日本三奇橋!?祖谷川に架かるかずら橋を体験しよう!(後編)

「祖谷のかずら橋」は、祖谷川に架かるシラクチカズラ(サルナシ)で組まれた吊り橋。世界的にも珍しい徒歩吊り橋で、国の重要有形民俗文化財に指定されており、「日本三奇橋」の一つとも言われています。実際に渡ると、橋が揺れ、怖い思いをします。なぜこんな橋を造ったのでしょうか。平家の落人が隠れ住んでいたなど諸説ありますが、山奥に暮らす住民の生活路だったそうですよ。現在は、近くに大型商業施設が建設されるなど、一大観光スポットにすっかり様変わりしています。今回は徳島祖谷シリーズの後編です。(前編はこちら






ホテル祖谷温泉からかずら橋へ向かいます!

94084:ホテル祖谷温泉からかずら橋へ向かいます!

お世話になったホテル祖谷温泉を出発!(撮影/田舎ライター)

どうも!高知生まれ高知育ちのバイク野郎、田舎ライターです。
前編で紹介したホテル祖谷温泉が今回の出発点ですよ。

かずら橋は、ホテル祖谷温泉から約15分ほど。
最寄駅のJR大歩危駅からは、45号線などの山道を抜け、車で20分ほどで着きます。

自家用車、レンタカーの場合は、駐車場がある大型商業施設「かずら橋夢舞台」に向かいましょう。
大歩危駅からバスもありますが、少々不便です。

では、行きましょう!

                  

近くの橋から奇橋ぶりを鑑賞しましょう

94085:近くの橋から奇橋ぶりを鑑賞しましょう

かずら大橋から見たかずら橋。良い風情ですよね。(撮影/田舎ライター)

夢舞台に車を停めたら、早速、夢舞台の中を通り、かずら橋へ向かいましょう。
道なりに進んでいくと、近代的な作りの祖谷渓大橋が出現。
この大橋から、ゆるく弧を描いたかずら橋が眺めることができます。

まずはここでかずら橋をじっくり眺めましょう。
橋の立地や構造、人が渡ると揺れる様子などいろいろと楽しめますよ。

かずらで組まれた橋なので当然ですが、風景に完全に溶け込んで見えます。
安全上の理由からワイヤーで強度を確保しているそうですが、うまくかずらで隠していて、遠目にはわかりませんね。
以前は高知のかずらを使っていたそうですが、最近は東北から入手しているそうです。

渡橋の料金は大人が550円。
この料金所では訪問客数をカウントしていて、年間約35万人が渡っているとのこと。
収益は、3年毎のかずらの架け替えなどの費用に充てられています。

祖谷のかずら橋の住所・アクセスや営業時間など

名称 祖谷のかずら橋
住所 徳島県三好市西祖谷山村善徳162−2
営業時間・開場時間 日の出から日没まで
利用料金や入場料 大人550円 小人350円
参考サイト https://www.awanavi.jp/feature/kazurabashi.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

祖谷のかずら橋のスポットページ

渡橋はちょっとしたアドベンチャー?

94086:渡橋はちょっとしたアドベンチャー?

川面がよく見えます。景色とスリルを同時に楽しめるのが大きな魅力です。(撮影/田舎ライター)

いよいよかずら橋を渡ります!

橋床は、幅5〜10cmほどに割られた木で組まれています。
木と木の隙間はだいたい20cm程度で、眼下約14mにある川面がよく見えます。
いかにも秘境に架かる橋という感じですが、足を踏み外すと非常に怖い思いをするので、注意してください。

橋の長さは45mなので、必然的に数分間の緊張を強いられます。
ワイヤーで補強しているとはいえ、実際に渡ると、見た目以上に揺れると思ってください。
なので、しっかり手すりに捕まって渡るのが基本です。
橋の幅は2mあるので、どちらか片方に捕まる事になります。

あなた流の橋の渡り方を試してみませんか?

94087:あなた流の橋の渡り方を試してみませんか?

歩くたびに揺れるので、手すりから容易に手を離せません。(撮影/田舎ライター)

私の場合、橋の床木4〜5本を目安に大股気味に渡りました。
1本毎に足を踏み出すと、足元にばかり気を取られ、景色などを楽しむ余裕を奪われるからです。

渡りきった後、他の人が渡っているのをしばらく観察しました。
ずっと引きつった表情で下を向いたままの人、数人で笑いながら橋を揺すっている人、という分類に分かれることがわかりました。

印象的だったのが、中国系の団体観光客の方々。
5〜6人が橋中央に集合して、なにやら大声でやりとりしながら、祖谷渓大橋を向いて写真をとってもらっていました。
一口に橋を渡ると言っても、色々な渡り方、楽しみ方があるようです。

あなたなら、どのような渡り方で楽しみますか?








風情ある売店も要チェックですよ

94088:風情ある売店も要チェックですよ

あめごは1串500円。美味しそうでしたよ。(撮影/田舎ライター)

橋の行き帰りの道沿いには、あゆの塩焼きなどの売店があります。
橋を眺めながら、川魚を味わうのもオツですね。

夢舞台では地元グルメを味わえます

94089:夢舞台では地元グルメを味わえます

そば米雑炊はお土産品としても売っていますよ(撮影/田舎ライター)

夢舞台に戻ったら、地元グルメを味わいましょう、といきたかったのですが、あいにく食堂は閉店(営業時間午前10時〜午後3時)。
夢舞台の西下正人さんに聞くと、あんかけそば、そば米雑炊などが人気メニューだそうです。

かずら橋亭の住所・アクセスや営業時間など

名称 かずら橋亭
住所 徳島県三好市西祖谷山村今久保345−1 かずら橋夢舞台
営業時間・開場時間 10:00−15:00
利用料金や入場料 そば米雑炊 800円
参考サイト https://tabelog.com/tokushima/A3604/A360401/36006430/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

かずら橋亭のスポットページ

祖谷そばは要チェックの土産品ですよ

94090:祖谷そばは要チェックの土産品ですよ

お土産品とし大人気の祖谷そば。いくつか種類があるので、アラカル買いもオススメ?(撮影/田舎ライター)

夢舞台では、三好市、徳島県などの様々なお土産品を販売しています。
西下さんイチオシが「祖谷そば」。
祖谷そばは、地元のお店で食べるのが一番美味しいそうですが、その感動を共有するお土産品として、人気があるそうです。
次のページでは『祖谷周辺はインバウンも盛り上がっています』を掲載!
次のページを読む >>

Writer:

高知県在住のフリーランスのライター・記者です。 大阪や東京などで記者をやっていましたが、里心止み難く、高知に戻り、物書きをやっています。 記事をお読みの皆さんにとって、「お役に立てる情報提供」を心がけています。

この記事のカテゴリ

四国
国内
徳島県

関連記事を見る

四国の記事を見る

四国の雄・長宗我部氏の転落劇の主人公・長宗我部盛親の数奇な人生!
姫若子?鬼若子?四国の偉人「長宗我部元親」の半生を辿る
【臥竜山荘の歴史】崖からせり出した不老庵と、苔むした緑豊かな庭園が見どころ
【大洲城観光の前に知りたい】肱川の名前の由来は悲しい話?「大洲城」の歴史
人生で最も印象的だった「中山虫送り」。小豆島・中山千枚田の年中行事は一見の価値あり
小豆島に来たら絶対行きたい! 2大スポット「オリーブ公園」「エンジェルロード」
山奥に咲く芝桜が絶景! 隠れた名所「高開の石積み」へ
「来島海峡大橋」を渡って 橋と瀬戸内の多島美が魅せる絶景の旅
一度は降りてみたい絶景の無人駅「下灘駅」で 美しさとおもてなしに触れるデトックス旅
自然と人の営みが育んだ愛媛県宇和島地区のシンボル 「遊子水荷浦の段畑」で味わう豊かな旅
3000年の歴史のある湯の街・道後温泉とお城めぐり
【高知県】家族連れにも楽しい「のいち動物公園」を楽しもう【18歳未満・高校生以下は入園料無料】