美しい花火の思い出と共に!香川「さぬき高松まつり花火大会 どんどん高松」周辺の厳選スポット6選

瀬戸内海に面している香川県・高松は、四国の玄関口として多くの観光客が訪れます。自然を生かした楽しいスポットもさまざま。今回は「さぬき高松まつり花火大会 どんどん高松」とともに楽しみたい、高松の魅力的なスポットを6選紹介します。

瀬戸内の夜空を染める・さぬき高松まつり花火大会 どんどん高松

毎年8月に3日間開催される「さぬき高松まつり」の2日目のメインイベントが、この「さぬき高松まつり花火大会 どんどん高松」です。
四国の中でも人気の高い花火大会で、打ち上げ数は約8000発、人出は約27万人。
県内外から多くの見物客が訪れます。
大玉やスターマインなど色とりどりの迫力ある花火が、瀬戸内海を美しく染め上げる様子は圧巻の一言。
打ち上げ会場周辺には200もの夜店も立ち並ぶので、お祭り気分も上がりそうですね。

さぬき高松まつり花火大会の住所・アクセスや営業時間など

名称 さぬき高松まつり花火大会
住所 香川県高松市サンポート
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://www.city.takamatsu.kagawa.jp/17760.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

さぬき高松まつり花火大会のスポットページ

寂びを表現した名園・栗林公園

高松の中でもまず外せないスポットのひとつがこの栗林公園で、高松の歴代藩主が1600年代初めから100年余りの歳月をかけて造り上げた名園です。
国の特別名勝に指定されているほか、「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」では三つ星を獲得しています。
栗林公園の魅力は何と言っても「寂び」の世界が感じられること。
飛来峰や掬月亭、偃月橋など素晴らしい建物が数々残されています。
季節によって変わってゆく自然の風景も風流なので、一年中楽しめそう。







栗林公園の住所・アクセスや営業時間など

名称 栗林公園
住所 香川県高松市栗林町1丁目20-16
営業時間・開場時間 1月 7:00-17:00 2月 7:00-17:30 3月 6:30-18:00 4月 5:30-18:30 5月 5:30-18:30 6月 5:30-19:00 7月 5:30-19:00 8月 5:30-19:00 9月 5:30-18:30 10月 6:00-17:30 11月 6:30-17:00 12月 7:00-17:00
利用料金や入場料 大人 410円 小人 170円
参考サイト http://ritsuringarden.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

栗林公園のスポットページ

歴史好きにはたまらない・屋島

高松のランドマークと言えるのが屋島でしょう。
島全体が屋根のような形をしていることから、「屋島」と呼ばれるようになったのだとか。
源平合戦の戦場や鑑真が創建した「屋島寺」など、歴史深い史跡も数多く点在しているため、全域が国の史跡に指定されています。
屋島ドライブウェイの近くには展望台もあり、初日の出スポットや夜景スポットとしても人気。
瀬戸内の素晴らしい風景が望めます。

屋島の住所・アクセスや営業時間など

名称 屋島
住所 香川県高松市
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.yashima-navi.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

屋島のスポットページ

高松城の繁栄が残る・玉藻公園

1587年築城の高松城は、江戸時代には高松松平家の居城として使われていました。
そんな高松城跡に造られたのが玉藻公園です。
「水城通り」と「瀬戸大橋通り」、「フェリー通り」と「中央通り」という4つの通りに囲まれた場所で、国の史跡に指定されています。
公園内にはさまざまな建物が残されており、「披雲閣」は高松松平家の政務と住居だったもの。
屋根の付いた「鞘橋」は二の丸から本丸に渡る唯一の橋。
三重櫓が現存する城はとても少ないですが、ここには2つも残るなどかつての繁栄の跡を感じさせます。
次のページでは『スタイリッシュな佇まい・仏生山温泉』を掲載!
次のページを読む >>

Writer:

神戸生まれ神戸育ちの駆け出しデザイナーです。一眼レフを持って街歩きするのが趣味で、美味しいグルメの食べ歩きや日帰りプチ旅行などをしながら、関西のあちこちを散策しています。そんな経験を活かして、住み慣れた大好きな街・神戸の情報を中心に、有名スポットから地元民ならではの穴場スポットまで、関西一円の新しい魅力をご紹介できればと思います!

この記事のカテゴリ

四国
国内
建築
絶景
香川県

関連記事を見る

四国の記事を見る

四国の雄・長宗我部氏の転落劇の主人公・長宗我部盛親の数奇な人生!
姫若子?鬼若子?四国の偉人「長宗我部元親」の半生を辿る
【臥竜山荘の歴史】崖からせり出した不老庵と、苔むした緑豊かな庭園が見どころ
【大洲城観光の前に知りたい】肱川の名前の由来は悲しい話?「大洲城」の歴史
人生で最も印象的だった「中山虫送り」。小豆島・中山千枚田の年中行事は一見の価値あり
小豆島に来たら絶対行きたい! 2大スポット「オリーブ公園」「エンジェルロード」
山奥に咲く芝桜が絶景! 隠れた名所「高開の石積み」へ
「来島海峡大橋」を渡って 橋と瀬戸内の多島美が魅せる絶景の旅
一度は降りてみたい絶景の無人駅「下灘駅」で 美しさとおもてなしに触れるデトックス旅
自然と人の営みが育んだ愛媛県宇和島地区のシンボル 「遊子水荷浦の段畑」で味わう豊かな旅
3000年の歴史のある湯の街・道後温泉とお城めぐり
【高知県】家族連れにも楽しい「のいち動物公園」を楽しもう【18歳未満・高校生以下は入園料無料】