世界が認めた大地の遺産!室戸ジオパークを体験しよう!

室戸ジオパークは、四国東南部、高知県室戸市全域を対象としたユネスコ世界ジオパークです。ジオパークとは、「大地(ジオ)」と「公園(パーク)」を組み合わせた言葉で、大地の遺産を保全し、教育や観光などに活かす活動を行い、地域振興につなげるためのプログラムです。以前は、前身の国際組織である世界ジオパークネットワークが認定を行なっていましたが、現在はユネスコの正式事業となっています。日本では8地域が認定されており、室戸ジオパークは2011年9月に認定されました。室戸地域には各所様々、魅力的な現地サイトがありますが、中でもオススメは、プレートの運動による岩盤の隆起がよく分かる室戸岬突端部。地表に隆起した地層や亜熱帯植物などを間近に見ることができます。今回は、室戸ジオパークの魅力に迫ります。

高知龍馬空港から室戸へ!

94132:高知龍馬空港から室戸へ!

高知龍馬空港ロビーには、名称の由来となった坂本龍馬さんの像があります。(撮影/田舎ライター)

どうも!高知生まれ高知育ちの田舎ライターです。
今回は地元高知の室戸ジオパークを取材します。

出発点は高知龍馬空港。
空港から室戸ジオパークの拠点となる室戸世界ジオパークセンターまでは、車で55号線を通って約1時間半ほど。
土佐くろしお鉄道や路線バスなど公共交通機関での移動も可能ですが、空港からはレンタカー利用が便利です。

途中、自動車専用道路がありますが、時間はそれほど変わらないので、景色を楽しめる55号線が良いですよ。

あいにくの雨ですが、まずは観光拠点となる室戸世界ジオパークセンターへ向かいます!

94229:

室戸市に入ります。ジオパークの案内がありますね。(撮影/田舎ライター)

高知龍馬空港の住所・アクセスや営業時間など

名称 高知龍馬空港
住所 高知県南国市久枝乙58
営業時間・開場時間 7:30−20:40
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.kochiap.co.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

高知龍馬空港のスポットページ

室戸世界ジオパークセンターは室戸観光の拠点です

94164:室戸世界ジオパークセンターは室戸観光の拠点です

室戸ジオパークセンターは入場無料です。(撮影/田舎ライター)

ジオパークセンターに到着!

このセンターは、ジオパークに関連した室戸の自然、歴史、産業などに関する展示施設で、市内のグルメスポットなど観光情報も入手できる情報拠点です。
今年3月に始まった「幕末維新博」の地域会場にもなっています。

ジオパークの現地サイトはたくさんあるので、ここでどこに行きたいか情報交換してから向かうのが効率的ですよ。

94230:

ジオパークセンターは「幕末維新博」の地域会場にもなっています。(撮影/田舎ライター)








室戸世界ジオパークセンターの住所・アクセスや営業時間など

名称 室戸世界ジオパークセンター
住所 高知県室戸市室戸岬町1810−2
営業時間・開場時間 9:00−17:00
利用料金や入場料 ガイドツアー900円〜
参考サイト http://www.muroto-geo.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

室戸世界ジオパークセンターのスポットページ

サイト巡りはガイドさんを頼みましょう

94168:サイト巡りはガイドさんを頼みましょう

展望台の麓に鎮座する中岡慎太郎像。室戸には縁はなかったはずですが、なぜかここに立っています。(撮影/田舎ライター)

ジオパークではガイドさんを頼めば、より充実したサイト巡りができます。
料金は900円。
事前予約が必要なので、HPなどから申し込んでくださいね。

今回ガイドしてくれたのは山本さん。
実質的なガイドさんは10名ほどで、それぞれが自己流のガイドプランをお持ちだそうです。

では、室戸岬突端部分、「深海ゾーン」に向かいましょう。
センターから岬近くの観光案内所までは6kmほどです。

大地の誕生を間近で見られる世界でも稀な場所です

94165:大地の誕生を間近で見られる世界でも稀な場所です

展望台から見た室戸岬突端部。海に向かって岩が連なっているように見えませんか?(撮影/田舎ライター)

まずは、案内所から徒歩5分ほどの展望台に向かいます。

展望台からは、岬の突端、深海ゾーンを一望できます。
なぜ「深海」なのかというと、約1600万年前に深海に降り積もった砂や泥の堆積層「タービダイト」が、プレート運動に伴い隆起。
「付加体」として地表に現れ、その様子を間近で見られる世界的にも稀なゾーンだからです。

確かに、ボコボコと突き出した岩が海に向かって連なっているのが分かります。

94231:

展望台へと続く遊歩道。(撮影/田舎ライター)

次のページでは『特異な岩の形に思わず足が止まります。』を掲載!
次のページを読む >>