【高知県】家族連れにも楽しい「のいち動物公園」を楽しもう【18歳未満・高校生以下は入園料無料】

動物園の楽しさと公園の心地よさ、両方感じたいなら「動物公園」に行きませんか?今回訪れたのは、高知県香南市野市にある「のいち動物公園」。「人も動物もいきいきと」をテーマに掲げている施設です。18歳未満・高校生以下は入園料無料の仕組みも高ポイント。動物と自然を同時に満喫できるスポット、のいち動物公園の魅力をレポートします。

動物との距離が近い!のいち動物公園

100177:動物との距離が近い!のいち動物公園

撮影/hitoyo

高知在住歴のある、旅ライターhitoyoです。
爬虫類は苦手ですが、それ以外の動物をのんびり眺めるのが大好き。
写真に写っているのは、動かない鳥とも言われている「ハシビロコウ」。
ハシビロコウと見つめ合う…貴重な経験!(笑)こちらはガラス越しですが、直接眺めることができる場所もありますよ。

のいち動物公園へのアクセス方法は?

100677:のいち動物公園へのアクセス方法は?

撮影/hitoyo

のいち動物公園へは、高知龍馬空港から車で約10分。
高知自動車道南国ICから車で約20分。
300台分の無料駐車場があります。
100678:

撮影/hitoyo

公共交通機関の最寄り駅は、土佐くろしお鉄道(ごめん・なはり線)のいち駅。
徒歩約20分。
のいち駅にあるレンタサイクルを利用するのもおすすめです。
のいち駅には割引入場券も置かれているため、ぜひ貰っておきましょう!

入場券を買って、早速園内へ!

100679:入場券を買って、早速園内へ!

撮影/hitoyo

入園料は大人460円。
18歳未満・高校生以下は無料のため、家族で訪れるのも良いですね。
開園時間は、9時半から17時。
16時まで入園可能です。
休園日は、毎週月曜(祝日の場合はその翌日)と年末年始。
100680:

撮影/hitoyo

入り口ゲートすぐの場所に、自由に使える傘を発見。
これなら急な雨や強い日差しも安心です。
その他、コインロッカー(有料)や、ベビーカー(有料)・車椅子(無料)のレンタルもありました。
100681:

撮影/hitoyo

2011年には開園20周年を迎えた「のいち動物公園」。
高知県出身のやなせたかしさんがデザインしたキャラクターが描かれていました。
高知県各地、色々な場所でやなせたかしさんのキャラクターと出会うことができます。







100682:

撮影/hitoyo

「自然の中の動物園」。
この言葉が大好きです!飼育されている動物との出会いも良いですが、昆虫や小動物との思いがけない出会いも楽しみのひとつ。

看板がツボ!動物たちに会いに行こう

100683:看板がツボ!動物たちに会いに行こう

撮影/hitoyo

それでは早速園内を歩きましょう。
この日は、雨のち晴れのお天気。
でも、雨上がりの植物は水をたくさん浴びて気持ち良さそう。
100684:

撮影/hitoyo

つぶらな瞳が可愛らしい、コツメカワウソ。
温厚な性格かと思いきや…
100685:

撮影/hitoyo

インパクト大の注意書き看板を発見。
口から見えているのは魚でしょうか。
手を伸ばしたくなる可愛さでも、遠くから愛でるだけにしておきましょう!
次のページを読む >>

Writer:

三重寄りの滋賀県出身・在住。数年前高知県に住みたい!と農協に就職。初めてカメラを手にし、広報を経験。海や山、川の美しさ、個性豊かな人々に衝撃を受けました。地元滋賀にUターンした後は、フリーライターとして独立。現在の主な仕事は、インタビュー&ライティング。ここでは一度離れたからこそ見えるもの、よそものだから見えるものを中心に私の大好きな場所をご紹介します。

この記事のカテゴリ

四国
国内
高知県

関連記事を見る

四国の記事を見る

四国の雄・長宗我部氏の転落劇の主人公・長宗我部盛親の数奇な人生!
姫若子?鬼若子?四国の偉人「長宗我部元親」の半生を辿る
【臥竜山荘の歴史】崖からせり出した不老庵と、苔むした緑豊かな庭園が見どころ
【大洲城観光の前に知りたい】肱川の名前の由来は悲しい話?「大洲城」の歴史
人生で最も印象的だった「中山虫送り」。小豆島・中山千枚田の年中行事は一見の価値あり
小豆島に来たら絶対行きたい! 2大スポット「オリーブ公園」「エンジェルロード」
山奥に咲く芝桜が絶景! 隠れた名所「高開の石積み」へ
「来島海峡大橋」を渡って 橋と瀬戸内の多島美が魅せる絶景の旅
一度は降りてみたい絶景の無人駅「下灘駅」で 美しさとおもてなしに触れるデトックス旅
自然と人の営みが育んだ愛媛県宇和島地区のシンボル 「遊子水荷浦の段畑」で味わう豊かな旅
3000年の歴史のある湯の街・道後温泉とお城めぐり
【高知県】世界に2つしかない、モネの庭。北川村の「モネの庭」で、芸術鑑賞と庭園探索を楽しもう!