人生で最も印象的だった「中山虫送り」。小豆島・中山千枚田の年中行事は一見の価値あり

日本には、その土地土地に、古来より伝わる年中行事があります。
私は仕事柄、地元の年中行事をたくさん見てきましたし、その地にしかなかったり、由来や目的は同じでも表情を全く変えたりする年中行事に惹かれ、さまざまな地のそれを見てきました。
そんな私が人生で最も印象的だったと思う年中行事が、小豆島中山地区の「虫送り」です。

今回は、この行事の魅力を徹底リポートします。

撮影/筆者

こんにちは。愛媛在住のフォトライター高橋陽子です。
今回は、四国から船で渡り、瀬戸内海に浮かぶ離島「小豆島」へ。
ずっとずっと「中山の虫送り」をこの目で見たかった私に、ついにその日は訪れました。
見終えた今、思います。人生で最も印象的な年中行事だったと。
その様子を、たくさんの写真とともに余すことなくお届けします。

舞台は日本の棚田百選にも選ばれた「中山の千枚田」

小豆島の真ん中、中山地区。山股に沿う8.8ヘクタールの丘陵地に、700枚を超える大小の棚田が広がり、「中山千枚田」と呼ばれています。
中山千枚田は、南北朝時代から江戸時代中期にかけて造られたと言われ、先人たちが急な斜面にコツコツと石積みを施し出来上げたもの。耕作者の高齢化や後継者不足が進む中、今なお守り続けられています。

撮影/筆者

標高250メートルから150メートルにかけて、湯舟山から見事な曲線美を描き、香川県内で唯一「日本の棚田百選」 に選定。棚田の1つ1つに大きく小さく空が映り、初秋には黄金色に輝く稲穂が頭を垂れます。

この地で、約300年前から伝わる年中行事。それが「中山虫送り」です。

棚田を灯火が下る「中山虫送り」

中山虫送りが行われるのは、夏生(夏至から 11日目)の日。害虫を退治してその年の豊作を願うため、竹の松明に火を灯した「火手(ほて)」を田にかざしながら、「とーもせ、灯せ」の掛け声とともにあぜ道を練り歩きます。

撮影/筆者

地元住民はもちろん、県外からも大勢の見物客が訪れる、小豆島を代表する行事の1つとなっています。そのため近年では、半夏生の日ではなく、7月の第1土曜日開催を基本としているようです。

日本アカデミー賞10冠 映画「八日目の蟬」に登場

この中山虫送りを一躍有名にしたのが、日本アカデミー賞10冠の2011年公開映画「八日目の蟬」です。映画の中でも印象的なシーン「虫送り」が撮影されたロケ地として、脚光を浴びました。

撮影/筆者

中山虫送りは、実は一時途絶えていたのですが、この映画「八日目の蟬」をきっかけに復活。以来、地元の人々によって保存育成されています。

全国的にも知られるようになった今では、観光客も参加できる行事となり、県外から駆けつける人も。その幻想的な光景は、大勢の見物客を魅了しています。

高橋陽子

Writer:

愛媛生まれ愛媛育ち。  地元自治体の広報担当やウェディングプロデューサー業を経て、フリーランスに。  まちの人々の暮らしや誰かの人生ストーリーを見て、聞いて、撮って。自分の人生と掛け合わせながら再編集することが好き。 ときにフォトライター、ときにエディター、ときにプロデューサー…。 わらじを何足履けるか、リモートでどこまで繋がれるか冒険しながら、大好きな愛媛暮らしを満喫中。 https://www.facebook.com/yokotakahashi0823?ref=bookmarks

この記事のカテゴリ

四国
国内
絶景
香川県

関連記事を見る

四国の記事を見る

【臥竜山荘の歴史】崖からせり出した不老庵と、苔むした緑豊かな庭園が見どころ
【大洲城観光の前に知りたい】肱川の名前の由来は悲しい話?「大洲城」の歴史
小豆島に来たら絶対行きたい! 2大スポット「オリーブ公園」「エンジェルロード」
山奥に咲く芝桜が絶景! 隠れた名所「高開の石積み」へ
「来島海峡大橋」を渡って 橋と瀬戸内の多島美が魅せる絶景の旅
一度は降りてみたい絶景の無人駅「下灘駅」で 美しさとおもてなしに触れるデトックス旅
自然と人の営みが育んだ愛媛県宇和島地区のシンボル 「遊子水荷浦の段畑」で味わう豊かな旅
3000年の歴史のある湯の街・道後温泉とお城めぐり
【高知県】家族連れにも楽しい「のいち動物公園」を楽しもう【18歳未満・高校生以下は入園料無料】
【高知県】世界に2つしかない、モネの庭。北川村の「モネの庭」で、芸術鑑賞と庭園探索を楽しもう!
徳島県に観光に行ったら見たい・食べたい10のこと【阿波踊りだけとは言わせない】
【高知県】室戸の海と絶景をたっぷり堪能!「室戸スカイライン展望台津呂山」と「室戸岬灯台」