あだ名は「鮭様」!謀略家・最上義光の実像は涙もろくてすごくいいヒト

最上義光(もがみよしあき)は、出羽国(山形県)の戦国大名です。ぴんと来ない方は、伊達政宗の伯父さん、とイメージして下さい。伯父と甥とは言っても、しょっちゅう小競り合いをしていましたが…。そんな義光、政宗の影に隠れてちょっと地味な存在ではありますが、東北において政宗に拮抗する実力の持ち主でした。しかしそこに至るまではたくさんの苦労や悲劇があったんです。「鮭様」という興味深いあだ名を持つ彼の実像、知れば知るほど面白くなりますよ。


大きく生まれ、大きく育つ

大きく生まれ、大きく育つ

image by PIXTA / 2768814

江戸時代に初代出羽山形藩主となり57万石もの領地を築きあげた最上義光は、天文15(1546)年の元旦に、最上義守(よしもり)の長男として生まれました。

永禄3(1560)年に元服し、室町幕府将軍・足利義輝(あしかがよしてる)の一字をもらって「義光」と名乗るようになります。

体格に恵まれた彼は、5歳の時に12歳くらいの体つきをしていたそうですよ。
力も強くて、大人7、8人でも動かせない大石をやすやすと転がしたんだそうです。
成長すると背丈は約180㎝、当時の男性の平均身長が157㎝くらいなので、とんでもない大男になったわけですね。

この頃の最上家は伊達家に従う立場でした。
しかし伊達家の内乱により、独立を目指すという変革の時期でもあったんです。

そんな中、妹の義姫(よしひめ)は伊達輝宗(てるむね)に嫁ぎ、3年後には政宗が誕生しています。

ここから、くっついたり離れたりを繰り返す、油断できない親戚関係が始まったのでした。

父との確執、伊達からの独立

父との確執、伊達からの独立

image by PIXTA / 25837175

元亀元(1570)年、義光は父と不仲になります。
いったんは和解し義光が家督を継ぎますが、4年後に再び険悪になってしまい、これに乗じた伊達輝宗が舅を助けるという口実のもと、最上領内に侵攻してきたのでした。
加えて、出羽の豪族たちもみな父方についてしまい、義光の周りは敵だらけになってしまいました。

しかし義光はこの危機を切り抜けます。
そして父と和解を果たし、伊達家とも和睦して完全に独立すると、ようやく出羽国平定に着手したのでした。

存在したのか怪しい弟

義光が父と険悪になったのは、父が弟の義時(よしとき)をひいきして後を継がせようとしたからだという説もあります。
しかし、そもそも義時の名は確たる史料には登場せず、現在、これは作り話だったのではと考えられています。
義時の存在自体が怪しいものなんだそうですよ。

調略を駆使して出羽統一へ

調略を駆使して出羽統一へ

image by PIXTA / 30134098

まだまだ義光に従わない勢力もたくさんいました。

この中の一人、白鳥長久(しらとりながひさ)などは、時の権力者・織田信長に贈り物をして「自分を出羽守にしてほしい」と申し出たくらいです。

安定しない国情ですから仕方ないのですが、室町幕府から羽州探題(うしゅうたんだい/東北地方を統括する)に任命されたこともある最上家のプライドが許しません。

義光はすぐさま信長の元へ使者を送り、系図を見せて贈り物をし、こちらが出羽守だと認めさせたのでした。

それでも不穏な動きの白鳥長久に対し、義光はいったん懐柔を試みますが、それも効果がないとわかると、危篤を偽って長久を城に呼び出し斬殺してしまいました。

ちなみに、この血しぶきを浴びた「血染めの桜」があると言われていますが、これは後世の作り話です。

しかし、こうしたことで義光のイメージが「残忍で知恵が回る危険な奴」となってしまったわけですね。

調略は決して悪いことじゃない

策謀を巡らせて相手を懐柔、または陥れる「調略」ですが、戦国時代にはよくあること。

それに、義光は降伏した相手の兵はすべて許してきたんです。
不要な血を流すことは避けたからこそ、長久のみを排除したのではないかとも思えます。

このように、敗者に寛大な面を見せた義光は、主としての器は大きかったと思います。
それを周りも知っていたからこそ、調略もしやすかったのではないでしょうか。

甥っ子や上杉とのしのぎ合い

甥っ子や上杉とのしのぎ合い

image by PIXTA / 19057333

さて、天正14(1586)年、義光の正室の実家・大崎家の小姓同士の争いから、大崎合戦が起きました。
義光は大崎家に味方しますが、甥の政宗は相手側に付き、代理戦争のようになります。

しかしここで登場したのが義光の妹にして政宗の母・義姫。

自身が乗った輿を両軍のど真ん中に居座らせると、停戦を要求したんです。

義光は可愛い妹のため、政宗は頭の上がらない母のため、停戦に応じることとなりました。

ちなみに、義光と義姫のまめな手紙のやりとりから、「義光」が「よしみつ」ではなく「よしあき」と判明したんですよ。

同年、天下人への階段をのぼる豊臣秀吉から改めて羽州探題に任命された義光ですが、今度は日本海側の庄内地方で何やらキナ臭くなってきます。

越後国(新潟県)の上杉景勝(うえすぎかげかつ)が侵攻してきて、庄内を奪われてしまったんです。

この時、義光は割と仲の良かった徳川家康に取り成しを頼みますが、上杉の軍師・直江兼続(なおえかねつぐ)が石田三成を通じて秀吉に了解を取り付けてしまい、庄内は上杉のものになってしまいました。
悔しいですね。

秀吉の配下となる

秀吉の配下となる

image by PIXTA / 15538555

秀吉は天下統一のため、小田原の北条氏を征伐することとなりますが、この際、彼は東北諸将にも参陣を要求します。
政宗が遅刻して秀吉にチクリと言われ、冷や汗をかいたという話がありますが、義光は父の葬儀がある旨を報告してから参上したので、お咎めはありませんでした。
「ホウレンソウ(報告・連絡・相談)」、この頃から大切ですね。

こうして秀吉の配下となった義光ですが、二男の家親(いえちか)は家康の小姓として仕えさせています。
三男の義親(よしちか)は秀吉の人質として送られており、義光は両者に取り入るようにしたんです。
外交戦略の一端ですね。

Writer:

世界と日本がどのように成り立ってきたのか、歴史についてはいつになっても興味が尽きません。切っても切り離せない旅と歴史の関係を、わかりやすくご紹介していけたらと思っています。

この記事のカテゴリ

国内
山形県
東北

関連記事を見る

国内の記事を見る

長崎市の観光スポット21選!実際に行って決めた編集部厳選スポットはここ
飛騨高山の観光スポット18選 ホテル支配人に聞いたおすすめスポットはここ!
草津観光ならここ!温泉だけじゃない草津満喫の観光スポット10選
飛騨高山のお土産ランキングTOP19 地元民に聞いた伝統グルメ&雑貨はこれ!
武勇と外交に長けた「鬼義重」こと佐竹義重、常陸統一から出羽転封までを語り尽くす
偉大すぎる父とできすぎた弟たちを持った毛利のプリンス・毛利隆元の苦悩
四国の雄・長宗我部氏の転落劇の主人公・長宗我部盛親の数奇な人生!
奈良時代から現存する「東大寺法華堂」ってどんなところ?
出奔されてもコイツが必要!と伊達政宗に思わせたデキる親戚・伊達成実ってどんな人?
負け戦に敢えて挑む男のプライド。秀吉に刃向った武将・九戸政実の生き様
秀吉vs勝家!決戦の地・賤ヶ岳古戦場の歴史を辿る旅
実は史跡や文化財の宝庫!日本を代表するホテル「椿山荘」の歴史とは