍋料理や、春や夏にはバーベキューも楽しめるそうです。
お部屋のタイプも様々で、バンガローもあります。
それぞれの好みに合わせて選べるのが嬉しいですね。

それから、天狗荘の目玉はなんでも大浴場だそうで、ここは宿泊者した入ることができないんだそうです。
大浴場には大きな窓があり、その窓から四国カルストを見渡すことができます。
その景色に夢中になるあまり長湯してしまいそうですね。
のぼせて倒れてしまわないように注意しましょう。







満点の星空と、雲海

忙しくて慌ただしい毎日を過ごしていると、ゆっくり星を眺める時間なんてないですよね。
ふと空を見上げてみても、街中だと街の明かりに星の明かりもさすがに負けてしまいます。
星はよく目を凝らして見ていると瞬いていますよね。
星は生きているということを象徴してくれているようです。
星の瞬きから、呼吸をしているだとか、歌を歌っているようだとか…受け取り方は人それぞれ。
ぜひ、星を観賞する際には静かな場所で何にも邪魔されない場所で、星の瞬きからパワーをもらいましょう。

そして、運が良ければここでは雲海が見えることもあるそうです。
まさに天空の宿、空の上にいるようなふわふわとした気分で重力から解放されたようでストレスフリーな時間が過ごせちゃいそうですね。

冬はスキーが楽しめる

冬は雪で制限されてしまい、立ち入ることのできないエリアもありますが、天狗高原にはスキー場があるので冬でも楽しむことができます。
今では人工の降雪機などを使っているスキー場が多いですが、ここでは降雪機は使用されず天然の雪のみです。
人口の雪があれば、その年の降雪量や天候にあまり左右されにくくなるので、メリットも大きいですが…やはり天然の雪とは質が大きく変わります。

一面の銀世界で、頭の中を真っ白にして目一杯遊んで、疲れて夜はぐっすり休みましょう。
もちろん、星空観賞も忘れずに!冬の澄んだ空気だと、星はより綺麗に見えますしね。

四国カルストの中心、姫鶴平

四国カルストの中心にある姫鶴平。
姫鶴平にある「鶴姫荘」にはお土産屋さんやレストランがあるので、日帰りでも十分に楽しむことができます。
カルストの大地で悠々と育った牛たちのミルクを使った製品は絶品で、お土産にも喜ばれますよ。

もちろん、泊まることもできます。
ここではコテージやキャンプが人気のようで、キャンピングカーで来られている方も多く見えるそうです。
お宿に泊まるのもいいけれど、テントを張って寝袋で…なんていうのも、なんだかワクワクしますよね。
バーベキューも人気のようで、自然の中で美味しい空気と一緒においしいご飯が食べられるなんて、満足満腹間違いなし。

次のページでは『ハイキングにおすすめ、五段高原』を掲載!
次のページを読む >>

関連記事を見る

四国の記事を見る

四国の雄・長宗我部氏の転落劇の主人公・長宗我部盛親の数奇な人生!
姫若子?鬼若子?四国の偉人「長宗我部元親」の半生を辿る
【臥竜山荘の歴史】崖からせり出した不老庵と、苔むした緑豊かな庭園が見どころ
【大洲城観光の前に知りたい】肱川の名前の由来は悲しい話?「大洲城」の歴史
人生で最も印象的だった「中山虫送り」。小豆島・中山千枚田の年中行事は一見の価値あり
小豆島に来たら絶対行きたい! 2大スポット「オリーブ公園」「エンジェルロード」
山奥に咲く芝桜が絶景! 隠れた名所「高開の石積み」へ
「来島海峡大橋」を渡って 橋と瀬戸内の多島美が魅せる絶景の旅
一度は降りてみたい絶景の無人駅「下灘駅」で 美しさとおもてなしに触れるデトックス旅
自然と人の営みが育んだ愛媛県宇和島地区のシンボル 「遊子水荷浦の段畑」で味わう豊かな旅
3000年の歴史のある湯の街・道後温泉とお城めぐり
【高知県】家族連れにも楽しい「のいち動物公園」を楽しもう【18歳未満・高校生以下は入園料無料】