小豆島に来たら絶対行きたい! 2大スポット「オリーブ公園」「エンジェルロード」

船に乗って小豆島へ。
それだけで素敵な旅になる予感です。

今回は、香川県の離島「小豆島」をピックアップ。
オリーブの樹と海が織りなす景色と、ノスタルジックな町並みが美しい島で、絶対に行きたいフォトジェニックスポット「オリーブ公園」と「エンジェルロード」を巡ります。

101577:

撮影/高橋陽子

こんにちは。愛媛在住のフォトライター高橋陽子です。
今回は、瀬戸内海に浮かぶ離島「小豆島」へ。
地元を愛してやまない私だからこそお伝えできる四国の魅力を、たっぷりの写真とともにお届けします。

小豆島へのアクセス方法

101552:小豆島へのアクセス方法

撮影/高橋陽子

小豆島へは、高松港からフェリーで約1時間。高速艇なら約35分で到着します。
今回私は、高速艇で小豆島入り。海をさっそうと駆け抜ける船に心踊らせ、あっという間に土庄港に到着しました。
ちなみに、高松から小豆島へは、土庄港のほかに草壁港、池田港、高松東港から坂出港行きのフェリーがあります。本州方面からの場合は、岡山、姫路などからアクセス可能。旅の出発地や目的地に合わせてプランニングしてくださいね。

101554:

撮影/高橋陽子

土庄港。目の前には土庄港観光センターがあり、小豆島のお土産がそろいます。

島内の移動は「小豆島オリーブバス」が便利

島内の移動に使ったのは「小豆島オリーブバス」。今回の目的地「オリーブ公園」「エンジェルロード」へもアクセス抜群です。
私は「オリーブ公園」から向かうことにしました。
というのも、「エンジェルロード」は、1日2回、干潮時にだけ海の中から現れる砂の道。この日の干潮時刻は5時19分と16時50分。16時50分の干潮時刻にエンジェルロードを見られるように、先に「オリーブ公園」へと向かうプランニングです。
潮見表は土庄町のホームページなどで見られますので、事前にチェックして、旅のルートを決めてくださいね。

101553:

撮影/高橋陽子

土庄港の最寄りバス停は「平和の群像前」。ここから、池田港・草壁港・坂出港方面行きのバスに乗って、「オリーブ公園」を目指します。






小高い丘に広がる「オリーブ公園」で地中海ムード漂うオリーブ畑を満喫

バスに揺られること約30分。最寄り停留所「オリーブ公園口」に到着です。
101555:

撮影/高橋陽子

海を見下ろす小高い丘に広がるオリーブ公園。停留所からは、歩いて7分ほど坂道を上ります。
明治41年、アメリカから輸入された苗木からスタートした小豆島のオリーブ栽培。オリーブ公園は、日本でのオリーブ栽培発祥の地とされ、小豆島を象徴する広大な公園です。園内には、約2000本のオリーブの樹が並びます。
101556:

撮影/高橋陽子

オリーブに囲まれた情緒あふれる小道を散策。樹々の間から美しい瀬戸内海と青空が覗きます。
次のページでは『真っ白なギリシャ風車がシンボル』を掲載!
次のページを読む >>